DRAG Sにプロ版登場!前のもカッコよかったけど、プロはその3つくらい上のカッコよさ、オススメします!

5.0
DRAG Sにプロ版登場!前のもカッコよかったけど、プロはその3つくらい上のカッコよさ、オススメします! ベイプ
ベイプ

こんにちは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

皆さん、モクモクされてますかー?

今日は大好きなVoopooさんのブランド「DRAG」のポッド・シリーズに、プロ版が登場したということでレビューさせて頂きます

最近、お決まりのカタチのポッド型に飽きていたので、テンション高めっす!

もうカッコいい!しか書くことないんですけどレビューします。

DRAG S PRO ポッド型VAPE レビュー!

●オールラウンダー対応のフルサイズPOD。
●3000mAhの大容量バッテリー搭載。
●このサイズで自動吸引にも対応。
●クリックせずにロックやON/OFF可能なスライドスイッチ搭載。
●360°エアフロ―搭載し、想像を超える濃厚なミストを実現。
●リキッド注入口が隠れるギミックを搭載。
●SMART、RBAと、TCと機能も充実。
●SMARTモードがあるので、初心者でも安心。
●Type-C 2.5Aの急速充電に対応

初心者から上級者まで、これぞVAPEっていう爆煙を手軽に楽しめるのがDRAG S PROです!

しかもデザインも素敵で、お値段も良心的(5,780円)なので、超オススメの1台だと思います。

単に私が好き!ってだけなのかも知れませんが、とりあえず出来るヤツってのは街がないですよ。

従来のDRAG Sとは何が違う?

DRAG Sもカッコよかったんですが、プロは更に磨きが掛かってます。

大きな違いはポッド部分で、旧DRAG Sのポッドはいかにもポッドです!と言わんばかりのチープなデザイン

ですが、DRAG S PROのポッドは、もはやポッドと呼ぶには本格的過ぎるデザインと作りなんです。

コイルの抵抗値とかは同じですが、載せるポッドが違うとここまで雰囲気が変わるんですねー。

ポッドに互換性あり!

嬉しいことに従来のDRAG SやXと、このPROに同梱されている「TPP X Pod」には互換性があるんです

ただし、コイル自体には互換性はないので、「TPP X Pod」を使うときは専用のTPP-DMコイルを、PnP PodのときはPnPコイルを使うようにしましょう。

PnPコイル使いたいよー!って方はポッドさえあれば載せ替えられますので、お好きなポッドでどうぞ。

私はDRAG Sがかなり好きでPnP PodもPnPコイルも追加で結構買ってあるので、とても有り難いです。

スペック

メーカーVoopoo(ブープー)
製品名DRAG S PRO(ドラッグエス・プロ)
サイズ125.5 mm
34.5 mm
28.8 mm
バッテリーリチウムイオン内蔵
3,000mAh
タイプコイル交換式
ポッド型VAPE
出力(電力)5 – 80 W
出力(電圧)0 – 8.5 V
抵抗値0.1 – 3.0 Ω
充電5V / 2.5A
タイプC
リキッド容量5.5 ml
付属コイルTPP-DM1 Meshコイル:0.15Ω(60-80W)
TPP-DM4 Meshコイル:0.3Ω(32-40W)
ドリップチップ810規格
エアフロー360度
無限気流システムと下部気流の組み合わせ
モードスマートモード(自動調整)
RBAモード
TCモード
保護機能オーバータイム
短絡保護
過充電保護
最大電力保護
出力過電流保護
過放電保護
過熱保護
バッテリー逆保護

十分過ぎるスペックです、まあ元々DRAGシリーズのポッドってテクニカルMODとポッドのいいとこ取りみたいなヤツだったので、ハイスペックなのは予想してましたがそれでも凄い。

最大出力は80Wまで出せますし、付属のプリメイドコイルなんて0.15Ωと0.3Ωですからねー。

スティック型のポッドしか使ったことない人がコレ使ったら、きっと感動するんじゃないかな

あ、爆煙ってこういうのを言うんだ・・・みたいな感じで、もう見た目から何からカッコよすぎなんですよ。

パッケージやセット内容

このあたりは見ての通りなんですが、ポッドの存在感がヤバい(汗)

