【悲報】プルームエス、無念の終売。切り口は抜群によかったんだけどなー・・・残念です。

【悲報】プルームエス、無念の終売。切り口は抜群によかったんだけどなー・・・残念です。 プルーム
プルーム

こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

ちょっと悲しいニュースをお届けしないといけません。

以前から終売との言われてはいましたが、遂にJTさんから正式にプルームエス2.0終売発表がありました

既に在庫限りということで、今後は後継機「プルーム エックス」に全てを託すようです。

今日はプルームエスの終売情報を中心に、昔話なども交えながらご紹介したいと思います。

プルームエス2.0在庫限りで終売に

JTは、2021年7月以降、高温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・エス・2.0」について、当社の在庫売り尽くしをもって販売を終了いたします。なお、今夏、高温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・エックス」の発売を予定しています。

https://www.jti.co.jp/news/20210713_01.html
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・ブラック
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・ホワイト
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・アイス・シルバー
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・クラシック・ゴールド
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・ストレートアッシュ
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・サプルクレイ
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・キャニオンモス
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・オーシャンロック
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・サンセットアイスバーグ
  • プルーム・エス・2.0・スターターキット・ビーチコーラル

各3,980円(希望小売価格)

プルームエス2.0って?

さすがにモクログの読者様でプルームエスを知らない人はいないと思いますが、おそらくプルームエス2.0について書くのはこれが最後になりそうなので・・・ね。

プルームエス2.0は、JTさん初の高温加熱式たばこデバイス「プルームエス」の進化版。

この頃、2つの加熱モードを搭載したモデルが主流で、その流れに乗って、プルームエス2.0では「テイスト・アクセル」という新加熱モードを搭載しての登場でした

メンソールを”より”美味しく吸えるモードということで、他社がただ温度の高いモードだったのに対して、切り口は抜群に良かったんですけどねー。

「プルームエス」のスペックが低過ぎたこともありますが、プルームエス2.0は他社製品と比べても遜色ないレベルのスペックだったのは間違いありません。

だいぶ前からコンビニでの販売は終わっていた(汗)

4月に書いたプルーム・エックスの記事にも記載しましたが、この頃から終売の噂はありまして、コンビニさんでは追加の発注がストップ。

おそらくタバコ製品をもっとも多く売るであろうコンビニで発注ストップって・・・終売しかありませんよね(汗)

専用アクセサリーを販売してみたり、著名人やブランドとコラボしてみたり、精力的に活動はしていたものの実らなかった。

発売が2020年6月ですから約1年、それくらい高温加熱式たばこ市場は参入が難しいということでしょうね。

スペックも話題性も十分なのに何故売れなかった?

これはあくまでも私の見解ですが、2つの理由があると思っています。

それは、「プロモーション」と「こだわり

私は加熱式たばこブロガーであって、マーケティングの専門家ではありませんので、もしかしたら全然的を得ないことを書いているかもしれません。

ですが、それこそ初代プルームテックが発売された年から、ずっーっと加熱式たばこを追い続けてきた私なりの見解ですので、暇つぶし程度にお読み頂ければ幸いです。

プロモーション

1つはプロモーションの部分で、こう言ってはなんですが、王者アイコスからシェアを奪うには、全てが普通過ぎたのでは、と思ってます。

グローがいい例で、デバイスの値段、専用たばこの価格、とんでもないですよね。

ですが、その思い切ったプロモーションが確実にグローのシェアを伸ばしたのは言うまでもありません。

今やスペックがいいのは当たり前、価格でないにしても、突出した何かがないと、もともと認知度で負けている以上、選択肢に入らなかったのではないでしょうか。

こだわり

JTさんは「臭い」にとにかくこだわっている会社さんで、それは素晴らしい”こだわり”なのは間違いありません。

ですが、「臭い」と「吸いごたえ」は反比例の関係にあり、臭いを少なくすれば吸いごたえはなくなっていくのが定説です。

ここで重要なのが、加熱式デバイスを使うユーザーの多くは何を求めているかで、なんだかんだ言って「吸いごたえ」だったということ。

ホントに臭いが気になる人はプルームテック・プラスを買うんですよ、吸いごたえのほうが重要だと思っているから高温加熱式を選んでいるのに、吸いごたえがなかったら継続しないですもんね。

プルーム・エックスは頑張ってほしい

奇しくも、このリリースが発表された日にJTの方とお話させて頂いてたんですが、プルームエックスはなんとしてもスタートダッシュを決めたい!と仰ってました

7月15日(今日なんですけどね汗)には詳細が発表される段階まできてるので、もはやスペック面はいじりようがありません。

何が何でも流行らせる!という確固たる想いと、それをサポートする空中戦でどこまで無茶できるか・・・それがカギだと思うんですよ。

いい商品が売れるんじゃなくて、売り方が上手い商品が売れる時代なので、多少こずるくてもなりふり構わず頑張ってほしいなー。

あとがき

プルーム・エックス発売から数カ月後にはアイコス・イルーマの発売が控えてます。

グローも400円ネオと、各社大型のニュースが控えているだけに、中途半端は命取りです。

今回のプルームエス2.0のニュースは残念ですが、終売に至る過程で色々な気付きがあったと思いますんで、JTさんの本気に期待したいと思います。

それでは今日はこのへんで、起きたらプルームエックス・ネタをお届けしますよー

×

コメント

タイトルとURLをコピーしました