プルームテックの大人の事情が垣間見える!

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

今回は、プルームテックについて「一般に解説されていないコト」を中心にまとめてみました。

後半、徐々にグレーな話題になっていきますが、様々な思惑や圧力を想像しながら読み進めて頂ければと思います。

ちょっと長文になる予感もしますが、興味のある方はどうぞお付き合い下さいませ。

おさらい!プルームテックってそもそも何?

フィリップ・モリス社から発売されている「アイコスiQOS)」や、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社から登場した「グローglo)」と同じ、次世代たばこの1つです。

現在いろいろな種類のたばこ製品が販売されていますが、比較対象は「紙巻きたばこ」と呼ばれるコンビニとかでズラーッと並んでいるアレです。

次世代たばこの特徴として、たばこを吸うのに各社が販売する専用デバイスが必要であるということ、火を使わないことが挙げられます。

構造が単純であることから、互換性のある商品も多く出回っており、正確には純正バッテリーのことをプルームテック互換バッテリーフェイク・プルームなどと呼びます。

全てに共通して言えるのは、どのようなスタイルでも、「たばこカプセル」を通してニコチンやフレーバーを吸うということ。

いくつか種類があるので、興味がある方はどうぞ。

プルームテックってどんな造りなの?

次世代たばこ3社3ブランド
先程、アイコスやグローとひとまとめに「次世代たばこ」と呼びましたが、各社ともに構造が違っており、特にプルームテック(Ploom TECH)は電子タバコに近い構造となっています。

ここで各社のデバイスの構造を比較しますと・・・

≫アイコス:たばこ葉を直接「加熱」する。
≫グロー:たばこ全体を「加熱」する。
≫プルームテック:電気で加熱して発生させた蒸気をたばこに通過させる。

アイコスとグローがたばこに該当する部分を直接「加熱」することで喫煙するのに対して、プルームテックは蒸気をたばこに該当する部分に通過させることで喫煙行為を実現しているんですね。

そして、この蒸気を発生させる構造が電子タバコとまったく同様であるため、プルームテックは電子タバコの仲間に分類され、アイコスやグローが「加熱式たばこ」と呼ばれるのは、たばこ葉、もしくはたばこ自体を直接加熱することに由来します。

プルームテックを含む「次世代たばこ」って?

臭いが発生しない
一番の特徴は、ニコチンだけでタールが発生しない点です。

そもそもタールとは、物体を燃やす際に出る油脂のことなので、次世代たばこは加熱するだけで燃やしているワケではないので、タールが発生しないというのが最大のウリです。

同様に、臭いも紙巻きたばこに比べると格段に抑えられていたり、その他、有害物質が大幅に削減されているというフレコミから、ここ日本で爆発的なブームになっています。

プルームテックの特徴と言えば?

プルームテックの構造
プルームテックは、専用のバッテリーでカートリッジに含まれるグリセリンを加熱して蒸気化させ、その蒸気を「たばこカプセルたばこ)」に通すことで、蒸気にニコチンや香味を付着させて吸引する仕組みです。

最大の特徴は、吸ったときだけバッテリーが作動する為、たばこカプセル50パフ以内なら、文字とおり「いつでも吸える、いつでも辞められる」ので、この手軽さはアイコスやグローにはない特徴です。

また、蒸気に成分を付着させるという仕組みから、限りなく無臭に近いという特徴もあります。
ただし、構造上の問題ですが、最初は「物足りない」と感じる方も結構いて、これは「たばこ部分を直接加熱しない」「熱を感じない」ことに起因します。

知られざる真実!プルームテックの裏話し

一般的なコトは、当サイトを良く覗いてくれる方はご存知かと思いますが、ここからは知る人ぞ知る・・・そんなお話になります。

正直、調べていて色々なことを考えさせられましたが、それをどう受け止めるかは皆様にお任せしたいと思います。

プルームテックに含まれるニコチンの量は?

RETHINK実験
0.1mgを吸っていた友人も「軽い」と言っていたので、相当に少ないのだろうと思っていましたが、BSスカパーの「モノクラーベ」で紹介されていました。

プルームテックのニコチン量は「0.05mg」だそうです。

私が以前吸っていた紙巻たばこ「Marlboro 赤」は1.0mgなので、なんとニコチンの量は20分の1ということですね。

どうりで1日の箱数が増えたワケだ・・・納得です。

プルームテックは本当に紙巻きたばこより体に良いのか?

まず、最初にお伝えしておきたいのは、プルームテックもたばこの1種なので健康に良いということはありません

ただ、紙巻きたばこに比べるとかなり良いハズ(公式見解がない為)というのが私の考えです。
吸引したミストに含まれる成分はニコチンなどのたばこ葉由来の成分のほか、グリセリンプロピレングリコールトリアセチン香料なのですが、どれも食品などで良く使われている物質で、一般的には無害と言われるものばかり

タール一酸化炭素が発生する「紙巻たばこ」と比べたら天と地の差ではないでしょうか。

詳しくは下記リンク記事にまとめてありますので参考にしてください。

なんで福岡限定販売だったの?