デバイス本体も細かい部分がちょこちょこ変わってますので、後ほど紹介していきます。

説明書は残念ながら日本語表記はなかったので、途中で読むのを諦めました

旧型とそれほど変わりはしないと思いますので、とりあえず使いながら・・・ですかね。

デバイス本体

正直そんなにボキャブラリー多い方ではないので、カッコいい!しか思いつかない。

前も書いた気がするんですが、金属とレザーの組み合わせって大好物なんですよ

しかも製品名「DRAG」って、なんか”とんがった”響きもまた素敵。

それでいて液晶まで搭載してるんだから大したものです。

TTP X POD ポッド

ちょっとしたクリアロみたいなデザインのTPP X Pod、これのカッコよさたるやもう・・・痺れます!

なにやら怪しいシールが貼ってありますが、これについては次項で紹介します。

コイルは従来と同じく底からフタをするような感じ、径がPnPコイルより一回りくらい大きくて、まるで入りませんでした(汗)

ちなみにドリップチップが810規格ということでしたが、なぜか我が家の810ドリップチップは全滅、なんでー!?

リキチャに面白いギミック搭載!

ポッドに貼られていたシール、押して回せ!って書かれてるんで回してみたら、リキチャ用の穴が登場ですよ!

何これ、無駄に面白い(笑)

ぶっちゃけ入れやすいのかな?とも思いましたが、とりあえず面白いので○です。

このTPP X Podはビジュアルだけでなく仕掛けも面白いポッドなんです!

エアフローは無段階調整

これも旧型と変わった部分で、エアフローはこのリングを回して調整する仕様になりました。

本体付近に超小さいエアホールも用意されており、MTLを楽しむことも可能なんだとか。

まあ私はどばーっと吸えればいいので多分使わないけど。

「360°エアフロー」という新機構らしく、過去最高レベルの濃厚ミストを楽しめるそうです!

付属のコイル

まずは0.3Ωのメッシュコイル、推奨ワッテージは32Wから40Wだそうです。

これでも十分過ぎるくらいモクモクしますが、まだまだ序の口。

自分では絶対にやらない低抵抗値・・・0.15Ωですって。

推奨ワッテージは60Wから80W、ポッド型VAPEでこの組み合わせは殺人的。

DRAG S PROの使い方

●電源のON/OFF・・・パフボタン5回押し
●ワッテージ等調整・・・プラス・マイナスボタンで増減
●デバイスロック・・・スライドボタンでロック&解除
● 設定画面(モード切り替えなど)・・・プラス・マイナスボタンを同時長押し
 ・モード切り替え
 ・スイッチの動作変更

設定画面では、モードの切り替えとスイッチの動作変更を決めることが出来ます。

デフォルトで用意されいるのは、SMART(自動調整)とRBAモード、温度管理モードは公式サイトからダウンロードしないといけないみたい。

スイッチがなかなか優秀で、ロックだけかと思ったら、電源のON/OFFスイッチとして使うことも出来ます

旧型に搭載されていたランキングモードみたいなのは今のところないみたいですね。

DRAG S PROまとめ

このクラスのデバイスなら5,780円はリーズナブルなんじゃないかなー。

きっとデザインにビビッと来た人が買うんでしょうけど、実際に使ってみると、カッコいいだけじゃないってことに気づくと思いますよ

しかもプリメイドコイル交換式で常用するのにコスパもいいし、ポッド型だから使い方も簡単・・・と。

非の打ち所がないんですよ、コレ。

ということで、私はDRAG S PROをめっちゃオススメしてます!

あとがき

DRAGのポッド・シリーズはやっぱカッコいいよなー。

旧型が出たときは、これよりカッコいいのなんてないだろう!って思ってたのに、もっとカッコいいのが発売されちゃうんだから参ります。

とりあえずリキッド入れ過ぎたので、夜空を眺めながら深夜のベイピングを楽しみたいと思います。

それでは今日はこの辺で、おやすみなさい。

×

コメント

タイトルとURLをコピーしました