これ以上タバコの値上げにはついていけません(汗)

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

このブログを書く前に比べれば減りましたが、それでも紙巻きタバコは2日に1箱くらいのペースで購入していたんですよ。

振り返ると20年くらいの付き合いだった赤マルでしたが、6月15日に最後の1本を吸って辞めることにしました。

今回は、辞める理由や、今実践している「タバコ」との付き合い方などを中心にお届けします。

値上げニュースで肩を落とした方、是非参考にしてくださいm(_ _)m

500円超えは許せない!

500円超えは許せない!
1週間くらい前にニュースサイトを徘徊していたときに、ショッキングなニュースを見つけたことが始まりです。

フィリップモリスたばこ値上げ マールボロ500円超へ」by日経電子版

今回の値上げで、ラーク以外の3ブランドは1箱の価格が500円を超える見通しだ。マールボロの主力製品の価格は470円から520円、パーラメントは450円から500円、バージニア・エスも450円から500円となる見込み。
引用元: 日経電子版

たばこを吸い始めた頃から考えると実に2倍、度重なる値上げにも我慢してきましたが、ワンコインを超えるとなると話は別。

もともと500円超えたら辞めようと思っていましたが、それ以上にバカバカしくなってしまいました。

470円と520円ってたかだか50円の差ですが、単純に500円超えたことで我に返りましたね。

喫煙席ですら吸えなくなる紙巻タバコ

喫煙席ですら吸えなくなる紙巻タバコ
つい先日、東京都受動喫煙防止条例案を方針転換したことで、加熱式タバコは規制の対象から免れましたが、紙巻きタバコはもちろん規制対象。

2020年に向けて国も東京都も足並みを揃えたカタチにはなりましたが、飲食店などでは、紙巻きタバコは隔離された喫煙室以外で吸ってはいけなくなります。

ここで問題なのが、どれだけの飲食店さんが喫煙室を作ってくれるのか?って話。

わざわざ席を潰して、飲食不可=売上ゼロの喫煙室を準備してくれるところなんて、チェーン店さんくらいしか出来ないと思うんですよ。

つまり、紙巻きタバコを吸えない店ばかりになる可能性が高いということ。
加熱式たばこは喫煙席で吸うことができるようです。

これはもう潮時でしょう・・・金銭的な負担だけでなく、取り巻く環境が厳しすぎます。

加熱式タバコに頼りすぎると危険

加熱式タバコに頼りすぎると危険
今回の値上げ報道は紙巻きタバコだけですが、安心してはいけません。

もちろん、加熱式タバコ各社のたばこ部分は、これまで低い税率だったことから、多少の増税分くらいは吸収できるかも知れません。

ですが、私が恐れているのは、もう加熱式タバコに変えるしかない・・・と多くの人が切り替えた後の値上げです。

切り替えた人って、その時点で少なからず投資(デバイス購入など)しちゃってるんで、値上がりしてもなかなか辞めら得ないんじゃないかと思うんです。


「高い金払ってアイコスも買っちゃったし、居酒屋でも吸えるし、とりあえず壊れるまではヒートスティック買うか・・・(520円だけど)」


みたいな展開が待ってそうで怖いんですよ、こうなったら多少値上がりしても買わざるを得ないと思うんですよね。

考えすぎでしょうか?

