初心者にオススメ!エミリ・ミニ プラスをレビュー

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

プルームテックが脚光を浴びた頃、ペン型電子タバコとして大ブレイクしたのが「EMILIではないでしょうか。

今回は、その「EMILI」がバージョンアップして、より手軽に、そして便利になったエミリ・ミニ プラス(EMILI MINI+)」のご紹介です。

何が凄いって?それは読んでからのお楽しみですが、1つ断言出来ます。

コイツは最強の初心者向けVAPEだ!

これまで数々のデバイスをレビューしてきましたが、今度はVAPEリキッドも試してみたいなーっていう方に是非読んで頂きたい、オススメの一品です。

ちょっと長くなりますが、お付き合いの程、宜しくお願い致します。

EMILIって一体なんなのさ?

楽天ランキング1位
EMILIシリーズは、米国トップシェアを誇るスミス社(smiss社)が提供する電子タバコのラインナップです。

日本では、メインのEMILIが2015年の発売から着実にファンを増やしていき、昨年2016年には楽天のホビー部門年間ランキングで1位を獲得するくらい大人気アイテム。

ちなみに、今回ご紹介する「エミリ・ミニ プラス」もホビー部門1位にランクイン、オススメの理由を5つにまとめました。

まるで電子タバコのような使い勝手

自動吸引システム
ちょっとわかりにくい表現ですが、当サイトでは、リキッドが補充できてバッテリー充電式のものをVAPEと呼ぶことにしており、使い捨てのものを電子タバコと呼ぶようにしています。

以前レビューしているフレヴォ(FLEVO)」は、バッテリー部分は充電式ですが、カートリッジ部分が使い捨て+リキッド補充できない為、電子タバコの位置付けです。

電子タバコの最大の特徴は、ボタンなどが一切なく、自動吸引システムを採用していること。

対して、VAPEはファイヤボタン(電源ボタンなど)を押すことで、はじめてミストが出る仕組みなのですが、この「エミリ・ミニ プラス」は、VAPEのくせにボタン無しの自動吸引システムが採用されているんです!

ボタン操作が一切ない自動吸引システム、これが1つ目のポイントです。

くわえタバコも可能な超コンパクトサイズ

コンパクト&スリムデザイン
VAPEというと、ゴツゴツしたボディにガシッとしたアトマイザーをイメージしがちですが、「エミリ・ミニ プラス」は超コンパクト

どれくらいコンパクトかと言うと、ロングの紙巻きたばこと同じサイズです。

プルームテッカーの私としては、このスタイリッシュなデザインは大好物なんですよ。

電子タバコもみな似たような形状なので、電子タバコを卒業してVAPEデビューする際にも、違和感なく使えるのでオススメです。

スタイリッシュなコンパクトデザイン、これが2つ目のポイントです。

小さいクセに本格的

進化したアトマイザー
もの凄くコンパクトなので不安になりますが、爆煙とはいかないまでも、プルームテックとは比べ物にならないくらいミストが出ます

構造は少し独特ですが、アトマイザーもちゃんとしており、小さいけどVAPEなんです、驚きました(汗)

更に、タンク部分も工夫してあり、リキッドが入れやすいのは嬉しい点。

付属のリキッドであればスポイトなしでも入れられるので、他に用意しなければならないものもありません。

見出し通りですが、小さいクセに本格的、これが3つ目のポイントです。

意外なものとの互換性

FLEVOとの互換性
実は「エミリ・ミニ プラス」は、他のEMILIシリーズとの互換性がなく、更にアトマイザーがコイル内蔵の為、いつかは使えなくなってしまうのが気になっていたのですが、意外なものと互換性がありました。

その意外なものとは、ズバリ「FLEVO」です!

もちろん、正規代理店さんで、替えのアトマイザーや、カートリッジ(リキッドが既に入っている使い捨てのもの)も売っていますが、コンビニにも売っている「FLEVO」のカートリッジ互換性がありました。

接続部のオスメスが同じだったので、もしや、と思って差し込んでみたら普通に使えたんですよ。
*「FLEVO」バッテリー+「EMILI MINI+」アトマイザーの組み合わせも使えました。

コンビニでカートリッジが買える、これは普段使いをする上でかなり重要な点です。

FLEVOカートリッジが使える、これが4つ目のポイントです。

2本セット+ケース充電式

充実の2本セット
見ての通り「エミリ・ミニ プラス」は2本セットになっています。

2本セットはかなりメリットがありまして、1つは充電切れの予備バッテリーという使い方が出来ること。

もう1つのメリットは、2種類のフレーバーリキッドを持ち歩けるということです。

タンク式のアトマイザー(クリアロマイザー)はリキッドがなくなるまで味の変更が出来ないというデメリットがあるのですが、「エミリ・ミニ プラス」であればアトマイザーも2つ付いてくるので、2種類楽しむことが出来ます。

