こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

ついにグローハイパーのリリースが公式サイトに載りましたね。

LINEやメルマガでリリースを見た方も多いかと思いますが、今日からグローストアで試し吸いもできるらしく、読者の「ダビドフ」さんから感想も教えて頂きました。

いいなー・・・でもこの時期東京に行くのはリスクが高いし・・・と諦めていたら、19時頃でしょうか。

クロネコのお兄さんがやってきました。

何かと思ったらグローハイパーのプレス用セット?!当ブログはこれまでグローについては結構キレ気味に書いていたので、まさかこんなものを送って頂けるとは。

だがしかし「オレはこんなんされても媚びたりしないぜベイビー!」くらいの気持ちですが、せっかく送って頂いたのでレビューはしっかりさせて頂きますよ。

ということで、さっそく辛口レビューしていきますので宜しくどうぞ。

グローハイパーとは

毎度の解説ですが、グローハイパー特徴は、なんと言っても専用タバコスリムからレギュラーに変わったってこと。

これによって、ガツンっとした吸いごたえが期待できるとされ、結構注目を集めている新型です。

また、グロープロと同じくIH加熱を搭載しており、ブーストモードも搭載したモンスター級スペック。

ただネット上ではプロより一回り大きいとかって言われており、この辺もプロと比較しながらレビューしていきますね。

グローハイパー / glo hyper
販売価格:3,980円
発売日:4月13日

【追記】グローハイパーのキャンペーン情報

滑り出し好調なグローハイパーですが、発売から1ヶ月ちょっとしか経ってませんが、もう値引きキャンペーンが始まりました(汗)

オンラインストアであれば、1980円+送料無料で手に入るので、気になっている方は今がチャンスかも!

このキャンペーン、6月21日までなので、気になっている方は今のうちにどうぞ。

グローハイパーのセット内容

グローハイパーのセット内容

まずグローハイパーですが、セット内容については大きな変更はなく、本体、ACアダプター、USBチャージャー、クリーニングブラシ、それに付け加えると説明書などってところでしょうか。

めちゃくちゃ豪華な箱(プレス用なので)に入ってきましたが、従来のグロープロと同じアクセサリーだと思います。

ちょっと雰囲気に圧倒されますが、製品版のパッケージサイズなども、このセット内容であれば従来のものと変わらないと思われます。

プレス用セットのパッケージ

プレス用セットのパッケージ

プレス用のセットは豪華の一言、タバコは引き出しをひくと出てくる仕掛けです。
お金掛かってますねー、最初わからなくて本体が入っているところを引っ剥がしそうになりましたよ(汗)

プレス用セットの内容

プレス用セット内容

グローハイパーの基本アクセサリーにパンフレットと説明書など、あとは専用タバコ「neo」が全種類。
あんだけデカイ箱も中身を出せばこんな感じ、しかし専用タバコはカラフルだなー。

パンフレット

パンフレット

新しく作られたであろうパンフレット、これもいい紙で作ってますよ、しかも格好いい。
説明書などは1束にまとめられており、保証書なども一緒になっていました。

グローハイパー本体

グローハイパー本体の表 グローハイパー本体の裏

実はですね、持った感じはそんなに大きいとは思えないんですよ。

実際にプロを出してきて一緒に写真も撮りましたが、サイズはほぼ一緒

デザインもグロープロにどことなく似ている感じで、型番は「G401でした。

サイズ比較その1:大きさ

サイズ比較その1:大きさ

グロープロと比較してますが、見ての通りほとんど変わりませんよね。
これならプロ用のケースも使えるかも?と思い入れようとしましたが、入りませんでした・・・やっぱりほんのちょっと大きいみたいです。

サイズ比較その2:挿入口

サイズ比較その2:挿入口

こうやって並べてみると挿入口の大きさもそんなに変わらないんですよ、でも・・・あれ?レギュラーサイズではない?
挿入口には爪もあるのでなんとも言えませんが、レギュラーってもう少し太かったような気がするんですが。

