ここから近くの喫煙所

【2024年4月最新】IQOS イルマ iシリーズ / 従来のイルマとの違いについて解説!

IQOS アイコス
IQOS アイコス IQOSイルマ違い IQOSリサイクル オアシスパール イルマワン1980円 ルビーメンソールPR含む

こんばんは、加熱式たばこブロガーのゲンキです。

2024年3月13日、最新機種のIQOS イルマ i シリーズが発売されました。

今回のアップデートは、新機種というよりは従来の機種のアップグレードといった様子です。

従来のイルマとの違いや価格、コンビニでの販売情報について関心が高い方も多いのではないでしょうか。

本記事では、いつからどこで買える?価格は?色は?充電できない時の対処法についてまるっと解説していきます!

WRITER / 執筆者

加熱式たばこブロガー

国内最大級の加熱式たばこ、電子たばこブログ「モクログ(MOQLOG)」を運営。日本の加熱式たばこブロガーの一人。2016年3月より運営を開始、紙巻たばこに変わる加熱式たばこ、電子たばこの専門家として、たばこに関する様々な情報を発信中。

取材協力oricon news 週刊プレイボーイ など

今回発売の新型機種と定価はこちら!

IQOS イルマ iシリーズは、下記3種類が発売されました。

  • IQOS イルマ i プライム ¥9,980(税込)

カラー展開:

ミッドナイトブラック /ブリーズブルー / ガーネットレッド

 

  • IQOS イルマ i ¥6,980(税込)

カラー展開:

ミッドナイトブラック / ブリーズブルー / デジタルバイオレット / ビビッドテラコッタ

  • IQOS イルマ i ワン ¥3,980(税込)

カラー展開:

ミッドナイトブラック / ブリーズブルー / デジタルバイオレット / ビビッドテラコッタ

追加された機能は?

新しくなったIQOS イルマ iシリーズには、イルマシリーズから引き継ぐ機能も含め、6つの機能が追加されました。

タッチスクリーン、自動加熱、ポーズモード、フレックスパフ、フレックスバッテリー、そしてスマートコア・インダクション・システム。

IQOSを使っていて、無意識に不便に感じていた部分がある方は多いのではないでしょうか。

今回のアップグレードは、そんな部分の解消にフォーカスを当てて作られたのではないか、と筆者は感じています。

それでは、詳しく解説していきます。

タッチスクリーン

下記2点が表示されます。

  • 加熱中/加熱完了のステータスを表示
  • 残りの使用可能時間/本数を表示

※イルマ i ワンには搭載されていません。

自動加熱開始/停止

従来のイルマワンにはない機能でしたが、イルマ i ワンではこの機能が搭載されました。

手動がお好みの方は、IQOSアプリを使ってオートスタートを無効にできます。

※従来のイルマ・イルマ プライムには元から搭載されており、新機種でも引き継がれています。

ポーズモード

最大8分間の一時停止、再開が可能に!

吸っている途中で電話がかかってきた時、急な来客、喫煙所を急遽離れる用事ができた時など、まだ吸えるのに無駄にしてきた経験はありませんか?

そんな時にポーズモードを使えば、1本を無駄にすることなく再開して吸うことができます

<使える条件>

  • パフォーマンスモード中のみ
  • 加熱完了から3分以内、または8パフに達する前のみ
  • 連続使用する場合、最初の1本または2本目である場合のみ(そのうち、ポーズモードは1回のみ使用可能)

<操作方法>

  • タッチスクリーンを上から下にスワイプするとホルダーが振動し、一時停止します。
  • タッチスクリーンを下から上スワイプでポーズモードが終了し、再加熱がスタートします。

フレックスパフ

システム制御により、通常1本14パフに4パフ追加で吸える機能です。

吸うスピードや強さなどの条件により、プラスで4パフ吸えるとIQOSが判断した場合に、この機能は作動します。

自分で追加することはできないため、この機能は作動したらラッキーくらいと考えておくと良いでしょう。

※ポーズモードを使用した場合は、フレックスパフは作動しません。

フレックスバッテリー(IQOSアプリと連動)

