こんにちは、寄稿者まーろです!

ここ日本では従来の紙巻きタバコに代わり「加熱式たばこ」という次世代喫煙スタイル流行している昨今ですが、欧米を中心に大ブーム電子タバコVAPEベイプ)」はご存知でしょうか。

既にご存知の方も多いと思いますが、恥ずかしながら私はごく最近知りました(汗)

日常的にはアイコスをメインに、紙巻きタバコと併用して吸っている気分屋の私ですが、VAPEもとうとう私の愛煙レパートリーに仲間入りしたのでご紹介させてください。

話題のターレスをアイコス・ユーザーがレビュー

話題のターレスをアイコス・ユーザーがレビュー
私が初めて買ったのがEasyVAPE TARLESSターレス)」というVAPE

コレ、国内最大級クラウドファンディングサイト「MAKUAKE」で、支援金額達成率1,294%、支援者数1,082人というメガヒットを記録したそうで、今年一番話題になっているベイプ

なぜ購入したのか?

どんな特徴があるのか?

その辺を中心にお届けします。

そもそもVAPEってどんなもの?

電子タバコはアイコスのような加熱式タバコと異なり、リキッドという液体を電気の力で加熱し、発生した水蒸気を吸引する疑似タバコのこと

VAPEの場合はリキッドという液体を注入するのですが、そのリキッドの味の種類は何千とあり、たばこの比ではありません。

定番のタバコ味やメンソール系だけでなく、フルーツにデザート系などさまざまなフレーバーを楽しむことができるとか。

アイコスや紙巻きたばこでは考えられないような味が豊富にあるので、ちょっと楽しみですねー。

VAPEを買ってみた理由

実は以前からVAPEというものには興味はありました。

ただ、調べているうちにちょっと難しそうな印象も持っており、なかなか手を出せずにいたのですが、そんな私を決断させた事件がたばこ税増税ですね(汗)

ただでさえ少ないお小遣いで遣り繰りしている私にとって、この増税は大打撃ですよ。

VAPEはコスパがいいとのことだったので、アイコスや紙巻きたばこに変わる代替品が必須になった・・・そういうことです。

なぜターレスなのか?

恥ずかしながらミーハーなので「みんなが良い!」というものを買ってしまうんです(笑)

だって、クラウドファウンディングで支援金達成率1,200%超えの話題製品ですよ?!

VAPEって色々な種類の製品が出回っていますよね。

初心者なりに色々比較してみたワケですが、いくつか決め手となった特徴がありますのでご紹介します。

サイズ感と作りが抜群に良い

サイズ感と作りが抜群に良い
特別小さいワケではないのですが、なんと言っても「薄い」のが良いんです。

アイコス・チャージャーと比較してみると、高さはほとんど変わりませんが幅と奥行きは半分くらいとコンパクトで、ポケットに入れたときの収まりが良さそうじゃないですか。

しかも、他のベイプと違ってフタがあるのが新しいですよね。

VAPEで人気のpicoとかも考えたのですが、むき出しの吸口から中の液体が漏れたらどうしよう(汗)という不安があったのですが、そんな不安を見事に解消してくれています。

プルームテックが試せる

プルームテックが試せる
根っからのアイコス・ユーザーということで、プルームテックは買ったことがないのですが、なんとコレ・・・プルームテックの「たばこカプセル」が試せるらしい!

プルームテックも気になっていたので、なんかお得な気分です。

プルームテックが気になっていた人は、買う前にターレスで試して見るのもアリかもしれませんよ。

VAPEリキッドだけでなく、たばこカプセルも試せる・・・話題になるワケです。

メンテナンスが不要

メンテナンスが不要
こればっかりは使ってみないと判断できませんが、どうやらメンテナンスがいらないみたいです。

私がVAPEになかなか着手できなかった理由の1つは、まさにこのメンテナンスの問題。

VAPEってアトマイザーという噴霧器を洗ったり、コイルというパーツを交換したりしないといけないらしく、アイコスの掃除すら面倒な私にとってハードルが高かったんです。