リキッドを持ち歩けば良いのかもしれませんが、ビジネスマン的には、会社にリキッドを置いておくのも、持ち歩くのもイヤなので、非常に有り難いです。

しかも、EMILI特有の充電機能付きのケースなので、持ち歩くのも簡単ですし、バッテリー切れで充電する際も、USBケーブルさえあればOKなのでかなり便利。

この充実のセット内容が5つ目のポイントになります。

エミリ・ミニ プラス人気の秘密まとめ

1.難しい操作が一切ない、自動吸引のシンプル設計。
2.スタイリッシュなコンパクトデザイン。
3.最小ボディのVAPE
4.互換性で利便性アップ
5.携帯性抜群のセット内容

こりゃ売れるワケですよ、特に禁煙目的や、電子タバコからリキッドに興味を持った人には「どストライク」な商品ですからね。

もちろん、これをキッカケにVAPEにどっぷりハマる人もいるかと思いますが、最初の1台には価格帯もセット内容も充実し過ぎているんです。

だって、この「エミリ・ミニ プラス」、買うと10種類のリキッドまで付いてくるんですよ!?

それで税込み4,980円(送料無料)ってお得過ぎます(汗)

「爆煙とか、たばこカプセルも同時に使いたい!」っていう人には、「プレゼントにも最適!べプログさん一押しのプルームテック上位互換セット”JUSTFOG P16A”が凄すぎる!」で紹介したVAPEがオススメですが、「難しいのはイヤ!まずは手軽にVAPE気分を味わいたい!」そんな人には、これ以上オススメのものはありません。

エミリ・ミニ プラスの詳細

スターターキット内容

EMILI MINI+セット内容
EMILI MINI+ケース&本体

凄くシンプルで、EMILI MINI+2本が入った充電機能付きケース。
USBケーブルに説明書、あとは良くわからないけどカードが一枚同梱されていました。
ケースを下にスライドさせると中から本体が登場、メタリックブラックが思ったよりも高級感があって気に入ってます。

EMILI MINI+のパーツ説明
EMILI MINI+各部名称
エミリ・ミニ プラスは分解すると3つのパーツにわかれます。
バッテリー部分とアトマイザー(タンク部分)、小さいパーツは吸引口です。
アトマイザー(タンク部分)はコイル内蔵式の為、これ以上分解出来ませんでした。

バッテリー部分

EMILI MINI+バッテリーLED部分
EMILI MINI+バッテリー接続部分

エミリ・ミニ プラスのLED部分は、充電する際の接続部分も兼ねているのでちょっと変わった形をしてますね。
吸引すると透明部分から青い光が漏れるようなデザインで、なかなか格好いいです。
接続部分が窪んでしまっている為、残念ながらプルームテックとは互換性がありません。

アトマイザー(リキッドタンク)部分

EMILI MINI+アトマイザー・リキッドタンク部分
EMILI MINI+アトマイザー接続部分

吸引口を外すと、写真のようにタンクの空洞部分が見えます。
中心部分はミストの通り道(通気口)なので、リキッドを入れてはいけません。
コイル部分は外せませんが、しっかりと接着されている為、ここからのリキッド漏れはなさそうです。

吸引口

EMILI MINI+吸引部分(表)
EMILI MINI+吸引部分(裏)

分解すると気付きますが、想像以上に小さいパーツです。
裏側を見ると、液漏れ防止用にパッキンが組み込まれています。
パッキンが痛むとリキッド漏れの原因にもなりますので、洗浄する際は要注意です。

充電

EMILI MINI+フタの内側
EMILI MINI+充電中

エミリ・ミニ プラスは充電中はケース下部が青く光り、充電が完了すると消灯します。
ACアダプターは付属していませんので、パソコンなどのUSBケーブルに挿すのが良いです。
1本だけでも充電は可能ですが、アトマイザーなどを全部装着した状態でないと充電出来ないので、そこだけお忘れなく。

エミリ・ミニ プラスの使い方

アトマイザーをバッテリーから取り外す。

STEP01:本体からアトマイザーを外す。
アトマイザーを反時計周りに回し、本体から取り外します。

アトマイザーから吸引口を取り外す。

STEP02:吸引口をアトマイザーから外す。
更に吸引口を反時計周りに回し、アトマイザーから取り外します。

タンク内にリキッドを注入。

STEP03:タンクにリキッドを注入。
中心部分を避けてリキッドを注入、この時タンクの7割くらいを目安に入れましょう。

パーツを戻したら吸うだけ

STEP04:すべてセットし直して吸引。
アトマイザーに吸引口をセットして本体に装着、あとは吸うだけです。

おまけ:エミリのシリーズ

大人気のEMILIシリーズですが、それぞれ特徴が違うので興味のある方はどうぞ。

最後に一覧も載せておくので、参考にしてください。

EMILI / エミリ

EMILI(エミリ)

