中身が気になる加熱式タバコのたばこ部分

こんにちは、プルームテックオンライン管理人のげんちゃんです。

今回の記事はタイトル通り、アイコスヒートスティックプルームテックたばこカプセルグローネオスティックをカッターで切ってみた!というものです。

普段吸っているものはどんな構造なのか?気になりますよねー。

フィルター汚れ具合なんかも比較しましたので参考にどうぞ。

たばこの基本構造

フィルターたばこの基本構造
紙巻たばこフィルターシガレット)は「刻(きざみ)」「巻紙(まきし)」「フィルター」「チップペーパー」で出来ていますよね。

プルームテックのたばこカプセルは別物ですが、形も良く似ているので、ヒートスティックやネオスティックは、概ね同じ構造をしているだろうと思われます。

真っ二つにすればわかるだろう、ということでカッターでザクザク切ってみました。

アイコス:ヒートスティック

アイコス:ヒートスティック

ヒートスティックの特徴は、フィルターの中にファイバー状のフィルターが間に挟まってること。

あとは、紙巻きたばこと違う点として、たばこ葉が板状になっていることでしょうか。

しかし、こうやって分解してみると、たばこ葉って全体の3分1くらいしか入っていないんですね(汗)

アイコス:ヒートスティック分解その2

ちなみに吸い口のフィルターは密閉されるタイプの一般的なものですが、ファイバー状のフィルターの下にあるフィルターは穴が空いてます。

このファイバー状のフィルターですが、一説によると、加熱された蒸気を細いファイバー状のフィルターに通すことで、冷却しているのでは?とのことでしたが、有力そうですね。

アイコス:ヒートスティック吸ってみた1
アイコス:ヒートスティック吸ってみた2

吸い終わったヒートスティックと、未使用のヒートスティックを比べてみましたが、結構ヤニがついているんです。

1つ気になるのは、このファイバー状のフィルターが溶けてる?ワケではないのかも知れませんが、熱で収縮しています。

もしかすると、コレがアイコス有害説に繋がっているのかも知れません。

プルームテック:たばこカプセル

プルームテック:たばこカプセル

たばこカプセルは、もうタバコの固定概念を覆す形状ですよね。

ただ、中身は従来のたばこに似ていて、口の部分にはフィルター、その下に粉砕されたたばこ葉が詰まってます。

あとで全種類並べますが、圧倒的にたばこ葉が少ないのがプルームテックです。

プルームテック:たばこカプセル中身

たばこ葉は、コーヒーの粉みたいに粉砕されていますが、思ったより香りはないんですよね。

パープルやグリーンだと、この粉に香料が混ぜられているのだと思いますが、レギュラーはそのまま「粉」でした。

フィルターも小さめで、アイコスの吸い口部分のフィルターと同程度です。

プルームテック:たばこカプセル吸ってみた

吸い終わったたばこカプセルのフィルターと新品を比べてみます。

アイコス程ではないですが、ちょっとフィルターのまわりの紙が黄色くなっているのがわかると思います。

フィルター自身はほとんど汚れてないんですね、これは驚きです。

グロー:ネオスティック

グロー:ネオスティック

紙巻きたばこに一番形状が近かったのがネオスティックです。

ただ、スカスカなんですよね・・・やたらと空洞があります。

たばこ葉もジャグにちょっと似てるような似てないような、紙巻きたばこともちょっと違う形状です。

グロー:ネオスティックたばこ葉

ネオスティックは、たばこ葉が一番モサモサしており、香りもネオスティックやたばこカプセルと比べると強いです。

フレーバーによって違うのかも知れませんが、色が圧倒的に薄いのも特徴ですね。

香りは好きな香りなんですが、グロー自体は何故か美味しくない・・・なぜだろう。

グロー:ネオスティック吸ってみた

空洞のスカスカ部分には、ヤニっぽいのがついてますね。

フィルターも黄色になっていますので、汚れ具合はアイコスと同じような感じです。

スカスカ部分はヒートスティックのファイバー状のフィルターの役目(冷却効果)をしているのかも知れません。

加熱式たばこ3社のたばこ葉を比較

加熱式3社のたばこ葉比較

画像はヒートスティック1本分、たばこカプセル1個、ネオスティック1本分のたばこ葉の比較です。

税率から考えると、たばこ葉の量はヒートスティックが一番多いのかと思っていましたが、ぱっと見はネオスティックが圧倒的です。

たばこカプセルについては、これで紙巻きたばこ5本分相当らしいですからね・・・少ない。

たばこ葉の香り

ネオスティックが一番香りがしました、次いでヒートスティック、ほとんど感じなかったのはたばこカプセルですね。

フィルターの汚れ

もっとも汚れたのは、やはりヒートスティックですね、グローも結構汚れましたが、プルームテックに関してはほぼ汚れていないのがわかります。

ぼったくられ感

プルームテックはあの量のカプセルが5個だけですからね、なんだか相当割高な感じがします。

次いでアイコス、ヒートスティック1本分の3分1以下の部分にしかたばこ葉が詰まっていないので、これも結構割高な気がします。

グローは半分くらいはたばこ葉が詰まっているので、まぁ良しとしましょう。

有害物質について

どうしてもアイコスのファイバー状のフィルターは気になります。

ホントに大丈夫なのかな・・・。

あとは、たばこカプセルですね、出力の高い電子タバコなんかで吸ってしまうと、底が溶けるという報告がありますので、さすがに溶けたら有害でしょう。

その意味ではグローも微妙で、360度加熱ということで、一番加熱されるのは巻紙にあたる紙の部分なんです、これは大丈夫なのでしょうか。

おまけ:紙たばこも比較

たばこ葉の量の比較

せっかくなので、紙巻きたばこも比較してみました。

一番多いのが紙巻きたばこです、これは書くまでもないですね。

香りも断トツでしたが、何よりもフィルターの汚れ具合、画像は載せませんが吸い口まで黄色くなることから、相当汚れていることがわかります。

あとがき

改めてプルームテックの凄さがわかりました。

ただ、カートリッジ代が掛かっているというのはわかりますが、それでも100円くらい安くても良いんじゃないかと思ってしまいましたけどね(汗)

バラしてみればわかると思っていたのですが、唯一わからなかったのは、アイコスとグローが水蒸気を出す点です。

水分を含んでいるようなパーツはなかったので、たばこ葉そのものがグリセリンなどの水分を含んでいるということなんでしょう。

だんだんとヒートアップしてきた加熱式たばこ戦争ですが、燃えすぎちゃって有害物質が発生しないように、各社には上手く立ち回って頂きたいところです。

それでは、この辺で失礼します、お疲れ様でした。