福岡の夜景
いきなり「全国展開」だと、果たしてどれだけの需要があるのか?どんな不具合や要望があるのか?まったくわからないまま投資をするのは怖いですよね。

そこで、一般的にメーカーさんから新製品を導入する際は、エリアマーケティングという手法が用いられます。

このエリア選定については、プロモーションを担当する広告代理店さんの得意なエリアなどが選ばれるようですが、JT福岡北海道が多い」そうです。

余談ですが、福岡は年齢問わず喫煙者が多いというデータがあるので、こういった属性も福岡が選ばれた背景にあるのかもしれません。

たばこカプセルって税金は掛かってるの?

パンドラの箱
もちろん、ニコチンを発生する「たばこ」であることに違いはないので、たばこ税課税されています。

ただ、驚いたのはその税率です。

通常の紙巻きたばこに掛けられる税率は63.1%、つまり460円のたばこだと、消費税たばこ税を併せて290円が税金ということになります。

これは、他の紙巻きたばこも同様で、税金が高いと言われるビールやガソリンを抜いて、最も税率の高い製品です。

では、プルームテックのたばこ部分「たばこカプセル」はどうなのか、驚かないで下さいね。

なんと!1箱460円のたばこカプセルの税金は68.5円(14.9%)となります。

たばこカプセル1個分じゃないの?と思われるかも知れませんが、この金額は「1箱分」です。

別の記事で詳しく書きますが、パンドラの箱を開けてしまった気分です(汗)

この展開の遅さは何故?

財務省
アイコスは名古屋でのエリアマーケティングを経た後、あっという間に全国に販売網を広げました。

グローも昨年末に販売スタートしてから、もう東京、大阪と他エリア展開をはじめ、年内に全国展開も有り得る勢いです

2017年10月からコンビニも含む全国展開がスタートしています、早いですねー(汗)

そして、我らがプルームテックですが、福岡からスタートして東京に進出するまでに1年以上、未だに「たばこカプセル」のコンビニ販売もしておらず、圧倒的に遅いという印象です。

2017年11月、東京エリア限定ですが、コンビニ販売が始まっています。

これについては諸説入り混じっておりますが、面白い記事を読んだのでご紹介します。

どういった話かと言うと、国からの圧力という内容です。

日本のたばこ税による税収は、年間2兆円を超える重要な財源なのは周知の通りです

プルームテックが普及するということは、税率の高い紙巻たばこが減って、税率の低いたばこカプセルが売れてしまうので、国としては税収減に直結しますよね。

つまり「圧力」というのは、もともと財務省の所管だった為、「あまり力を入れるな!」と囁かれたのでは?ということです。

真偽は定かではありませんが、興味深い考察です。

2017年11月30日、たばこ税の増税と併せて、加熱式たばこも対象になることが決まりました。

オンライン販売がプルームテックだけなのはなぜ?

JT
ポイントだけ書きますので想像してください。

ご存知かもしれませんが、タバコを販売するには、簡単に言うと「JTで申請」して「国に許可」を得なければなりません

一般的に「たばこ」のオンライン販売が難しい理由は、たばこ小売販売業で規定された内容が、オンラインでの販売を想定した内容になっていない為、許可を判断するのが難しい、というのが理由だそうです。

アイコスのヒートスティックやグローのネオスティックオンライン販売出来ないのは、果たしてそれだけの理由なのでしょうか?

*グローはカートン販売のみですが、定番4フレーバーのオンライン販売を開始しました。

プルームテックのたばこカプセルだけは販売出来ていますからね、業界トップ3を争うライバル会社2社からの申請・・・。

街のたばこ屋さんがオンライン販売をしたい!という話とは、次元の違う壁がありそうな気がします。

ちなみに、許可を出す「国」というのもJTと繋がりの深い財務省の管轄なんですよ。

なんか色々想像しちゃいますよねー。

セブンイレブンで販売されない不思議

セブンイレブンで販売されない不思議
現在、コンビニで販売されているのは福岡と東京ですが、なぜかセブンイレブンでは販売されていないことが発覚。

セブンイレブンと言えば、全国に約20,000店舗を構える最大手

ここ最近の特徴と言えば、アイコス・グッズを唯一扱っていることでしょうか。

とは言え、たばこ業界にとっては間違いなくトップ販売店、スターターキットはおろか、たばこカプセルすら販売されないなんて有り得ないですよ。

JTとセブン&アイの間で何かがあったのか、それともPM社などからの圧力なのか、想像は膨らむばかりです。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

ちょっとグレーな、大人だからこそ面白い、プルームテックの知られざる真実や、気になる実態について想像が膨らんだのでは、と思います。

記事の後半部分の「展開の遅さ」や「オンライン販売」についての真実は、きっと一生わからないことなんだと思いますが、プルームテックが良いモノであることは変わりません。

プルームテック・ライフを楽しむ上での、ちょっとした小ネタの1つとして覚えておいて頂けると幸いです。