特徴はなんと言っても1300mAhバッテリー内蔵の充電機能つきケースです。
EMILI付属のケースはアイコスチャージャーのような役割なので、充電切れの心配がありません。
本体はボタン式である点とアトマイザーがコイル交換式であることです。

EMILI MINI / エミリ・ミニ

EMILI MINI(エミリ・ミニ)

今回紹介したミニ プラスの前モデルがコレ、バッテリーを省いた充電機能のみのケース。
本体はEMILI同様で、ボタン式+コイル交換式となっています。
特徴はとにかくリーズナブルな点、シリーズ中最安値で購入できるのがEMILI MINIです。

EMILI LIGHT / エミリ・ライト

EMILI LIGHT(エミリ・ライト)

ミニ プラスと迷ったのがコレ、EMILIのバージョンアップ版と言っても良いモデルです。
1100mAhバッテリー搭載の充電機能付きケースはもちろんですが、このモデルから自動吸引システムが採用されています。
アトマイザーはコイル交換式ですが、バッテリー内蔵タイプはちょっとお値段も高めなので辞めました(汗)

EMILI MINI+ / エミリ・ミニ プラス

EMILI MINI+(エミリ・ミニ プラス)

ケースはミニと同様の充電機能のみですが、このモデルが一番最新バージョンの本体が付いてきます。
まず、自動吸引システム採用バッテリーであること、更にアトマイザーが進化しており、プラスチック製からガラス製に素材を変更したことで、よりクリアな味わいを実現したモデルです。
値段もミニよりちょっと高いだけなので、私にはお手頃だったんですね。

EMILIシリーズ比較表

シリーズ名 EMILI EMILI MINI EMILI LIGHT EMILI MINI+
本体
サイズ
10.0cm × Φ0.9cm 10.0cm × Φ0.9cm 10.0cm × Φ0.9cm 10.0cm × Φ0.9cm
本体
バッテリー部分
ボタン式 ボタン式 自動吸引式 自動吸引式
本体
アトマイザー部分
プラスチック素材
コイル交換式
プラスチック素材
コイル交換式
プラスチック素材
コイル交換式
ガラス素材
コイル内蔵式
ケース
サイズ
12.0cm × 6.0cm 12.0cm × 3.0cm 12.5cm × 4.0cm 12.0cm × 3.0cm
ケース
機能
充電機能
バッテリー内蔵
(1300mAh)
充電機能 充電機能
バッテリー内蔵
(1100mAh)
充電機能
価格
(楽天参考)
5,980円 3,980円 5,440円 4,980円
オススメ
POINT
定番 とにかく安い!
コスパ一番
EMILIのバージョンアップ版!
スタンダードを買うならこっち
最新型!
コスパはそこそこ

EMILI MINI+補足

スペース
気になるミスト量についてはショートムービーを参考にしてください。

なかなかハイパフォーマンスで、コンパクトな割に結構ミストも出ますし、ドローも重めなので吸った感があります。

4種類あるEMILIシリーズを選ぶコツとしては、やはり価格とケース部分を最初に考えて、次に本体の機能で検討すると良いです。

ボタンの有り無しやアトマイザーの違いもありますが、スタンダードEMILI以外は特徴がしっかりありますので、何に重きを置くかも重要ですね。

先程の一覧表に特徴も記載してありますので、参考にしてみてください。

また補足ですが、エミリ・ミニ プラスから採用されている新型アトマイザーのメリットとデメリットも記載しておきます。

メリット:
コイル交換式に比べて密閉度が高い為、接続部分あたりでのリキッド漏れが大幅に減少しています。
好みにも寄りますが、吸引口も格好よくなったと思います。

デメリット:
コイルが交換できない為、アトマイザーごと買い換えなければならないので、交換時に倍の値段が掛かります。
(アトマイザーごと交換すると1,000円ですが、コイルだけなら500円です。)

メリット・デメリットはありますが、以前のタイプに比べてリキッドも入れやすく、リーズナブル&デザインも抜群なのでかなり気に入っています。

使い捨て電子タバコよりもコスパが高く、ちょっとしたVAPE気分も味わえる「エミリ・ミニ プラス(EMILI MINI+)」オススメですよー!

あとがき

果たしてEMILIをVAPEと呼んでいいものか、あとがきを書いている今も悩みますが、想像以上に良い製品だったので正直驚いています。

一度爆煙を知ってしまうと物足りなさはありますが、このコンパクトさとデザイン性、コスパを考えたら普段使いやデビュー用としてはかなりオススメだと思います。

次回からVAPE関連のレビューはオール・イン・ワン機からテクニカルMOD、来年半ばにはメカニカルMODのレビューまで出来れば・・・と思っています。

併せてアトマイザーやらリキッドやらのレビューもボチボチしていくと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。