こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

思い起こせば2016年3月頃からプルームテック専門サイトのような形で書き始めたワケですが、今さら気づいたことがあります。

それは、どうも最近プルームテックが注目を集めてる・・・ということです。

そこで今回は、プルームテックがどういうものなのか?知恵袋を参考に「意外と○○」なことについてご紹介していこうと思います。

以前からの読者様には周知のことかと思いますが、「プルームテックってなに?」と検索してこられた方は、是非参考にしてください。

プルームテックとは

プルームテックとは、JT販売している次世代たばこの1つで、電子タバコ仕組みを利用した喫煙具です。

2016年、福岡でテスト的に販売が始まり、今年になって全国展開が始まったワケですが、ようやく注目が集まり始めたように思えます。

来年2019年には新型高温加熱式タイプと、現行モデルの上位版の発売も予定されているだけに、気になっている方は要チェックですよ。

意外と勘違いされていること

意外と勘違いされていること
さて、最近密かに人気を集めるプルームテックですが、特徴が先走ってしまったのか、ちょっと誤解されている点もあるんですよ。

勘違いされやすい点をいくつかピックアップしてみました。

1.プルームテックで禁煙

よく聞くのが、プルームテック=禁煙と思われている方もいるようですが、プルームテックもニコチンを吸うための「たばこ」なので、プルームテックを利用することは「禁煙」ではなく「喫煙」行為になります。

ですので、どこでも吸って良いワケではなく、基本的には喫煙所でしか吸ってはいけないモノです。

ただし、1吸いに含まれるニコチン量が非常に少ないため、プルームテックのみで生活できるようになれば禁煙できる可能性は高いので、その意味では「禁煙補助具」のような役割はあるかもしれません。

2.プルームテックは無害

言うまでもなく有害です。

ですが、紙巻きたばこはもちろん、アイコスやグローなどと比べても有害物質は少なく、一番害の少ない「たばこ」と言えます。

有害性とたばこ感は比例しているので、その点ではプルームテックが一番たばこっぽくないのも確かです。

3.プルームテックのグレーゾーン

いくつか知恵袋などを見ていると「未成年の使用」についての疑問が投稿されていますが、プルームテックは凄くグレーなデバイスなんです。

というのも、プルームテックは先端に「たばこカプセル」を差し込まない限り、ただの「電子タバコ」なので、たばこカプセルを装着していない場合は、本来取り締まることは出来ないんです。
*電子タバコを規制する法律は今の所ないのが現状です。

未成年がどうやって手に入れたかはわかりませんが、私の見解としては、プルームテックは「たばこカプセル」を差し込んで使う前提の製品であるため、プルームテックを所持すること自体が喫煙行為につながるためNGだと思っています。

こういったコトが取り上げられると、既存のプルームテッカーだけでなくVAPE(電子タバコ)ユーザーにも多大な迷惑が掛かりかねませんので、未成年には売らない、あげない、使わせないようにして頂きたいものです。

4.プルームテックが物足りない

かなり多いのがこの内容・・・プルームテックが物足りない、デス。

紙巻たばこを辞めてアイコス、アイコスを辞めてプルームテックにしてみたらビックリ!良くある話です。

ですので、これからプルームテックを買おうと思っている方は、プルームテックに「たばこ感」を求めてはいけません

この辺を誤解して買ってしまうと痛い目を見ます、あくまでも疑似喫煙を楽しみながらニコチンも少し摂取できる、この程度の認識にしておかないと物足りないと感じてしまいますよ。

意外と知られていない使い方

意外と知られていない使い方
アイコスやグローを使っていた方からすると、きっと簡単過ぎるんでしょう。

使い方などについての質問も知恵袋には多く寄せられています。

5.スターターキットだけでは吸えません(汗)

ちょいちょい見かけるのが、プルームテックを楽しむには何を買えばいいのか?というものです。

まず、俗に言うスターターキットの内容から説明しますと、キットに同梱されているのはあくまでもバッテリー部分のみ、ですので「カートリッジ」と「たばこカプセル」がないと吸うことが出来ません。

コンビニで販売されている「たばこカプセル」を購入すると、中に「カートリッジ」も同梱されているので、スターターキットで購入したバッテリーに、たばこカプセルに同梱されていたカートリッジを接続、カートリッジの先端にたばこカプセルを挿し込むことで、はじめてプルームテックになります。

スターターキットが3,000円、たばこカプセルが490円で販売されていますので、プルームテックを始めるには最低でも3,490円必要です。

6.吸い終わったらどうするの?