サイズ比較その3:フリップ

サイズ比較その3:フリップ

底のフリップを開くとまったく同じ構造に見えますね、てか同じです。
グローにはヤニだれ」のリスクがありますので、暫く使ってみたらそのあたりもご報告します。

グローハイパーの気になるスペック

グローハイパー グロープロ
加熱時間 通常 20秒
ブースト 16秒
通常 20秒
ブースト 10秒
使用時間 通常 4分
ブースト 3分
通常 4分
ブースト 3分
加熱温度 通常 250℃
ブースト 260℃
通常 250℃
ブースト 260℃
充電時間 約90分 約90分
連続使用回数 約20回 約20回
重量 約106g 約98g
サイズ H 82mm
W 45mm
D 22mm
H 82mm
W 43mm
D 21mm
カラー ホワイト
ブルー
オレンジ
ブラック
シャンパン
バーガンディー
ピスタチオ

見ての通り、プロと同じくブーストモードを搭載しており、スペック的には申し分ない感じです。

サイズはほんの数ミリ大きくなっちゃったみたいですね・・・オールレザーならなんとかなるかも知れませんが、精密に型取られているケースでは互換性がないのが残念。

加熱時間はプロよりは遅くなってますが、それでも全然速いので気になりませんよ。

グローハイパー専用たばこ「neo」

グローハイパー専用たばこ「neo」

グローハイパーは、従来のスリムサイズのスティックではなくレギュラーサイズ・・・ではありませんでした(汗)

面白い規格で、ちょうど吸わなくなった赤マルがあったのでサイズ比較した写真があるんですが、一回り細くてレギュラーサイズとスリムサイズの中間くらいでした。

しかも、フィルターに穴が開いてるし、長さもちょっと短いことが判明・・・わざわざ新しい規格のタバコ作ったんだ、スッゲー気合。

デザインが格好いい!

デザインが格好いい

フィルター付近のフレーバーカラーが凄く格好いいんですよ。
パッケージのデザインと一緒のものが印字されており、オシャレで高級感があります。

なんか短い(笑)

なんか短い

画像や動画で見る限りは、紙巻タバコみたいなサイズ感をイメージしていたのですが、これは驚きましたね。
並べると一目瞭然ですが、一般的な紙巻きたばこ(マルボロ)と比べるとかなり短い作りになっていました。

一回り細い

一回り細い

ちょっと気になったので比べて見たら案の定でした、明らかに細いですよね。
パッケージを見たときにレギュラーサイズかと思っていましたが、まったくの新規格のスティックでした。

お馴染みですが切ってみた

スティック切断

どんな構造になってるか気になるじゃないですか。

試しに切ってみたのですが、タバコ葉のカットの仕方は従来のネオスティックと同じで、モサモサした感じ。

実際にタバコ葉が詰まっているのは下半分くらいで、タバコ葉+空洞+綿のフィルター+穴あきのフィルターという作りになっていました。

フィルター部分

フィルター部分

実質的なフィルターは真ん中あたりにある綿みたいな部分です。
吸い終わったスティックも切断してみましたが、この部分だけが茶色くなっていました。

タバコ葉

タバコ葉

タバコ葉の加工は従来品と同じなので、スティックの構造は同じようです。
ただ、太くなった分、タバコ葉の量は増えているので、これが吸いごたえにどれだけ影響を与えるのかがポイントになりそうですね。
*30%増量されているそうです。