ターレスは、カートリッジと呼ばれるものをスポッと交換するだけで良いので、メンテナンス要らずとのこと。

初心者的にはこのメンテナンス不要というのは、かなり魅力的です。

使い方がとにかく簡単

使い方がとにかく簡単
ボタンは1つだけなので迷いようがありませんが、使い方もめっちゃ簡単

調べた限りVAPEはリキッドを補充しながら使うみたいですが、味を変更したいときに水洗いするなどの手間がありましたが、ターレスではカートリッジそのものを変えるだけで良いので、そういう手間もないみたいです。

更に、リキッド補充も簡単ですし、操作もボタンを押しながら吸うだけということで「これなら私でも使える!」と思いました。

まさに私が求めていたのはこういうVAPEなんです。

ターレスの基本的なスペック

サイズ:106mm x 38mm x 14mm
電力:32W
電圧:3.2~4.2V
バッテリー容量:900mAh
抵抗値:ロングカートリッジ/1.6Ω ショートカットリッジ/1.2Ω

ピンとこない言葉が並びますが、ぶっちゃけどうでもいいですね。

管理人げんちゃんサン・・・ごめんなさい、コメントは割愛します(笑)

ターレスご開帳

箱を開けると、本体と付属品が入っています。

アイコスをはじめて買ったときのことを思い出すと、タバコを挿して、ボタンを押して・・・となんとなく使い方を想像できたのですが、ターレスは複雑な予感(汗)

「なんだこれ?」と手にとる2つの透明な入れ物・・・、これがどうやらカートリッジと呼ばれるものみたいです。

カンタン、カンタンと書きましたが、見慣れないものばかりで、いきなりノックアウト寸前まで追い詰められましたが、ここで救世主が登場です。

お手製の説明書!

この説明書のお陰で、モノの名前と使い方を理解することが出来ました。

実際にターレスで使うものは2つのパーツだけで、本体とカートリッジのみ。

なるほど・・・訂正します、これは超カンタンだ(笑)

ターレスの超簡単な使い方

これは説明書に書いてある通りなのですが、まだ買ったことがない人向けに、ターレスの簡単さをご紹介しようと思います。

構造さえ理解すればなんてことはないので、これから買おうと思っている方も安心してください!

アイコス・ユーザー且つ、VAPE初心者の私でも出来ましたので。

STEP01:本体からカートリッジを取り出す

STEP01:本体からカートリッジを取り出す
2個同梱されているカートリッジの1つは本体に既にセットされていますが、吸口が長い方がロングカートリッジ、短い方がショートカートリッジだそうです。

STEP02:カートリッジにVAPEリキッドを入れる

STEP02:カートリッジにVAPEリキッドを入れる
カートリッジのフタは小さく、落としたり、無くしやすいので注意してください。
私は、2回入れて2回とも落としました(汗)

STEP03:カートリッジをセットする

STEP03:カートリッジをセットする
カートリッジの底面にも磁石がセットされており、ある程度差し込むと吸い込まれるようにカチッとはまります。

STEP04:ボタンを押しながら吸う!吸う!吸う!

STEP04:ボタンを押しながら吸う!吸う!吸う!
充電の残量は、本体の小窓が光る「色」によって残量がわかります。
白:100%~80%
青:80%~60%
緑:60%~40%
紫:40%~20%
赤:20%~0%

通常の操作

STEP1-3が終わっていれば、あとは吸いたいときにボタンを押して吸う(STEP04)だけ。

カートリッジの中のリキッドがなくなったら、またリキッドを入れ直す(STEP02)だけ。

ね!?簡単でしょ。

電源のON/OFFはボタンを5回押すだけなので、ポケットにしまうときなどは、誤作動防止にカチカチしておくと良いと思います。

オススメの使い方

これは管理人のげんちゃんサンに聞いたのですが、スターターキットには、リキッドが2種類とカートリッジが2つ付いてくるので、それぞれ違うリキッドを入れると良いそうです。