実は多かったのが、吸い終わったときにどうすればいいのか?という質問。

吸いたいときに吸う、辞めたいときに辞める・・・このフリースタイルに違和感を感じる人が多いようですが、吸い終わったらケースにしまうなり、胸ポケットにさすなり、好きにすればいいんです。

収納用のケースやクリップなどが売られていますので、どうするかはあなたの自由。

たばこは本来、1本吸い終わったら捨てる、という”終わり”の動作があったので、50回好きなときに吸えるというプルームテックのスタイルに戸惑う方がいるんですね。

7.どこに捨てればいいの?

これも結構多い質問で、私も過去に問い合わせたことがあります。

まず、たばこカプセルですが、素材はポリプロピレンで中身はたばこ葉の粉末なので、燃えるゴミで良いそうです。

厄介なのがカートリッジですが、自治体にもよりますが私の地元では燃えないゴミでOKと言われましたよ。

カートリッジはステンレス製なので、もし自治体に問い合わせるときは、金属ゴミの捨て方について尋ねると間違いありません。

意外と役立つ小ネタ


プルームテックの仕組みやニコチン量をご存知ですか?

プルームテックはアイコスやグローと違った構造をしており、まったく別物と思った方が良いです。

8.プルームテックの仕組み

アイコスやグローは、たばこ葉を直接加熱することで成分を気化させ、それを蒸気と一緒に吸い込むことで、ニコチンなどを吸う仕組みです。

対してプルームテックは、グリセリンを加熱して発生させた蒸気を「たばこカプセル」にくぐらせることで、カプセル内のニコチンやフレーバーを蒸気に吸着させて吸う仕組みなんです。

つまり、たばこカプセルに蒸気を通さなければ電子タバコと全く同じ構造なんです。

9.プルームテックのニコチン量

なんとなくお解り頂けるかと思いますが、たばこ成分を直接吸うのと、蒸気にちょっろと成分をくっつけたプルームテック・・・どっちがタバコ感が強いのかは言うまでもないでしょう。

たばこ感が強い=ニコチンも多いと言えますので、プルームテックのニコチン量はかなり少ないことはご理解いただけたと思います。

公式では1吸いあたりのニコチン量は「0.02mg」と言われており、タール1mg / ニコチン0.1mgの紙巻きたばこの5分の1程度しかありません。

10.プルームテックは匂いがない

プルームテックを吸ったときに口から出てくる蒸気は、そのほとんどがグリセリンで構成されています。

このグリセリンですが、ちょっと甘みはありますが無臭のため、驚くほど匂いがありません。

「匂い」という点では、アイコスやグロー、VAPEなどの電子タバコと比べても圧倒的で、無臭と言っても良いくらいです。

おまけ:プルームテックの名前の由来

もともと「Ploom」という加熱式タバコを販売していたのですが、その「Ploom」をテクノロジー「tech」で進化させたもの、そんな意味から名付けられたそうです。

じゃあ「Ploom」の意味は?というと、「水煙」という意味を持つ「Plume」と、「雲」を意味する「Cloud」をかけ合わせた造語だそうです。

水蒸気がもわもわーっとする様を意味しているんですね。

プルームテックについて

プルームテックについて
おそらく皆さん、紙巻きたばこの代わりに次世代たばこを検討されていると思いますが、プルームテックに関してはこれまでも説明した通り、全く別のニコチン摂取用デバイスだと思ったほうが良いです。

アイコスやグローのような「たばこ感」を期待していると、ギャップが大きくて拍子抜けすることも考えられますので、ニコチン入りの電子タバコをイメージしておくとしっくり来ます。

確かに「たばこ感」は少ないですが、それ以上に「匂い」や「有害物質」、「手軽さ」という点では圧倒的に優れているので、そういった点に重きを置いている方にはオススメですよ。

あとがき

やっぱり11月もあっという間に終わってしまいそうです。

来月になると本格的に忘年会ラッシュが始まりるワケですが、酒と言えばタバコなんですよね。

飲み過ぎ、吸い過ぎに注意して今年も無事に乗り越えたいと思います。

ある意味、一年でもっとも大変な月でもありますので、皆様も体調管理にはくれぐれもお気をつけください。