こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

今週から引き継ぎラッシュで、時間に余裕がありません。

今日も遅くなってしまいましたが、ジムはサボれない・・・と行ってまいりました。

ですので、本当は何も書かずに寝ようと思ってたんですが、帰ったら嫁から「JTさんから何か届いてるよー」とのこと。

開けたら、11月初旬に東京限定で発売予定のプルームテックプラス・ウィズじゃあないですか(汗)

くはっ・・・嬉しい!ですが、ここまでして頂いたら書かないワケにはいかない!ということで、急遽タイピングを始めました。

先に結論を書いちゃいますが、忖度抜きでかなりの完成度です。

プルームテックプラスを使っている人なら、きっと「いいじゃん!」と思われると思いますので、是非参考にしてください。

プルームテックプラス・ウィズ

発売日:11月2日から順次
販売店:CLUB JT オンラインショップ、Ploom Shop及び一部たばこ販売店
※実店舗の販売は東京エリアのみ
販売価格:2,980円
カラー:ブラック/ホワイト

一般発売は11月2日、東京エリア限定と書きましたが、オンラインストアは全国対応なので、東京はちょっと遠いなー・・・って人はオンラインショップがあるのでご活用ください。

まずは新型「ウィズ」の進化した点をご紹介します!

ココが凄い!めちゃくちゃコンパクト!

ウィズとプルームエス2.0のサイズ比較
左がウィズ、右がプルームエス2.0。大きさが全然違う(汗)

個人的にはプルームエス2.0をデカイと思ったことはありませんが、ウィズと比べてみたら恐ろしくデカく見えました(汗)

要はそれだけウィズが小さいってことなんですが、それだけじゃないんです。

重さ37グラムとめちゃくちゃ軽いんです、こりゃ楽ちんだ。

サイズH:78mm × W:40mm × D:18mm
重さ約37グラム

ココが凄い!カートリッジ挿入が改善!

カートリッジ挿入イメージ
向きとか気にせず入れるだけー(*´∀`*)

従来のプルームテックプラスって、カートリッジ入れるときにイラッとすることありませんでした?

プラスのときはツメを合わせる必要があったので、向きを気にしながらセッティングしないといけなかったんですが、ウィズはそのままストンっと入れるだけでOKに!

これは大きな改善ですよね!

ココが凄い!リキッド残量が見やすくなった!

リキッド残量が見やすくなった!
バックライトが搭載されたことで残量が見やすくなりました。

プルームテックプラスでも一応小窓から見ることは出来ましたが、ぶっちゃけ見にくくて実用的ではありませんでした。

ウィズでは小窓が一回り大きくなっただけでなく、ボタンを押すとピカーっと光って見やすくなりましたよ!

結構細かいところまで改善されてるなーと思いましたね。

ココが凄い!液晶パネルが秀逸!

液晶パネル搭載
たばこカプセルの残量がひと目でわかる!

メジャー製品の中では始めて液晶パネルを搭載したウィズですが、この工夫がまた凄いんですよ!

たばこカプセル1個分(約50パフ)の残量を6段階で表示してくれるようになっており、”あと大体何回吸えるのか”がひと目でわかる仕様に。

プルームテック・シリーズで途中で吸うのを辞めると、あと何回吸えたっけ?となることが多かったと思うんですが、もうそんな心配は不要になりました。

ココが凄い!操作がめちゃくちゃ簡単(笑)

吸うだけ
自動吸引システム搭載なので、ロック解除したら「吸う」だけ!

ちょっとVAPEっぽい見た目に寄ってきたので、身構えちゃう人もいるかもしれませんが、実はめちゃくちゃ簡単に使えます。

ロックの解除(電源ONみたいなもの)でボタンを3回押すとか、交換のタイミングでアラームの解除に長押しするとかありますが、基本的には従来のプルームテック・シリーズと同じく「吸うだけ」なので、簡単に使うことが出来ます。

ココが凄い!USB が type-C 対応に

セット内容
USBケーブルがタイプCになってるじゃん!

プラスは満充電に90分掛かってましたが、今回のウィズからマイクロUSBではなく type-C に対応したことで、60分で充電が終わるようになりました。

やっぱり今の主流の規格はタイプCですからねー、これに対応してくれたのは有り難いですよ。

充電も短くなったので、より使いやすさが向上しましたね!

新型「ウィズ」のデザイン

ウィズのパッケージ
薄型のパッケージ、これくらいシンプルなほうがいいっすよ。
デバイス本体とタイプCケーブル、ACアダプターと説明書が同梱されてます。
ウィズのデバイス本体(表)
シンプルな佇まい、いいじゃん。
驚きの素っ気なさ、本体の底に充電用のUSB差込口があります。

パッケージやセット内容は至ってシンプル。

説明書は、簡易版とちゃんとしたヤツ、あとは製品登録用の紙が入ってました。

しかし小さくて可愛いですよねー、プルームエスの弟分みたいな感じ。

新型「ウィズ」のセッティング

セッティング
カプセルホルダーを外してカートリッジを挿入、カプセルホルダーでフタをする、以上!

ウィズのセッティングはプルームテックプラスと同じで、カプセルホルダーを外してカートリッジを入れ、最後にカプセルホルダーでフタをするだけ。

やっぱカートリッジの向きを考えなくていいってのは素晴らしい。

おそらくユーザーの声を採用したんでしょう、JTさんの真摯な姿勢がわかります。

新型「ウィズ」の使い方

STEP01:デバイスロックを解除する

最初はロックが掛かっている状態なので、アクションボタンを3回クリックしてロックを解除します。

STEP02:たばこカプセルを挿して吸うだけ

プルームテック・シリーズお馴染みの自動吸引なので、あとは吸うだけでOK。

STEP03:交換アラームを解除

約50パフ吸うと、交換アラームが作動しますので、新しい「たばこカプセル」に交換したのち、アクションボタンを長押ししてアラームを解除します。

STEP04:吸い終わったらデバイスロック

吸い終わったら、アクションボタンを3回クリックしてデバイスをロックしておきましょう。

自動デバイスロックを手動に変更する方法

ウィズは6分間操作をしないと自動でロックが掛かってしまう仕様なんだそうです。

吸い始めるときに毎回ロックを解除するのが面倒だ!という方は、「手動ロックモード」にすることをオススメします。

このモードにするには、アクションボタンを長押しするだけ。

作動するとバイブレーションと共に「M」の文字が液晶に表示されますので、これで自動デバイスがロックが作動しなくなりますよ!

新型「ウィズ」の感想まとめ

今回のウィズの感想ですが、まず最初に伝えておかないといけないのは「吸い心地」がどうこう!って話ではありません。

ただ、これまで紹介してきたように、とにかく使いやすくなってます!

プルームテックプラスを使っていて、こういう部分がこうなったらいいのになー・・・ってのが全部実現されたような、そんなデバイスです。

カスタマイズ性こそプラスには劣りますが、痒いところに手が届いている的な、ガジェット感満載のデバイスなので、個人的には100点満点の仕上がりだと思いました。

もう少しで発売なので、気になった方は是非手にとってみてください!

あとがき

明日も引き継ぎでちょい早めに出ないといけないので今日はこの辺で失礼したいと思います。

そして明後日も引き継ぎ・・・来週も再来週も引き継ぎラッシュ。

で、きっと良くわからないまま担当することになるんだろうな・・・。

マジで会社はいったい何を考えてるんだか。

なんて愚痴ってみました、おやすみなさい。

×