今後も値上がりするのは明白

今後も値上がりするのは明白
たばこが世に誕生して、これまで何度も増税、値上がりしてきたタバコですが、今後も値上がりしていくのは間違いないでしょう。

海外では1箱1,000円だって珍しくないですから、まだまだ値上げの余地は十分残されているんです。

しかも、年々たばこ人口は減っているにも関わらず、税収は過去20年間2兆円をキープ、これって増税で人口減を補ってるんですよね。

数年後には更にたばこ人口は減少しているでしょうから、増税、値上げがまた行われるのは避けられないと思いますよ。

残された人(喫煙者)ばかりに負担が増えていく・・・これはもう負のスパイラルと言っても過言ではないです。

あとは、いつ辞めるか、それだけ。

電子タバコという逃げ道

電子タバコという逃げ道
紙巻タバコは辞めた、加熱式タバコにも依存できない、となると、電子タバコを併用するといい感じになります。

特に電子タバコランニングコストリーズナブルで、疑似喫煙を楽しむのにピッタリなアイテムなんですね。

ポイントは蒸気量が圧倒的に多いので、吸った時の満足感が高いことと、色々なフレーバーが試せる点でしょうか。

タールだけでなくニコチンも含まれないので、電子タバコだけで生活するのは私には出来そうにありませんが、ニコチンが欲しくなったらアイコスでヒートスティックを1本、あとは欲しくなるまでは電子タバコで代用しています。

お陰様で、これまでは1日1箱吸っていたヒートスティックが2日持つようになりましたよ。

これ、計算してみたら結構節約できることがわかりまして、健康面だけでなく金銭面でも役にたってくれました。

年間5万円以上の節約効果

年間5万円以上の節約効果
併用で使っている電子タバコでは、780円15mlのリキッドを使っています。

1mlあたりタバコ10本分くらい吸えるので、リキッド1本がヒートスティック7.5箱分相当として計算してみました。

ヒートスティックを毎日1箱吸う場合
≫460円 × 30箱/月 = 13,800円

電子タバコを併用した場合
≫460円 × 15箱/月 = 6,900円
≫780円 × 2本(15箱分) = 1,560円
計・・・8,460円

電子タバコはコイルという消耗品が必要で、大体リキッド1本につき2個くらい使うとすると・・・

≫300円 × 4個(リキッド本分) = 1,200円
計・・・9,660円

1ヶ月あたり4,140円もたばこ代が削減できることが判明しました(汗)

これを年間で考えたら約5万円ですよ、凄い効果!

最近使っている電子タバコ

最近使っている電子タバコ
出力がありすぎるとリキッドの消費が増えるので、サラリーマン的にベストな電子タバコは何かと考えると、はコンパクトだけどミスト(蒸気=煙)もちゃんと出て、且つ、味もキチンと出るもの。

で、出来ればプルームテックぐらい簡単に使えるのがいいですよねー。

そんなアレもコレも叶えてくれているのが、最近活躍しているレインボーちゃん。

正直爆煙」とまではいかないけど、会社喫煙所で吸うには目立たないし丁度よいんですよ。

一度だけ高出力の爆煙VAPEを持っていったら、周囲の諸先輩方から、かなり白い目で見られてしまいました(汗)

サラリーマンの普段使いには、爆煙よりもホドホドが良いと学びました。

レインボーの口コミ

レインボーの口コミ
思ったよりもレインボーって評判もいいんですね。

口コミ数は41件、総合評価(4.4)でした。

いくつか口コミを転載しましたので参考にどうぞ。


2018-05-13 18:56:49
これは良いです!

とても魅力的な商品。スターターキットにリキッド2本も付いて、送料無料の2980円。
YouTuberさんの動画を観て、説明書が日本語、使い捨てアトマイザー、小型という内容に加え、爆煙できない場所用にと思い。あっ、いいかもという軽い衝動で即買いしました。比較対象のMATE1と味の出方は変わらない印象です。もう一つ欲しくなりました。

