Flevoの互換機が登場!

こんにちは、モクログ管理人のげんちゃんです。

互換機と言えば、アイコスプルームテックにしかないと思っていましたが、なんと、禁煙グッズで人気の「FLEVO」にも互換機が登場しちゃいました(汗)

もしかしたら既に予想されている方も多いかも知れませんが、FLEVO互換機をリリースしたのはお馴染みのOcean-Cさん。

まずは、製品をご覧ください。

FLEVO互換機「Ocean-C充電式フレーバースティック」

キット内容バッテリー ×1
フレーバーカートリッジ ×2
(メンソール・エナジードリンク)
USBアダプタ×1
価格799円
サイズH:99.5mm × φ:8.5mm
重さ13.8g
出力150mAh

セット内容

セット内容
後ほどでFlevoの画像も掲載しますが、瓜二つ・・・そっくりです(汗)
化粧箱はお馴染みのOcean-Cのマークのみでシンプルなデザインです。

本体、USBチャージャー

本体、USBチャージャー
Flevoと何が違うのか?ロゴの違いくらいしかありません。
ただ、質感はFlevoがクリアブラックなのに対して、Ocean-C充電式フレーバースティックはマッドブラック
プルームテックがマッドブラックなのこともあり、Ocean-Cの方が高級感があります。

フレーバー・カートリッジ

フレーバー・カートリッジその1
フレーバー・カートリッジその2

スペース
フレーバー・カートリッジは2種類「メンソール」と「エナジードリンク」の2つ
同梱されているフレーバーもFlevoは「メンソール」と「たばこ味」、好みにも拠りますが、このエナジードリンク味はなかなか美味いです。
特筆すべきは先端の色、カラーで何を吸っているのかわかるように工夫がされています。

Ocean-C充電式バッテリー

Ocean-C充電式バッテリーその1
Ocean-C充電式バッテリーその2

スペース
バッテリー部分はFlevoより5mmくらい短めですが、出力やパフ数は同じです。
残念なのはLED部分・・・ここはFlevoの真似をしなくても良かったんじゃないですかね(汗)
せっかく高品質のバッテリー製造技術を持っているのに、なんだか勿体無い気がします。

LED部分

LED部分
光り方もFlevoと同じ、先端のイボイボが青く発光します。
先端のLED部分には3種類くらいパターンがありますが、個人的には一番安っぽいと思う仕様なんですよねー。

充電方法

充電方法
USBチャージャーもFlevoと互換性があり、ロゴが入っているかいないか程度の違いです。
I字型で、パソコンなどのUSBに接続するだけでOK。

FLEVOとの比較

Flevoキット内容
Ocean-Cキット内容
スペース
バッテリー比較長さ
バッテリー比較接続部

スペース
先程も触れたように、セット内容はそっくりですがバッテリー本体は少し短めです。
Ocean-Cの方が少しだけドローが重く吸い応えがあったのは、バッテリー接続部分に開けられたエアホールの数の違いにあります。
Flevoが4つに対してOcean-Cは2つなんですね、この部分を調整することで、吸ったときのスカスカ感を削減しています。

Ocean-C充電式フレーバースティックまとめ

性能面でFlevoとの大きな違いはなく、正直どっちを使ってもいいかなーと思いました。

ただですね、互換性については完璧なので、Flevoのカートリッジも普通に使えちゃいます。

スターターの価格が150円くらい安いので、2本目や交換用としてなら十分にありです。

Flevoにコダワル必要ってある?

プルームテックでは、当初純正プルームテックが品薄だったこともあり、互換バッテリーではなく「いつか純正も欲しい!」と思う方が多かったのですが、このFlevoについてはどうでしょうか?

私の経験上、互換品のクオリティは正規品などと比べても遜色なく、わざわざ高いお金を払ってまで正規品を買う必要はありません。

となると、ここで問われるのが正規品のブランド力・・・果たして「Flevoじゃないと嫌だ!」という人はどれくらいいるのか、気になるところです。

Flevoのインフラが使えるメリット

後発の互換品ならではですが、やはりFlevoのインフラコンビニカートリッジが買える)を使えるのはデカイです。

電子たばこに限らず、加熱式たばこにも同じことが言えますが、肝心のたばこ部分が手軽に買えるかどうかは非常に重要です。

本体価格もFlevoよりもリーズナブルで、性能やインフラ面も遜色ない、これがOcean-Cさんのデバイスのウリでしょうか。

あとがき

実はここ1週間、喉の調子が悪く咳き込んでばかりいました。

加熱式たばこはもちろん、VAPEも爆煙過ぎてムセてしまったのですが、Ocean-C充電式フレーバースティックって優しいですねー。

これだと不思議とまったくムセなんですよ、適度なミスト量とドローが丁度良いのかもしれません。

ということで、喉が治るまではOcean-Cを楽しみたいと思います。