プルームテックのアクセサリーが初号機並の暴走モード

こんばんは、最近、そろそろブログのタイトルを変えた方が良いのか?と悩んでいる管理人のげんちゃんです。

最近プルームテック関連のネタもなく、2.4Plus購入をキッカケに遂にアイコスの紹介も始めてしまったので、もはやアイデンティティを失いかけている「プルームテック・オンライン」です。

なんだかなー、と思ってプルームテックの公式サイトを覗いてみたら、なんと!新着ニュースがあるではないですか!

喜んでポチっとしてみたら、ビックリしました・・・プルームテックが完全に暴走し始めています。

今回は、プルームテックの新着ニュースを辛口でご紹介していきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

オンラインショップ限定アクセサリーで暴走

タイトル:Ploomオンラインショップ限定 舘鼻則孝デザイン アクセサリーのご紹介

有名アーティストのステージ用衣装や舞台監督など、様々な領域で活躍している芸術家、舘鼻則孝氏がプルーム・テックのアクセサリーを開発、デザイン。Ploomオンラインショップ限定商品です。
日本の文化や伝統工芸から着想し、現代の芸術・アートとして様々な作品を世に送り出している氏が創った限定アクセサリー。プルーム・テックを収納し、持ち歩くことができるデバイスケースと、デバイスケースやその他の付属アクセサリーも持ち運ぶことができるポーチのセット。

Ploomオンラインショップ限定 舘鼻則孝氏デザイン アクセサリー1

アイコスなどでもお馴染みの「アーティスト」とのコラボグッズですね、こういうのは個人的に好きなんですよー。

どんなものかワクワクしながら読み進めていくと、なかなか格好いいじゃないですかっ!

Ploomオンラインショップ限定 舘鼻則孝氏デザイン アクセサリー2

アクセサリーのセット内容は以下の通りです。

プルームテック・ポーチ(充電器、バッテリー、たばこカプセル、専用デバイスケースなどが全部入る)
プルームテック・デバイスケース(プルームテックそのもののケース)

デバイスそのものに装着するケースって、今までにない切り口で斬新ですよね。

「よし、早速買ってみるか!」と思いショップページを開いたらビックリ・・・お値段がキチガイです。

100,000円

いくら格好良くたって、ケースとアクセサリーに100,000円出す人ってどれくらいいるのでしょうか。

欲しくても手に入らない人が多くいる中、このアクセサリーを販売する理由ってどこにあるのかな。

プルームテック銀座店で暴走

Ploom limited stand

銀座店で、あのショーケースに飾られていたオリジナルスタンドを見た時に気付くべきでした。

PloomTECHで定番のアクセサリーと言えば「オリジナル・ウッドスタンドだと思っているのですが、銀座店限定アイテムとしてコラボスタンドを販売しています。

「ubushima」という店内の内装を手掛けたプロジェクトチームとのコラボ製品で、銀色のスタンドは、純度99.9%の錫箔(すずはく)を加工したものらしく、かなりの職人技だそうです。

また、もう1つの黒いスタンドは、磁力を持つ特殊な素材を、これまた職人さんが手作業で吹き付けた、世界トップクラスの技術の結晶と書かれています。

凄いことはわかりましたが、3.8センチ四方の小さい正方形のお値段は、ナント・・・

30,000円

伝統技術や最先端加工技術を用いて作られたものなのはわかりますが、この小さい箱で30,000円です。

銀座店がオープンしてから10日後くらいに行って、売れ行きをスタッフさんに聞いたのですが、まだ買った人はいないそうです。

ですよねー。

他のユーザーさんはどう思っているのでしょうか?

これらの商品って、確かに良いモノだと思いますが、まったく親近感がわかないのは何故でしょう。

これは私の見解ですが、アイコスが未だに多くの人に受け入れられているのって、関連製品のレパートリーの多さから、色々カスタマイズすることによって、どんどん愛着が湧いていくからだと思うんです。

もちろん、味の好みやインフラが整っていることも理由にありますが、アイコスのオフィシャルグッズはまだ良心的ですよ。

ただでさえプルームテックはカラーバリエーションがなかったり、アクサリー類が少ないのですから、こんな一部の人しか買えないようなプレミアム品を発売するよりも、もっと手頃でプルームテックを使っている人が、楽しめるようなモノを増やしてもらいたいです。

あとがき

なんだかなーって感じです。

プルームテックについては、発売当初からずっと応援しているのですが、今回の限定アイテムにはモヤモヤが拭えません。

庶民でも楽しめるアクセサリーの開発をお願いしたいものです。

iQOSphere SHIBUYAなんて、2,980円でめっちゃ楽しめましたよ!

8月12日から20日までの約1週間、表参道ヒルズで今回の限定アクセサリーをデザインした「舘鼻則孝」さんの展示会があります。

こっちの展示会は面白そうなので、興味のある方は青山のグローを見物がてら、行ってみても面白いかもしれませんよ!

≫舘鼻則孝リ・シンク展 / http://rethink.noritakatatehana.com/