Ploom TECH(プルームテック)の正しい使い方

使ったことのある方には非常に簡単なものですが、紙巻きたばこしか使ったことのなかった方にとっては、どう使っていいかわからないものです。

今回は、簡単ではありますが、プルームテックの正しい使い方についてまとめましたので参考にしてください。

Ploom TECH 専用たばこカプセルのセット方法

メビウス・フォー・プルーム・テックのセット方法その1

まずは、たばこカプセルに同梱されているカートリッジたばこカプセルを差し込みます。
※「たばこカプセル」は、全3種類(Cooler Purple,Cooler Green,Regular)用意されています。

メビウス・フォー・プルーム・テックのセット方法その2

次にPloom TECHバッテリーに、カートリッジを回らなくなるまでしっかりと取りつけます。
実は、たったこれだけの作業でOKなので、ボタンを押す必要もなければ加熱状態を待つ必要もありません。

Ploom TECH 使用方法

プルーム・テックの使い方

まずは、たばこカプセルを取り付けた方を口にあて、吸い込みます。
これだけで加熱システムが起動するので、手軽さIQOSの比ではありません。

たばこカプセルの交換

たばこカプセルの交換

たばこカプセルは約50パフ(約50回吸えるという意味)分使用することが出来ます。
たばこカプセルは1箱に5本入っているので、1本が通常のたばこの4本分に相当するということですね。

交換のタイミング

Ploom TECH バッテリーの先にLEDが付いているのですが、これが青く点滅(約40秒)します。
このピカピカがたばこカプセルの交換のタイミングということです。

カートリッジの交換

1つのカートリッジたばこカプセル5本分使用できる設定になっていますが、ちゃんと規定のタイミングで交換しないとたばこカプセルが使い切れない場合があるのでよう要注意です。

バッテリーは約1箱分

省エネ設計

基本的にはLEDが青く点灯していればOK、吸ったときだけ起動する省エネ設計です。

バッテリーは1箱分

吸い込んでいるときにLEDが赤く光ったら電池切れのサインです。
やはり本体がスリムで小さい分、バッテリー容量は多くはありません。
1箱分吸い終わったら充電するくらいがストレスなく使用できる目安です。

Ploom TECH 充電方法

Ploom TECH 充電方法

付属のUSBチャージャーのネジ穴にPloom TECHバッテリーを回して取りつけます。
充電中はロゴマークが赤く点灯し、白色点灯に変われば充電完了です。
難しいコトはありませんが、専用のACアダプターを使うのがベストですね。

キャリーケースは必須

キャリーケースは必須

キャリーケースは、たばこカプセルだけでなくバッテリーをセットした状態のPloom TECHも一緒に入れて持ち運べます。
私の経験上、Ploom TECH は形状が細長いので、バッグなどにそのまま入れると折れてしまう可能性もあるので、持ち運ぶときはキャリーケースは必須ですよ!

JT公式:Ploom TECHの「使い方ムービー」

space_10px
 

Ploom TECH(プルームテック)関連ページ