肝心の味!吸ってみた

吸ってみた

兎にも角にも、重要なのは味ですからね、全フレーバー吸ってみますので参考にしてください。

6種類ありますが、テラコッタフレスコフリーズの3つが定番という位置づけのようで、残り3つのシトラスベリースワールフルーツとなっています。

ちなみに私は普段はレギュラー派、最近はプルームテックプラスの優しいメンソールを愛用してます。

かなりキックが凄いという話なので、死なないように頑張ります。

ネオ・テラコッタ・スティックglo hyper用 / 500円

ネオ・テラコッタ・スティックglo hyper用 / 500円

濃厚で豊かな味わいとスパイスコーヒーの風味をブレンドした、上質でプレミアムなたばこ

ほうほう、コーヒー風味のレギュラータイプということでしょうか。

・・・

おー、キックはかなりある、吸いごたえは確かに凄いです。

加熱完了は早いんですが立ち上がりは遅いので、完了してから少し待って吸うと良いかも。

あと、おそらくフィルターに甘味料をつけてあるんじゃないかと思うんですが、唇が甘いんですよ。

でもスリムサイズのグローに比べると全然美味い!しかもね、グローの弱点だった後半まで、全力疾走してくれるので最後まで美味しく吸えましたよ。

ちょっと匂いが独特なのが気になりましたが、甘め×レギュラー×ガツンをお求めの方にはドンピシャだと思います。

ネオ・フレスコ・メンソール・スティックglo hyper用 / 500円

ネオ・フレスコ・メンソール・スティックglo hyper用 / 500円

ミントフレーバーが広がる上質でプレミアムなたばこ

ちょっと軽めのメンソールってことでしょうか。

いざ・・・

むほっ(汗)全然軽めじゃない・・・フツーにメンソールだコレ。

でもガッツリ吸ってる感じがするんですよ、最近プラス&VAPEに移行し始めている私にはかなりキツイ。

吸いごたえ半端ねぇヤツだ、しかも変なクセもないので吸いやすい。

定番メンソールでガツンとしたヤツが吸いたい人ならかなりイケると思います。

二本目にしてまさかのヤニクラ、ちょっと休憩挟みたいかも。

ネオ・フリーズ・メンソール・スティックglo hyper用 / 500円

ネオ・フリーズ・メンソール・スティックglo hyper用 / 500円

冷涼感がはじけるペパーミントをブレンドした上質なプレミアムなたばこ

コレ吸ったら休憩しようと思ってますが、既に怖い・・・コレ、カプセルメンソールなんですよ(汗)

死んじゃうかもしれない・・・

おー、ええやん、カプセルさえ潰さなければ控えめメンソールで私は好きですねー。

それではカプセルをプチっと。

うへぇっ、冷たい!喉の奥まで氷つきそうな冷たさ!

ニコチンの強さも相まって、相当に来ますよ。

メンソール感でいうと、フリーズカプセル割らない<フレスコ<フリーズカプセル割る、って感じでした。

ちょっと休憩したいので読者様のレビューをどうぞ

ダビドフさん、メッセージありがとうございますm(_ _)m

お仕事帰りに寄ってみたという「ダビドフ」さんのレビューも掲載しておきますので参考にどうぞ。

ダビドフさん
フレーバーはneoシリーズと殆ど同じ味です。
しかし、キックの強さは段違いで、普段proで吸っていても所謂ヤニクラするほど強烈です!
まとめると、これまで高評価の味はそのままに、より喫煙感を突き抜けさせた感じでした。
個人的体感としては、紙巻きよりもタバコの印象が強いです。
本体の質感はproシリーズと同一、気持ち太く厚くなってしまった分が持ちにくい印象は残りました。
アイコスと比較するのであれば、味や喫煙感は同等以上。
手入れのしやすさでglo hyperの圧勝といった印象です。
スペース

かなりの高評価ですが、最後にプロを持っているなら無理に買わなくても良いかも・・・とも書かれていました。

ですが、ダビドフさんも書いてますが、キックや満足感はかなり高いのでハイパー買って損なしだと思いますよ。

ネオ・フローセント・シトラス・スティックglo hyper用 / 500円

ネオ・フローセント・シトラス・スティックglo hyper用 / 500円

刺激的でフレッシュなシトラスフレーバーの上質でプレミアムなたばこ

フルーツ系はグローの得意分野ですからね、これは期待できそうです。

すぅー・・・

うまーい(笑)シトラスの酸味がふわっとくる優しいメンソールです。

ですがコレもカプセルがあるんですよ、シトラス強化ならいいんですが、またメンソUPだったら喉が死ぬかも。

プチっ、ふわ!コレめっちゃ美味いヤツ!

