マジか?!グローハイパープラスが更に安くなってる(汗)ライバル達はたまったもんじゃないですな。

マジか?!グローハイパープラスが更に安くなってる(汗)ライバル達はたまったもんじゃないですな。 グロー
グロー

こんにちは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

以前グローを販売しているブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)さんは低価格帯での販売戦略が得意という話しを聞いたことがありますが、まさに真骨頂って感じですね。

コロナ禍で財布の紐も固くなりがちな今、BATさんの独壇場ですよ。

つい先日、新発売となったばかりの新型グロー・ハイパー・プラスがまたも値下げされましたので共有いたします

グロー・ハイパー・プラスって?

グローファンなら既にご存知かと思いますが、他メーカー製品を使っていてご存知無い方もいるかもしれませんので軽くご紹介しておきます。

まず、「グロー・ハイパー・プラス」はグロー・シリーズ最新モデルのことですね。

24色(ボディ4色×パネル6色)展開で、デバイスに選ぶ楽しさが加わった他、ブースト・モードが更に進化して最高温度が10°上昇。

ブースト・モード時は、前作のグロー・ハイパーと比べて更にガツンっとした吸いごたえを実現しています。

デザインも洗練されておりオシャレなんですよ、これが980円で発売されたことで、加熱式たばこ界は結構ザワつきました。

980円でも激安なのに、更に安くなった!!というのが今日の内容です。

980円が○○円に!

結論から書きますと、グロー・ハイパー・プラスは980円から480円価格改定されてました(汗)

480円って・・・たばこ1箱分より安いじゃないですか!

既に価格改定されており、公式サイトを覗いてみたらしれっと480円と書かれてます。

ちなみに、これまで数々のデバイスを見てきた経験から申し上げますが、480円は100%赤字でしょう。

実際に手にしてもらえばわかりますが、これ480円で売っていいものではありません。

更に専用たばこ1箱貰える!

あくまでも”希望すれば”ですが、なんと専用たばこ1箱をサンプルとしてオマケしてくれるそうです

やべーよ、約500円のたばこを1箱貰ったら、実質無料ってことじゃないですか(汗)

エグすぎる、ここまでやるんすね、BATさん。

この「サンプルたばこもあげちゃうキャンペーン」はオンラインストア限定なので、その点だけはご注意を。

注意事項にその旨記載されてますので、ストアに行って駄々こねたりするのだけは辞めてくださいね。

まずは試してみる!って選択肢はあり

グローは味がちょっと・・・という方もいると思いますが、ここまで安いと試さないほうが勿体なくないですか?

これはホント、お財布との相談になりますが、アイコスと比べると2年間で計算したとき結構な差が出ます

下記基本情報を元に試算してみました。

デバイス本体代たばこ代
アイコス
(IQOS3DUO)
6,980円550円
グロー
(glo hyper+)
480円500円

アイコス(IQOS3DUO)

初期費用:6,980円
1年後の買替費用:6,980円
たばこ代:550円×30日×12ヶ月×2年
合計:409,960円(@204,980円)

グロー(glo hyper+)

初期費用:480円
1年後の買替費用:480円
たばこ代:500円×30日×12ヶ月×2年
合計:360,960円(@180,480円)

試算結果について

・・・むしろ、年間で約400,000円もタバコにお金を使っていることに気付いてしまった(汗)

ちょっと脱線しちゃうので総額については触れませんが、アイコスとグローでは年間で25,000円くらいの差が出ました。

デバイスが安いだけでなく、専用たばこ安いってのがグローのコスパの良さなんですよねー

確かに味が苦手って方もいると思いますが、慣れると以外と吸えちゃうのが加熱式タバコ。

試して見る価値は十分にあるんじゃないでしょうか。

グローハイパーの価格改定まとめ

最新モデルが480円って・・・とんでもないですよね。

だからと言って、私はアイコスやプルームが高いとは思いません。

販管費なんかも含めたら今のような価格になるのは当然で、むしろグローが異常なんです。

ですので、以前は「なんでコロコロ安売りするんだ!このやろー!」って気持ちが強かったんですが、最近は違うんですよ。

これはある意味”先行投資”みたいなもので、日本でシェアを取るための戦略で、弊害やトラブルももちろんあると思いますが、それでも最近のBATさんの大胆さとスピード感は純粋に凄い、と思うようになりました。

まあグダグダ書きましたが、グロー・ハイパー・プラスは試す価値は十分にあると思いますので、是非どうぞってことです

「あとがき」に公式サイトへのリンクを貼っておきますので、気になる方はデザインのチェックだけでもいかがですか?

あとがき

景気が良ければアイコスのブランド戦略は強かったと思うんですけどねー。

正直、これだけ懐が冷え込むとグローの低価格帯戦略のほうが強い気がしてます。

プルームはどちらかと言うとアイコスよりな印象ですが、もともと高温加熱式ジャンルではシェアが低いだけにまだまだ苦戦しそうな予感。

まだ気が早いですが、年末のシェアの推移が気になる今日このごろでした。

今日も駄文にお付き合い頂きありがとうございます、それではまた!

glo Hyper +

グローハイパープラス

24色から選べるグローの最新モデル。新高温加熱モードを搭載したハイスペック機です。
480円

×

コメント

タイトルとURLをコピーしました