純正カートリッジを分解、構造が良くわかりますね

こんばんは、プルームテックオンライン管理人のげんちゃんです。

ちょっとワケあってカートリッジを破壊しなければならなくなったので、ぐちゃぐちゃですが写真に収めておきました。

結論から書くと、電子タバコのアトマイザーそのものですが、使い捨てならではの工夫もされていますのでご紹介します。

分解するとこんな感じ

純正カートリッジを分解するとこんな感じ

カートリッジにハマってしまった大事なものを取るのに、ニッパーで切断していきます。

中から綿が出てきたワケですが、よく見るといくつかのパーツに分かれています。

純正カートリッジのパーツ

まず、透明のキャップ、これはカートリッジ再生でお馴染みなので特に書きません。

うっすらと綿が入っていることは確認出来ていましたが、この綿は3重構造になっており、芯になるちょっと固めの筒状のものが中心。

その周りをシート状の布みたいなもので巻いて、その上に綿が巻きつけられていました。

純正カートリッジの綿部分

この綿部分ですが、思ったより大きくて、長さは3センチくらいあります。

3センチと言ってもピンとこないと思いますが、純正カートリッジの半分に相当しますので、思ったよりもリキッドを蓄えられそうですね。

純正カートリッジのコイル部分

電子タバコ同様で、コイルには糸のようなものが通してあります

私は自分でビルドしたことがないのでわかりませんが、電子タバコはコイルを巻いてオリジナルの味を出すことも出来るとか

いつか挑戦したいと思いますが、今回は見るだけー。

純正カートリッジ分解まとめ

1つ1つの素材の原価はたかが知れていると思いますが、これを手作業で作るとしたら結構手間ですよねー。

さすがに全ての工程が手作業ということはないでしょうが、少なくとも私が想像していた以上に手が込んでいたなー、というのが感想です。

カートリッジ分解のまとめ

どうしても壊さなければならないので今回は分解したのですが、ゴミになるし切れ目で手を切りそうになるし、この作業自体は全くオススメしません。

ただ、カートリッジ再生については、思ったよりもリキッドを蓄えれそうなことがわかりましたし、やってみた意味はあったのかな・・・と思います。

綿に染み込ませるという仕組みは使い捨てならではの工夫ですかね、プラスチック製のフタもグリセリンが乾かないようにするためのアイデアなんでしょう。

もしカートリッジの分解をしてみようと思う方がいらっしゃいましたら、くれぐれも怪我のないように気をつけてくださいね。

あとがき

もう二度とやることはないですが、良い経験でした。

さすがにプルームテックの純正バッテリーをバラす気にはなれませんが、分解って構造がわかるので理解が深まりますね。

これから第四回のプレゼント企画の当選者サマに送付する準備をしたいと思いますので、今回はこの辺で失礼します。

今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m