グローセンスの面白アクセサリー「glo sens スリーブ(ブラック)」を写真と動画でレビュー、ギャップ萌えで衝動買い。

グローセンスの面白アクセサリー「glo sens スリーブ(ブラック)」を写真と動画でレビュー、ギャップ萌えで衝動買い。 グロー
グロー

こんばんは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

なんと奇跡的にam3:00に起床出来たので書き始めました、こんな時間に起きちゃう自分が怖いです。

さて、とは言え今日は朝早いですし、ネタ的にもサクッと終わってします内容なので、ライトな感じでお届けしたいと思います。

今日はglo sens スリーブ(ブラック)」をご紹介します。

グローセンスは既に終売となっており、現在はデバイス・アクセサリーともに購入することは出来ません。

glo sens スリーブのレビュー

スリム&スマートにデバイスを収納できる、イタリアンレザーを使用したレザースリーブ

ちょっ・・・何?イタリアンレザー使ってるんですね。

その割にデザインはめちゃくちゃ地味で、もっとオシャレに出来たんじゃないかと思う微妙なアクセサリー。

それこそパッと見ただけなら絶対買わないヤツですが、私はグローストア青山でこいつを触ったことがあるんですよ。

そこでコイツの隠されたギミックを気に入ってしまい、つい先日買ったんですよ。

グローセンスを愛用されている方は参考にどうぞ。

glo sens スリーブの基本情報

グローセンス専スリーブの販売ページのスクリーンショット

もともと2,480円で販売されていた同製品、確かに素材がイタリアンレザーであればそのくらいの価格はするでしょう。

ところが全然売れなかったのか、つい先日より大幅に価格が見直され、今はなんと800円で買うことが出来ます(汗)

800円・・・さすがに原価割れはしてないと思いますが、ここまで安いと買わずにはいられません。

基本情報

製品:グローセンス専用スリーブ
素材:イタリアンレザー
サイズ:約126mm×65mm×23mm
価格:800円
カラー:ブラック、レッド、ブルー

スリーブのデザインなど

パッケージ

パッケージ表面がすりガラスみたいな加工がされているので、中は全然見えません。

箱から出してみた

スライドさせると本体が出てきます、取り出してみましたが公式サイトで見たとおりの飾りっ気のなさ。

本体のサイズ感

ちょっと写真の撮り方が悪かったんですが、センスと比べてだいぶデカイ(縦長)です。

ロゴ部分のアップ

底のあたりにはログが刻印されていますが、遠目にはほとんど見えねーっす。

挿入部分のアップ

センスを入れる口の部分・・・なんか見える。

スペース
がま口のアップ

まるでベロ(舌)のような感じ、口は”がま口”で手を離すとパチっと閉まります。

ベロを引っ張ってみた

ベロを引っ張ってみたのがこの写真、ちなみに実際はもっと長く引っ張れます。

面白ギミック解説動画

最初はこのベロみたいな部分は持ちやすいようになっているかと思っていたんですが、ストアのお姉さんの説明を聞いて違う用途であることが判明。

「コレつけるならスリーブのサイズを変えるだけでも良かったのでは?」と思ってしまったんですが、きっとBATさんも「コレ面白いじゃん!」と思ったに違いない!

ということで、両手を使うため息子協力のもと、15秒で終わる動画にしましたのでご覧ください。

しかしながら、こういうのは動画でないと伝わりにくいんですよね・・・文字だけの限界を地味に感じました(汗)

グローセンス専用スリーブまとめ

何ていうか、第一印象が限りなく低かっただけに、このギミックにときめいてしまったんだと思います、ギャップってやつですね。

実際に手元に届いて見ると、やっぱり見た目はイマイチであることを再確認出来ました(笑)

質感はイタリアンレザーを使っているだけにしっとりとしてますが、もうひと工夫したら良かったんですけどねー。

最終的にこのスリーブを使うかどうかわかりませんが、面白いと思ったのは確かなので記事にした次第です。

お値段的にも800円と格安ですから、センス使いの方で入れ物をお探しならご検討されてみてはいかがですか?

トラベルケースよりはいいと思いますよ!

あとがき

そろそろお客さんのところに行く準備をしないといけないので、この辺で。

今日は早く帰ってゆっくり寝たいなー。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
×