なぜかと言うと、違う味を試したいときにカートリッジごと交換するだけで良いからだそうです。

ターレスも同様ですが、同じカートリッジで味を変えるときは、中を洗わないと味が混ざってしまうらしく、VAPEの面倒臭さの1つでもあります。

ですが、ターレスカートリッジ使い捨てタイプで、カートリッジごと交換できるので、○○味用のカートリッジと言った具合に準備しておくことで、洗う手間なく色々なフレーバーを試せるとのこと

別売りのカートリッジ単品も買っておけば、ターレス1つで色々な味を楽しむことが出来そうです。

ターレスで初VAPE!吸ってみた

まず側面のシルバーのボタンを5回押して電源をいれます。

ポチポチポチポチポチ( ^ω^)・・・

吸う部分をくわえたら、ボタンを押しながら煙草を吸うのと同じ要領で吸っていきます。

すーすー・・・ぶわっ(笑)

これは不思議です、たばこの煙みたいなものがブワーっと出ました!これがベイプというものか。

アイコスとは比べ物にならないくらいの煙の量、これが水蒸気というから驚きです。

吸いたい時に吸える、一吸いだけでも吸えるので、この手軽さは良いですねー。

ちなみに、フタは磁石式になっており底にパチっとくっつけることが出来ます、ナイスアイデア!

4種類の味と、プルームテックのカプセルで試してみた。

4種類の味と、プルームテックのカプセルで試してみた。
今回は、げんちゃんサンに2つもらって4種類全部試してみました。

  • タバコ
  • 巨峰メンソール
  • ドライバーズメンソール
  • バニラタバコ

あと、プルームテックのたばこカプセルも試してみました。

果たして味わいはいかに?

タバコ味

タバコ味
タバコ味ってうまく表現できないのですが、なんとなくコーヒーのようなフレーバーも感じます。

個人的には好きですが、そもそもタバコ味ってどんな味のことを言うんだろうか。

苦旨って感じ?

巨峰メンソール味

巨峰メンソール味
巨峰メンソールは、巨峰というか、ブドウ全般というか、あまい香りが漂っている感じです。

コレは大好きな味です!

普段はメンソールを吸っていないのですが、あまりメンソールを感じさせないので、私的にはかなりお気に入り。

香りよし、味よしの100点満点です。

ドライハードメンソール


うん、これはメンソール・・・これこそがメンソール!

メンソール好きな方には是非お勧めしたいです。

どうやらカフェインも入っているようですので、眠気に聞きそうです。

その名の通り「ドライハード」ですね。

バニラタバコ

バニラタバコ
バニラタバコということでしたが、タバコ味を少しだけ甘くした感じ。

ほんのり甘く、後味がバニラっぽい。

カートリッジが2個しかなかったので、少し混ざってしまったかも(汗)

少し甘めのレギュラー味が好きな人にオススメです。

たばこカプセル

たばこカプセル
国内で販売されているリキッドはニコチン0なので、基本的にはVAPE=ニコチンは含まれません

ですが、ロングカートリッジに「たばこカプセル」を挿し込めば、ニコチンも多少摂取できるということで、早速試してみました。

たばこカプセルのレギュラーを、たばこ味リキッドで試す・・・うーん。

もともとプルームテックはニコチン感が少ないので、予想はしていましたが、ニコチンを感じられたかと聞かれると「?」。

ちょっぴりニコチンが含まれているんでしょうけど、もともと強めの紙巻きたばこを吸っていた私にはちと物足りない

ニコチン感を高める裏技

国産のリキッドにはニコチン入りのものは販売されていません。

なぜなら、ニコチンは薬事法によりニコチン入りのフレーバーを販売してはいけないからです。

ターレス惜しい!これでニコチン感が上がればサイコーなのに!!!