割った瞬間にふわっとレモンみたいな爽やかな酸味が広がって、すっげー美味い。

酸味のせいかニコチンのキツさもあまり感じないので、この夏ピッタリのフレーバーだと思います。

ネオ・ブリリアント・ベリー・スティックglo hyper用 / 500円

ネオ・ブリリアント・ベリー・スティックglo hyper用 / 500円

色鮮やかなフルーティーなブルーベリーフレーバーの上質でプレミアムなたばこ

これも絶対美味いヤツでしょ、もうブルーベリーで外すことってないですからね。

超期待して吸ってみます・・・

これもフィルターが甘いタイプですが、ベリーの甘酸っぱさと控えめなメンソール感が絶妙。

ちなみにブリリアント・ベリーもカプセルタイプでして、潰すとふわーっとベリーの香りと甘みが広がります。

ただ気のせいかな、ちょっとカプセルの味が消えるのが早い感じ。

うーん、期待値が高かっただけにちょっと残念かも、最後はカプセルの味や香りはほとんど消えちゃってましたね

吸いやすいことは吸いやすいんだけど・・・ね。

ネオ・トロピカル・スワール・スティックglo hyper用 / 500円

ネオ・トロピカル・スワール・スティックglo hyper用 / 500円

さっぱりした新鮮なトロピカルフレーバーの上質でプレミアムなたばこ

ついに最後となりました、やっぱりニコチンきついなー、結構クラクラしてます。

いざラスト・・・

ん?なんか良くわかない味、甘さがほとんどないからトロピカル感はゼロ。

カプセルを割ると少し甘みが出てきて、トロピカル?といえばトロピカルなのかな。

メンソール系なんだけど、ちょっとマンゴーみたいなコクがあります

良く言えば凄く複雑な味で、最後までこんな感じでしたね。

私は・・・シトラスのほうが好きかな-。

グローハイパーまとめ

グローハイパーまとめ

ようやく全部吸い終わったので、グローハイパーについての総評を書きたいと思います。

まず、辛口レビューを期待されていた方・・・申し訳ありません、完敗です。

デザインはグロープロにかなり似たデザインなので①高級感があり安っぽさを感じさせません

残念ながらサイズが微妙に違うのでプロのアクセサリーは使えないんですが、②デカくなった!という印象も特になかったですね

圧倒的に良くなったのは、③グロー特有の変なニオイがなくなったこと、テラコッタ以外全然気になりませんでした。

また、④キックが格段にパワーアップしており、グローは軽くてダメ・・・という人には是非試してもらいたい。

加熱温度については通常で250℃、ブースト中は260℃とのこと、10℃の差ですが満足度は高いですよ。

⑤味も以前のように薄くなるようなこともないですし、これはアイコスもウカウカしてられないかもしれません。

発売は4月13日と後少しですが、プロを超える出来なので、グローに物足りなさを感じている人にこそ使ってほしいデバイスです。

【追記】グローハイパーにKENTブランドがリリース予定!?

グローハイパーの専用タバコは、記載したneoブランドのみでしたが、neoに比べて安価なKENTブランドが投入される模様です。

詳しくは下記リンク記事を参照してみてください。

このまま行くと高温加熱式はグローがシェアを増やしそうな予感がします・・・。

あとがき

いやー、グローハイパーは想像以上にヤバいデバイスでした。

もともとハイスペックだったプロを、更に満足度を高めたような感じなので、アイコスにも十分勝負できると思います。

イマイチだったら辛口で書いてやれ!と思ってたんですけどね、グローハイパーいいですよ!