アイコスの裏技アイコースト

こんにちは、モクログ管理人のげんちゃんです。

今回も今更シリーズですが、今でも活用できる裏技なので書かせてくださいね(汗)

本題ですが、アイコスを長く吸っていると、ヒートスティッククオリティムラがある!そんなことを感じたことはありませんか?

なかなか刺さらなかったり妙にスッと刺さったり、それでもってミストが全然出ないヤツとか・・・

こういったムラのあるヒートスティックに当ってしまったときの対処法は、先人が色々試して対策を編み出してくれているワケですが、そのうちの1つで、もっともネーミングがイケてる「IQOOSTアイコースト)」をご紹介します。

考案者はHIROGALE.com管理人のYAFUKUさん、残念ながら更新は止まってしまっておりますが、非常に有用な裏技なので知らなかった方は参考にどうぞ。

やり方は非常に簡単ですが、あくまでも公式で推奨されていない裏技ですので、アイコーストするかどうかは自己責任のもとお願いしますね。

IQOOST(アイコースト)のやり方

ヒートスティックを挿し込む

1.ヒートスティックをセット!
まずは通常通り、ヒートスティックをアイコス・ホルダーに挿し込みます。
いつも通り、ただ挿し込むだけです。

ヒートスティックの加熱完了

2.加熱ボタンを押して加熱!
ここまでは通常ヒートスティックを吸うときと何ら変わりありません。
ボタンのLEDが点滅から点灯に変わるまで暫しお待ち下さい。

ヒートスティックを押し込む

3.ヒートスティックを更に押し込む!
これがIQOOSTの正体、2度押しです。
線の上にあるMarlboroのロゴが半分隠れるくらいが丁度良いです。

ヒートスティックを押し込み方

4.IQOOSTの注意点
2度押しする際に、真上から指で押し込んでしまうと、熱で柔らかくなったフィルターが潰れてしまうことがあります。
ですので、2度押しする際はフィルターを両サイドから挟んで押し込むと、フィルターが潰れるのを回避出来ます。

挿し込みすぎると空気が全く通らなくなってしまう為、まったく吸えなくなるので、ロゴ中心部を目安にして下さいね。

あまり無理やり押し過ぎると、ブレードの損傷にも繋がりますのでお気をつけ下さい。

IQOOST(アイコースト)による効果

アイコースト比較その1

・ドローが重くなる
深く挿し込むことで空気の通り道も狭くなるので当然です、ただドローが重い分ミストが濃く味もしっかりと出るようになります。
体感ですが、ニコチンも多く摂取できるのでは?ちょっとクラっとしますからねー(ただの酸欠の可能性もあります)

アイコースト比較その2

・スカスカ感がなくなる
稀にあるのですが、中心部分がスカスカでミストが出ないヒートスティックもこれで解決します。
これは、中心部分のたばこ葉が空洞であることから、加熱ブレードにたばこ葉が接触出来ない・・・結果、ミストも出なければ味もしないというパターンなのですが、2度押しすることでたばこ葉の空洞が潰れ、ヒートブレードに接触、普通に吸えるようになります。

特にヒートスティックのたばこ葉部分を見ていただくとわかるのですが、アイコーストした方は、かなり満遍なく加熱されているんです。

隙間があれば埋まるし、なければより満遍なく加熱できる、ちょっと重めに吸いたい方にはピッタリですね。

IQOOST(アイコースト)の応用

ヒートスティックがめちゃくちゃ硬くて刺さらない!っていうの、ありませんか?

そんな時もIQOOSTは役に立ちまして、とりあえず刺さるトコロまで挿したら加熱するワケです。

たばこ葉が柔らかくなってきたところで、再度押し込むと、大抵の硬いヒートスティックも問題なく差し込めますよ。

どうしても刺さらないヒートスティックがあったら、IQOOSTとは関係ないのですが、2本目以降は挿し込む前に、たばこ葉側から息を吹き入れることで、水分補給させてからやってみて下さい

応急処置的な方法ですが、それなりに効果があります。

IQOOST(アイコースト)まとめ

こんなに簡単なことなのに、効果は絶大なんですよね、考案者さんはネーミングセンスも含めて凄いです。

この裏技は、あくまでもダメなヒートスティックに遭遇してしまったときの対処法ですので、問題なく吸えるのであれば通常使用がやはりオススメです。

余談ですが、どうしても刺さらない、面倒はいやだ!ということであれば、カスタマーセンターに電話すれば交換してくれるようです。

無理くり刺してブレードを折っちゃった・・・なんてことになるくらいなら、面倒でもカスタマーセンターに電話するのが吉かも知れませんね。

繋がらない融通が効かない対応が悪い評判カスタマーセンターなので、出来れば電話はしたくないんですけどね(汗)

あとがき

もう1年以上も前ですかね、この記事を読んだときは。

当時プルームテック・オンラインというブログ(モクログの前身)を書いていたときはアイコスの記事は書かない、という掟を自らに課していたので、一切触れませんでしたが、ブログを書くってこういうことなのかー、と勉強になったのを思い出します。

まだまだ未熟者ですが、どうぞ宜しくお願い致します(・_・;)