2018-06-14 00:05:20
外出時用VAPE

ニコリキ用に購入しました。
本体が軽いため、外出用にピッタリでした。
ランニングコストが安いのが良いです。

2018-06-13 17:10:15
最高です!楽で楽しい

本日届きました!
VAPE歴浅く、eGoAIOのペンタイプとのボックスしか使ったことがありません。
eGoAIOは初心者向けと言われており、使い方も楽なほうだと思いますが、このRainbowはそのはるか上をいく楽さと楽しさがあります。
気分を変えたいときに気軽にリキッドを変えられるのが、こんなに楽しいと思いませんでした。
カートリッジ良い!
さらにカートリッジは小さいため、沢山持ち運べるので、外でリキッドがなくなる心配もない。
eGoAIOでうるさいと感じた、パチパチと言う音もほとんどしないので、周りを気にせず吸える。
しかも蒸気は思ったより結構でました。
爆煙ではないですが、普通にタバコを吸ったときぐらいは出ます。
お手入れの必要も無いので、洗浄時に本体を壊す心配もなさそうです。
爆煙とか味とかそんなにこだわらないし、もう、これだけあればいいや。
後は耐久性に期待します。

2018-06-10 20:16:40
お得感しかない!!

オリジナルスターターキットということで、いろいろ情報を収集しつつ購入しました。
まず、持ち運びに100点です。ポロシャツやワイシャツの胸ポケットに収納可能です。
そしてアトマイザーというか、コイルというか。。。使い捨てです。
脱装着もマグネットでカチャリと手軽すぎ。違うリキチャは避けた方が無難だと思います。
私はRAINBOW購入と同時にコイルセットも購入し、いろんなリキッドを入れて気分によってカチャカチャしています。

2018-06-05 22:15:44
POD型のとっかかりに抜群

mybluが日本でも発売となった今、更にrainbowの良さが目立つのではないでしょうか?
お気に入りのリキッドも入れられるし、交換用podのコスパでも上回っています。
mate1購入前にrainbowが出ていればrainbowでゴールしてたかもしれません。
mate1かrainbowのどちらかは持ち出しはかかせません。
値段もかなりがんばっていると思うので試しに買って見ても良いのでは??

レインボーの紹介動画

脱タバコ・スタイル

脱タバコ・スタイル
紙巻きタバコやめてそろそろ1週間、正直吸いたくなる瞬間は何回かありましたが、なんとかアイコスで凌いでいます(汗)

今の私だと節約になることがわかっていても、アイコスなしで紙巻きタバコを辞めるのは難しいと思っていますが、平日の仕事モードであればレインボーメインで、たばこっぽさが欲しくなったときにアイコス・・・これで過ごせています。

気分でアイコスの代わりにグローに変えたりもしましたが、レギュラー派の私にはアイコスの方がしっくりきますね。

逆に最近困っているのがプルームテック・・・喫味や特性を考えるとレインボーともろかぶりなんです。

コスト面、ミスト量、フレーバー種類など・・・ニコチンが摂取できること以外は全ての面でレインボーの方が上回っているので、とたんに出番がなくなりました(汗)

むしろニコリキ(ニコチン入りリキッド)を使えば、もはやプルームテックのメリットはなくなっちゃうんですよねー、困りました。

幸いたばこカプセルが何箱か余っているので、自宅用に気が向いたら使う感じの位置付けにしておこうと思います。

紙巻きタバコの値上がりで思ったこと

紙巻きタバコの値上がりで思ったこと
毎回値上がりする度に、辞めるか辞めないか迷っていたんですよね。

以前は紙巻きタバコしか選択肢がなかったので、値上がりしようと辞めることは出来ませんでしたが、今は違いますよね。

私の話をすると、口が寂しいだけのときは電子タバコで十分だし、たばこ感(ニコチン)が欲しいときはアイコスやグローがあります。

わざわざ値上がりした紙巻きタバコを選ばなくても良くなったのが、辞めようと思えた最大の要因です。

いつまで続くかわかりませんが、脱紙巻きタバコ生活を楽しんでみようと思います。

あとがき

つい先日ですが貯金箱を買ってきたんですよ。

どのタイミングでお金を入れているのかというと、ヒートスティックを2日間で消費できた日に、500円入れてます。

アイコス × レインボー生活を始めたときとタイムラグがあるので、まだ1,000円しか入ってませんが、年末には2万円くらい貯める予定です。

サバゲーで使うツナギでも買おうかなー。