エコモード/パフォーマンスモードの2種類を設定できます。

 

 <エコモードにすると>

  • ホルダーのバッテリー寿命を最長1年間延ばすことが可能になります。
  • 連続使用ができず、1回使用ごとにホルダーを充電する必要がある。
  • ポーズモードの使用不可。

 

 <パフォーマンスモードにすると>

  • ポーズモードの使用あり→連続使用最大3本が可能
  • ポーズモードの使用なし→連続使用2本が可能

 ※イルマ i ワンには搭載されていません。

スマートコア・インダクション・システム

従来のイルマシリーズにすでに搭載されていましたが、

このシステムのメリットは、ブレードがなくお手入れ不要な点です。

ブレードがないため壊れにくくなっています

また、残りカスも出ずお掃除が不要なため、あの独特な香りも嗅がなくて済みます。

スマートコア・インダクション・システムとは

新機種と従来型との機能の比較 

【新型モデル】
イルマ i
イルマ i プライム
イルマ
イルマ プライム
【新型モデル】
イルマ i
ワン
イルマ ワン
タッチ
スクリーン
×××
ポーズモード×××
フレックスパフ××
オートスタート×
フレックス
バッテリー
×××
連続使用本数最大3本最大2本20本20本
充電時間135分135分90分90分

どこで発売するの?

新作のIQOS イルマ iシリーズは、お店により発売日が異なります。

ざっくりいうと、IQOSの公式関連のお店では2024年3月13日から順次発売、

コンビニや一部のタバコ店では2024年4月16日より順次発売となります。

2024年3月13日より順次発売

  • IQOSオンラインストア、IQOS LINE公式アカウント
  • IQOSストア、IQOSショップ、IQOSコーナー

2024年4月16日より順次発売

  • 主要コンビニのタバコ取扱店舗、一部タバコ取扱店

※対象のコンビニは、セブンイレブン / ファミリーマート / ローソン / ミニストップ / 

デイリーヤマザキ / ポプラ / ニューデイズ / セイコーマート です。

※従来のイルマと同じように、イルマ i プライムはセブンイレブンのみの取り扱いの可能性があります。

新型IQOSはコンビニで予約はできるの?

発売前に予約できるとの情報は現時点で出ていません。

発売後に品切れで在庫がない場合、お取り寄せでの注文は可能になると考えられますので、お近くの店舗へお尋ねください。

対応のヒートスティックと値段は?

新作のIQOS イルマ iシリーズに対応するタバコのスティックは以下3銘柄です。

IQOS イルマシリーズと全く同じですね。もともとIQOS イルマを使っていた方には開拓をする手間が省けてラッキーですね!

・TEREA(テリア)    ¥580

・SENTIA(センティア)  ¥530

・AXIA(アクシア)    ¥480

※AXIAは北海道、福岡の地域限定発売です。

充電ができない場合は?

IQOSの初回充電は通常より30分ほど長く時間がかかる場合があります。

また、チャージャー(ケース部分)が充電できても、ホルダー(スティック差し込み部分)が充電できていない場合があります。

その場合は、下記手順でリセットをする必要があります。

①ホルダーをチャージャーにセットした状態で電源ボタンを10秒間長押しする。

②チャージャーのライトが消灯後、2度点滅したのちに点灯すればOK。

※上記のやり方で試してみてもできなければカスタマーセンターへご連絡ください。

まとめ

本記事では、アイコスの最新モデル IQOS イルマ i シリーズについてご紹介してきました。

ポーズモードやフレックスパフ、フレックスバッテリーなど、痒い所に手が届くような機能が続搭載されていましたね。

すぐにでも欲しい方は、IQOSオンラインストアやIQOSショップなど、IQOS直営店での購入をおすすめします。

また、初めて購入される方はIQOS直営店で購入すると、〈はじめて割〉が適用され1000円お得に購入できるので、ぜひご利用ください。