プルームXの加熱温度は何度?新しくなった「HEATFLOW®技術」の真髄に迫る

プルーム・エックスの加熱温度は?新しくなった「HEATFLOW®技術」の真髄とは? プルーム
プルーム

こんばんは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

今、加熱式たばこ界で話題を独り占めしているJTさんの新型プルーム・エックス」ですが、気になるのは吸いごたえたばこ感

どんなにカッコよくても、どんなにオシャレでも、たばこを吸うためのモノなので美味しく吸えなければ意味がありませんよね。

そして、その重要な鍵を握るのが加熱方式なんです。

どんな加熱方法なのか、加熱温度はどれくらいなのか?この疑問にお答えします

げんちゃん
げんちゃん

開発チームの方に詳しく聞いてきましたので参考にしてください!

たばこメーカーっていうより家電メーカーみたいでしたw

プルーム・エックスに採用された新加熱技術

加熱式デバイスを発売する各社は、様々な加熱方法を考え、自社のたばこ製品をもっとも美味しく吸える方法を日夜研究しています。

前作のプルーム・エス2.0では「テイストアクセル」という加熱方式を採用し、加熱時間に応じて温度調整を行うことでタバコの旨味を最大限に引き出すという技術で勝負に出ましたが惨敗・・・。

その原因は”吸いごたえ”で、旨味をどれだけ引き出しても、加熱温度自体が240度と低く、ガツンっとした吸いごたえを実現することが出来なかった(他社と比べて)。

そこで今回、満を持して投入されたプルーム・エックス搭載されたのが、「HEATFLOW®技術」というわけです

新たに採用された「HEATFLOW(ヒートフロー)技術」とは

新たに採用された「HEATFLOW®技術」とは

テイストアクセルでは、加熱温度の調整に特化していましたが、ヒートフロー技術では、それに加えて「気流」をコントロール。

温度調整はもちろん重要なポイントですが、気流=空気の流れもかなり大事な部分で、いいところに着目しましたよね。

ヴェポライザーを使ったことがある人ならおわかりかと思いますが、空気の流れは非常に重要で、どんなふうに空気を送り込むかで味が全然変わるんです。

つまり、テイストアクセルで培った温度調整に加えて、気流に徹底的にこだわった技術、それが「HEATFLOW技術」です

加熱温度がアイコス並にパワーアップ

加熱温度がアイコス並にパワーアップ

HEATFLOW技術を採用するにあたり、加熱温度も大幅にアップ。

240度と加熱式たばこでは比較的低めの温度だったプルームエスに対して、プルームエックスの最高温度はなんと295度

アイコスが300度、グローも280度くらいと言われているので、遜色ない加熱温度になりました。

この加熱温度が意味すること=吸いごたえは間違いなく上がっているということです。

加熱温度が上がると吸いごたえが上がる?

加熱温度が上がると吸いごたえが上がる?

温度調整のできるアイコス互換機を使ったことがある人なら経験済みかと思いますが、加熱温度が低いとタバコ葉の成分が十分に気化せず、物足りない味わいなんですよね。

もちろん、その分「臭い」も抑えられるというメリットがあるので、臭いが気になるところでは低温で、吸いごたえを楽しみたいときは高温で加熱するというのが定番でした。

これまでのJTさんは、「臭い」がしないことに重きを置いていたので、吸いごたえよりも臭いの少なさを重視しての240度だったんです。

そんなJTさんが、臭いではなく本気で「吸いごたえ」を追求したデバイス、それがプルーム・エックスってことなんじゃないでしょうか

更に専用たばこにも一工夫

更に専用たばこにも一工夫

デバイスをパワーアップさせただけでなく、専用たばこスティックにも仕掛けを施します。

タバコにもビールの一番搾りみたいな部分があるのをご存知ですか?

その美味しい部分を「ラミナ」というそうですが、プルーム・エックスのレギュラー・フレーバー全てにラミナを配合し、香りとコクを高めたそうです

もちろん他のフレーバーでも、HEATFLOW技術と相性の良いブレンドを追求し、ハード面だけでなくソフト面での工夫も行われているんです。

こんなの美味いに決まってる!

と書きたいところですが、まだ実機が届いてないのでホントのところはわかりません

ですが、JTさんがどんなこだわりを持ってプルーム・エックスを作ったのか、デバイス、たばこ共にどんな工夫がなされているかを知った今、これは美味いに決まってるだろう・・・と。

近々レビューしますので、感想は暫しお待ち下さい。

実機買ったのでレビューしました!詳しくは「【忖度なし】プルーム・エックスの気になる評判を最速レビュー!実機を使ってみた感想と良かった点、気になった点を本音でご紹介します!」をご覧ください。

プルーム・エックスの加熱温度、加熱技術まとめ

HEATFLOW®技術・・・温度と気流に着目した新加熱技術
加熱温度・・・最大295度
たばこスティック・・・ラミナを配合、ブレンド調整

あとがき

ここ数日で2週間分くらいの記事をアップしたんですが、全部プルーム・エックスについて書いてるんですよ。

お陰様でかなり詳しくなりましたし、プルーム・エックスが素晴らしさが自己暗示みたいな感じになってきてまして、先行販売で購入したデバイスが届くのがめっちゃ楽しみです。

届きましたらテンション高めでレビューしますので、是非参考にしてください。

それでは今日はこの辺で、おやすみなさい。

×

コメント

タイトルとURLをコピーしました