グロー(BAT)を支える研究開発センターを見学!誰でも参加できるバーチャル体験ツアーをご紹介します。

グロー(BAT)を支える研究開発センターを見学!誰でも参加できるバーチャル体験ツアーをご紹介します。 グロー
グロー

こんばんは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

皆さん、研究室って気になりませんか?

何をどうやってるのかはわかりませんが、私なんかは雰囲気で「うぉーっ!」ってなっちゃうタチ。

いつか加熱式たばこの製造工場や研究所に行ってみたい!と思っているんですが、コロナも広がってるし、一般人ではなかなかハードルの高い希望でした。

ですが、今回、BATさんが、その研究室をバーチャルで体験できるコンテンツを作ってくれました!

全部見せちゃうとネタバレになってしまうので、一部を動画に撮りましたので、興味を持たれた方は是非ご自分のスマホやパソコンから見学に行ってみてください。

今日は、グローを販売しているBATさんの「研究開発センターバーチャル体験ツアー」のご紹介です

BATさんの研究開発センター

BATさんのグローバル研究開発センターは、英サウサンプトンにあるそうで、2011年より定期的に見学者を迎えており、のべ3,500名以上の方を案内しているそうです。

ここでは、グローやベロといった次世代製品を支える最先端の科学研究が行われているんだとか。

コロナで外出や移動が制限される中、多くの方にBATの科学的研究や「たばこハームリダクション」への取り組みを知ってもらうため、今回のバーチャル体験ツアーが始まったそうですよ

資料などもオール英語だったので、私にはさっぱりわかりませんでしたが、こういう取り組みはとても面白いと思います。

バーチャル体験ツアーで知れること

このバーチャル体験ツアーに参加すると、「たばこハームリダクション」に向けたBATさんの科学的なアプローチや、その成果を知ることができるんだそうです

また、BATさんは生物学、化学、毒物学、地殻化学、エアロゾル分析など、様々な分野の研究も進めており、その一端を知ることもでできるみたい。

要所でインタビューのような動画コンテンツも差し込まれており、第一線で活躍する科学者さんを見ることも出来ます。

英語、もう少し頑張っておけば良かったなー・・・。

バーチャル体験ツアーの体験動画

すべてを映してしまうと皆さんの楽しみがなくなってしまうので、雰囲気がわかるようにちょこっとだけ撮影したものを用意しました

パソコンはもちろん、スマホでもツアーに参加出来ますので、動画を見て、もっと色々知りたい!という方は文末にリンクを貼っておきますので、是非ご自分で参加してみてください。

※ちょっとだけ音が出ますのでご注意を。

BATさんの目標

昨年参加させてもらったプレス発表会などでも言われてましたが、BATさんは「A Better Tomorrow(より良い明日)」を築くことをミッションに掲げて、いくつかの目標が発表されています

2030年までに非燃焼式製品(加熱式たばこや電子タバコ、ベロなど)の消費者数を5,000万人にすること。

それと同時に、紙巻たばこユーザーを加熱式への移行させることも明言しています。

日本でのユーザー数はまだまだですが、世界中では既に1,000万人を超えており、着実にユーザーを獲得しているBATさん、これからの展開に注目です。

あとがき

コロナで加速したオンラインやバーチャル体験ですが、いち早く取り入れるところはさすがですねー。

日本語訳があれば完璧だったんですが、雰囲気は十分に楽しませて頂きましたので感謝です。

VRゲームをしているような感じで面白かったです!

興味のある方は以下のリンクからご覧になってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
×