コイル交換型ポッドVAPE「VOOPOO DORIC 20」レビュー。うーん、可もなく不可もなくって感じですかね。

コイル交換型ポッドVAPE「VOOPOO DORIC 20」レビュー。うーん、可もなく不可もなくって感じですかね。 ベイプ
ベイプ

こんにちは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

ついに12月4日(土)が来ました!!

何の日?って2021年最後の楽天スーパーセールが始まる日です。

昨日も記事を書き終えてから色々物色してたんですが、本番は20時から!

今回の商品提供シて頂いたベプログさんも楽天ベプログショップ内でビッグセールを開催予定とのことなので、是非チェックしてみてください。

さて、今日のレビューは昨日に引き続きポッドタイプなんですが、形状がチューブ型になります。

VOOPOOさんのポッド型デバイスDORIC 20」をご紹介します

VOOPOO DORIC 20レビュー

VOOPOOさんのDORIC 20には以下のような特徴があります。

  • チューブ型
  • コイル交換式のポッドタイプ
  • 新型コイルと液漏れ対策
  • エアフロー調整可
  • 60分でフル充電可能な急速充電
  • バッテリー残量が少なくてもミストが変わらない
  • 底の接地面にラバーを採用

最近のデバイスって、どれもハイスペックだったりよく考えられているので、現時点ではそれほそ目を引く特徴はありません。

後ほどスペック表を掲載しますが、抵抗値も高めなので爆煙を楽しむような製品ではありません。

使いやすそうではありますが、どちらかと言うとVAPE初心者向けかなー、と思います

スペック

doric20のカラーバリエーション
メーカーVOOPOO
製品名DORIC 20
形状チューブ
タイプポッド型ベイプ
コイル交換式
サイズφ : 19 mm
H : 124 mm
重さ47.9g(実測)
バッテリー内蔵リチウムイオン
1,500 mAh
出力範囲
抵抗値
8W – 18W
3.2V – 4.2V
0.7Ω – 1.2Ω
充電TYPE-C
5V / 1.5A
急速充電60分
エアフロースライド式
4段階
リキッド容量2.0 ml
コイル1.0Ω(ITO-M2)/10-14W
1.2Ω(ITO-M3)/8-12W
カラー・ライトグレー
・アイスブルー
・オリーブグリーン
・パールゴールド
・ローズゴールド

大容量バッテリーに急速充電対応、更にはエアフローも調整できる、ハイスペックモデル。

ただ、出力範囲とコイルの抵抗値などからもわかる通り、爆煙ぼわーって使い方ではなく、手軽に美味しくリキッドを楽しむ為のもの

コイル交換式なのでポッドをまるごと交換するタイプに比べるとコスパは良さそうですが、その分手間も掛かるんですよねー。

ちなみに私はかなりの面倒臭がり屋なので、ポッドごと交換したい人です(汗)

パッケージとセット内容

doric20のパッケージ
doric20のパッケージ開梱
doric20のセット内容

かなり簡易的なパッケージで、アクセサリーは本体の台座の裏に挟まってました。

セット内容は通常通りで、DORIC本体とカートリッジポッド、コイル2個(1.0Ω+1.2Ω)、USBケーブルと説明書。

昨日も思ったんですけど、VOOPOOさんの説明書って各国に翻訳されているのに日本語だけないんですよね・・・世界的に見ると日本ってまだまだシェアが低いってことなんでしょう。

いつか日本語バージョンも出来て欲しいなー。

デバイス本体

doric20の本体
doric20の本体裏
doric20のエアーフロー調整部分
doric20のラバーの底

ただのチューブPODなんですが、作りはかなりイイです。

デザインもシンプル&スタイリッシュで、質感が特に素晴らしい。

直径わずか2センチ弱のボディを合金マテリアルで仕上げているので、この手のタイプにしては手触りが抜群にいいんですよ。

底のラバーも傷がつきにくく、且つ、立てて置くのに便利で、クオリティ高いですね。

カートリッジポッド

doric20のカートリッジポッド
doric20のカートリッジポッドのリキチャ挿入部分
doric20のカートリッジポッドのリキチャ挿入部分パッキンを開けた状態

カートリッジの透明度が高いので、リキッド残量などがひと目で分かる仕様。

リキチャはボトム側面のパッキンを剥がすと”チャージホール”があるので、そこから入れるようです。

コイル交換式なので、洗って使い回せるのはこのタイプのメリット。

あ・・・リキチャするときはコイルを装着してから入れてくださいね。

専用コイル

doric20のプリメイドコイル
doric20のカートリッジ2コイルを挿すイメージ1
doric20のカートリッジ2コイルを挿すイメージ2

コイルをカートリッジポッドの底からぶすっと挿します。

奥までしっかり入れると、2重のOリングが液漏れを防いでくれます。

商品ページには「過去最高の液漏れ防止対策」がなされているとのこと。

エアフローの調整

doric20のエアーフローを調整しているイメージ

ちょっと写真がズレてカクカクしてますが、パフボタン裏側のスライドで4段階まで調整できます。

穴が3つ空いている状態が全開で、穴が見えなくなると、空気がほとんど取り込まれないので、ドローがかなり重くなります。

スライド式は操作しやすいのでいいですよね。

VOOPOO DORIC 20 まとめ

普通にカッコいい、というか美しいフォルムで良いんですが、なんていうかコレという特徴を見いだせませんでした

デザインもスペックも仕様も含めて、どれも高いレベルにあると思うんですが、ビビッと来なかったんです。

強いて言うなら、リーズナブルな価格帯が魅力で、スターターキットがコイル2個つきで2,970円で買えることですかね。

似たような商品が山程売られているので、それらとの差別化、という点では弱いかなーと思います。

ちなみにもし購入を考えているなら楽天スーパーセールを活用するほうがいいです。

クーポンや割引もあるので、20時過ぎにチェックしてみてください!

あとがき

先程、子供たちと一緒に卓球をやってきたんですが、ついに長男に勝てなくなりました。

我が子の成長を実感できて良かったんですが、もういい勝負すら出来ないことがどこか寂しくもあります。

なお、最近レビューしている商品で吸ってないものが多々あるんですが、これプレゼント企画用になるべく汚さないようにしています。

ちょっと物足りないレビューで恐縮ですが、年末に予定してますのでお楽しみに。

×

コメント

タイトルとURLをコピーしました