プルームテックの大人の事情が垣間見える!

こんばんは、プルームテックオンライン管理人のげんちゃんです。

前回の記事から更に調べたところ、プルームテックだけでなく、アイコスグロー税金がおかしいコトがわかりましたので共有します。

ぶっちゃけ色々想像が膨らむ内容です。

まずは、そもそも「たばこの税金」ってどんななの?という説明から、本題「次世代たばこの税金」について書いていきますので、アイコス・ユーザーさんやグロー・ユーザーさんも是非読んでみて下さい。

たばこ税とは?

たばこの税負担内訳

税金がたくさん掛かっているのは知っていましたが、まさかの6割超えとは知りませんでした。

大きくわけるとたばこ税」と「消費税」の2つの税金からなるのですが、「たばこ税」というのも総称で実際は3つの税金のことを指します。

たばこ税の種類

たばこ税とは、たばこに掛けられる個別消費税のことで、当初は「たばこ消費税」と言われていたそうで、消費税法が施行されたことで、たばこ税と名を変えて、二重、三重と課税されるようになったみたいですね。

1.国税としての国たばこ税
・・・酒税などと同じく間接税の1つ、財やサービスの価格を通じて転嫁される性質のものだそうです。

2.地方税の1つ地方たばこ税
・・・「道府県たばこ税」という、まさに都道府県に落ちる仕組みの税金と、「市町村たばこ税」という市町村に落ちる仕組みの税金の2つからなります。

3.期間限定?の特別たばこ税
・・・簡単に言うと、国のお金がないから財源の確保の為に、当分の間課税するよっていうものです。

他の製品との比較

課税率の比較グラフ

このグラフを見ると一目瞭然ですが、たばこの税金って他のどの製品よりも課税率が高いんですね。

というか、ビールやガソリンの半分近く税金だったということに驚きましたけど・・・

もしですが、たばこに消費税しか掛かっていないとしたら、460円のたばこが204円で買える計算です。

よく愛煙家が言う「オレらは税金いっぱい払ってんだぞ!」という話もあながち嘘ではないことが判明しました。

それこそ、ビール大好き!車もばんばん運転する!たばこもヘビーだぜ!という人は、相当な税金を払っていることになります。

この気持ち・・・なんなんでしょうか。

たばこ税収の年間推移

たばこの税収の推移
これを見ると凄いなーと思うのですが、毎年2兆円以上の税金が捻出されているのがわかります。

中でも恐ろしいのは、年々たばこを吸う人は減っているにも関わらず、税収が落ちていない点。

これって、値上げ=税負担額アップにより、維持しているのが明白です。

国や地方公共団体も、この2兆円の税収を捨てることは出来ないハズですから、喫煙者が減れば減るほど値上げという手段にでて、残された人たちの負担が大きくなるという図式・・・いつか本当にたばこを辞めなければならない日が来そうです。

次世代たばこの税率について

デバイス 銘柄 価格 税率 税額
アイコス ヒートスティック 460円 49.2% 226.3円
グロー ネオスティック 420円 36.0% 151.2円
プルームテック たばこカプセル 460円 14.9% 68.5円

この税金の差っておかしいですよね。

明らかにJTだけが優遇されているように見えます

カートリッジが付属していることを加味しても、もう少し「たばこカプセル」は安くても良いのでは?と思うのは私だけでしょうか。

税率が違う理由

次世代たばこの税率は、なぜか「パイプたばこ」に分類されるそうで、課税額を決める方法がそもそも紙巻きたばこと違います。

パイプたばこでは、重量1グラムを紙巻きたばこ一本に換算して課税されます。

となると、重量を決める対象は、葉たばこが詰められているスティックやカプセルになるので、そこが問題になったワケです。

普通のたばこであれば、本数による課税を行うようですが、なぜパイプたばこに分類されたのか、ここに疑問が残ります。

デバイス毎のたばこ部分の重量

デバイス 銘柄 本数(個) 重量
アイコス ヒートスティック 20本 15.7グラム
グロー ネオスティック 20本 9.8グラム
プルームテック たばこカプセル 5個 2.8グラム

プルームテックは5カプセル入っていますが、実際は紙巻きたばこ3本分しか課税されていないということです。

そりゃ安いワケですね。

販売価格が同じワケ

税率がこれだけ安ければ、価格に転嫁してくれても十分良いはずですが、残念ながら3社ともほぼ同じ価格です。

ここでグレーな話ですが、小売価格を認可するのは財務省なんだそうです。

税金が少ないのに460円で販売するとなると、これまでの紙巻きたばこを販売するよりもずっと売上が取れるんですね。

紙巻きのメビウスを売ったときの税金を除いた金額は「163円」にしかならなかったのですが、たばこカプセルだと「392円」と、実に2.4倍もの金額が売上として手元に残るワケです。

カートリッジなどを差し引いたとしても、めちゃくちゃ儲かるNEWたばこなのは間違いありません。

JTと財務省の関係

更にここで登場するのが、JTの大株主の話です。

JTのの3割を持っているのが、なんと財務大臣なんですね。

JTの業績があがれば財務大臣(国)も潤う、という裏の図式も見えてきます。

素人目には色々とおかしいと思うのですが、私だけでしょうか。

あとがき

なんと言うか、今回もまた非常に考えさせられました。

もちろん、私の知らない色々な事情があって、こういう状況になっているとは思うのですが、アイコスやグローにとってはフェアな環境ではないことは確かです。

とは言え、税率が変わって値段が上がってしまっても困るし・・・。

この記事を書いた結果、自分が偽善者であることを改めて認識させられましたよ。

そろそろ思考回路が停止しそうなので、この辺で終わりにしたいと思います。

今回も駄文にお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m