と思ったら、個人輸入という裏技がありました。

さすがげんちゃんサン、加熱式たばこ一斉値上げ・・・続けるか悩んでいるならニコチン入りのリキッド試してみたら?購入方法を図説します!の記事(クーポンあり)で詳しく解説されていましたので、ニコチン入りのリキッドが欲しい方は要チェックです。

ニコチン入りのリキッドは、人にあげたり、販売してはいけないそうなので、頂くことは出来ませんでしたが、今度買ってみようと思います。

ターレスをちょっと楽しく吸うコツ

ターレスのカートリッジって2種類あるじゃないですか。

カートリッジを買い足す際にも注意して欲しいのですが、当たり前ですが味にも用途にも違いがあるので覚えておいてください。

ショートカートリッジ

ショートカートリッジ
口の短いショートカートリッジは、リキッドを入れてそのままの味で楽しむ、まさにVAPEとして使うとき用のカートリッジです。

ここで重要になるのが抵抗値の値で、ショートカートリッジは1.2Ωとロングカートリッジよりも低い抵抗値になっているんですね。

抵抗値が小さいほうが電気の力が大きくなり、一気に過熱されることにより水蒸気の量が増えるらしい。

これがVAPE用語で言う爆煙仕様」というやつなんでしょうか・・・。

「本物の爆煙はこんなもんじゃないbyげんちゃんサン」とのことでしたが、アイコス・ユーザーの私には驚きの爆煙でしたよ。

ロングカートリッジ

ロングカートリッジ
長いカートリッジは、プルームテックのたばこカプセルを併用できるお得なカートリッジです。

もちろん「たばこカプセル」を差し込まなくても問題ありませんが、抵抗値が高いのでショートカートリッジに比べて蒸気の量が少なめです。

こうやって書くと、あんまり良くないのかな?と思われるかもしれませんが、たばこカプセルを使える以外に1つメリットを発見しました。

それは、味が濃いということです。

抵抗値が高く、ゆっくり加熱したほうが味に深みが出るらしい。

なるほどー、VAPEが奥が深いです。

ターレスを使うことが節約につながる?

ターレスを使うことが節約につながる?
クラウドファウンディングの「ターレス」ページによると、アイコスや紙巻きたばこをターレスに置き換えるとかなりの節約になるそうです。

その額なんと、9万円前後(汗)

仮にアイコスや紙巻きたばこを吸う回数の半分を置き換えたとしても、4万円から5万円の節約になります。

更に、増税によって値上げされたばかりですからね、節約効果は試算以上なんじゃないでしょうか。

この計算は下記の条件のもと算出されていますので参考にどうぞ。

「タバコ・ヒートスティック1箱460円、1日の平均喫煙本数16.4本、リキッド15mlを月に3.28本(1mlでタバコ10本分)、交換用カートリッジ327円x週1」で計算。

初VAPE「ターレス」の感想

メインはアイコスで、たまに紙巻きタバコを吸っていましたが、VAPEも使ってみたらかなりいいじゃありませんか。

特にターレスは持ち運びも便利だし、長く使い続けることを考えるとストレスがないんです。

豊富な味と煙の量はアイコスにはない楽しさで、久々にハマりそうな予感です(汗)

特に好きだったのは巨峰メンソール。

もともとピース系のタバコを吸っていたので、香りがするタバコは好きでした。

唯一の欠点はニコチンが入っていないことですが、たばこカプセルを挿したり、ニコチン入りのリキッドを使えば解消できますからね。

あら素敵!素敵すぎますぞ、ターレス!

話題の電子タバコ「ターレス」スターターキット/5,980円(送料込)
・EasyVAPE TARLESS(イージーべイプ・ターレス) 本体
・プルームテックカプセル用ロングカートリッジ1.6Ω
・爆煙用ショートカートリッジ1.2Ω
・USBケーブル
・日本語ユーザーマニュアル
・ベプログオリジナルリキッド2本

あとがき

今回は私(まーろ)の記事でビックリされた方もいらっしゃるかもしれません。

げんちゃんサンとはちょっとした知り合いでして、今後ちょくちょく書かせて頂くことになりましたので宜しくお願いします。

アイコスをメインに使っていたので、プルームテックやVAPEについての知識はまだまだですが、温かい目で見守って頂ければ幸いです。