こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

ちょっとサクッと紹介してしまいますが、今日は初めてのステルスMODのレビューです。

個人的にはフツーのが好きなんですが、流行ってるんですよねー。

気になっていた方、どうぞ参考にしてくださいませ。

ステルスMODって?

私の中でテクニカルMODの定番と言えば「ボックスMOD」と呼ばれるタイプ。

ピコなんかは典型ですが、箱の上にアトマイザーをドンっと乗っけるようなのが定番スタイルだと思ってますが、ステルスMODっていうのは、アトマイザーが埋まって本体と一体化しているように見えるヤツのことです。

と言っても、書くよりも見てもらうほうが早いので、雰囲気だけ知りたいよ!って方は後半の写真だけ、サクッと見てもらうとわかりやすいかもしれません。

今日はKIZOKUブランドのステルスMOD「TECH MOD」のご紹介です。

KIZOKU TECH MOD

KIZOKU TECH MOD

キゾク・テック・モッド

18650バッテリー仕様、最大80Wまで対応。24mmまでのアトマイザーが載せられます。洗練されたフルメタル製の高級感あふれるボディデザインが特徴です。
6,980円

ブランドKIZOKU
(キゾク)
製品名KIZOKU TECH MOD
(キゾク テック モッド)
サイズ78 mm × 49 mm × 24 mm
バッテリー18650シングルバッテリー
バッテリー付きセットは+1,000円です。
充電ポートType-C
出力電力1 – 80 W
出力電圧3.2 – 4.2 V
入力電圧5 V / 2 A
モードVW、VV、TC、Bypass
接続510スレッド
装着可能
アトマサイズ
φ 24 mmまで
保護機能・過電流保護
・低電圧保護
・オーバーヒート保護
カラー・ブラック
・シルバー
・ガンメタル

KIZOKU TECH MODレビュー

TECHMODのパッケージ
パッケージはシンプルだけど先進的でかっこいい感じ。
TECHMODを開封
開封するうとMOD本体がずどーん!
TECHMODのセット内容
セット内容は至ってシンプル、これだけです。
TECHMODのデザイン
小さいながらもディスプレイ搭載、パフボタンのデザインが好き。
TECHMODの充電側
逆面はシンプルで充電ポートがあるだけ。
TECHMODの台座部分
台座部分、アトマイザーを乗せる部分とか作り込みが丁寧で素敵です。
TECHMODの底
ベントホールは上にあるんで、底はシンプルにフラットです。
TECHMODのチューブ部分
バッテリー部分のチューブにはKIZOKUロゴが、カッケーなコレ。
閉めるとこんな感じ
バッテリーキャップは肉抜きされているので開けやすくて良き!
TECHMODの充電ポート
タイプCの急速充電対応だからサックサク!
TECHMODのディスプレイ
ディプレイは小型だけど十分見えます、シンプルでいいっすね。

アトマイザーはどんなのが良い?

TECHMODに乗せてみるアトマイザー

比較的RDAばかりなんですが、台座が下がってるので少し縦長なアトマイザーが良さそうってのは想像付きますよね。

あとは背の低いアトマイザーだとどんな感じに見えるのか、この辺も試してみたかったのでデトラビで試すことにしました。

それぞれのアトマイザーを装着したときの雰囲気は以下のような感じです。

AUGVAPE MERLIN(RDTA) × TECH MOD

AUGVAPEのMERLINを載せてみた

背の高いアトマイザーって、普通のボックスだと使いにくかったんですが、ステルスならスッゴイしっくり来る!

めちゃくちゃ良い感じやん、初っ端にして一番の組み合わせな気がする。

Eleaf melo3 mini(クリアロ) × TECH MOD

melo3 miniを載せてみた

ピコのスターターキットに付属するクリアロマイザー「melo3 mini」を載せてみました。

え・・・こも全然カッケーじゃん!

さっきのMERLINよりもシンプルなデザインなだけに、スッキリまとまってバランスがいいです。

HELLVAPE Dead Rabbit(RDA) × TECH MOD

デトラビを載せてみた

まさにステルスって感じになってしまいました、デトラビちゃんです。

これはダメねー・・・見てのとおり超ブサイク(汗)

当然ですが、手巻きでもクリアロでも高さのあるヤツじゃないとお話になりませんね。

TECH MODレビューまとめ

TECHMODの持った感じ

そーっすね、最初はちょっと苦手意識があったんですが、実際に手にとって見ると、思いの外カッコいい!と思いました。

もちろん、全てのステルスMODが・・・というよりはKIZOKUだからなのかもしれませんが。

あと、買ったはいいものの背が高すぎるという理由で全く使わなかったアトマイザーが、こんなところで役に立つとは思いもしませんでした。

とりあえず1台は持っておいても良いかもしれませんよ!

KIZOKU TECH MOD

キゾク・テック・モッド

18650バッテリー仕様、最大80Wまで対応。24mmまでのアトマイザーが載せられます。洗練されたフルメタル製の高級感あふれるボディデザインが特徴です。
6,980円

あとがき

KIZOKUブランドと言えば「KIRIN」がナンバーワンだったんですが、TECH MODもマイランクの上位にランクインしそうです。

スペック的にも十分ですし、なかなかオススメな一台だと思いますよ。

それでは明日も早いので、今日はこの辺で失礼します。

×