プルームテック限定ケースも売り切れならず

おはようございます、モクログ管理人のげんちゃんです。

つい先日までは5月初旬の陽気、なんて言われるくらいポカポカ陽気が続いていましたが、加熱式たばこ界はまだまだ冬を越せそうにありません。

メインテーマは、本日10時から始まったプルームテック限定ケースの売れ行きについてですが、アイコスやグローなどの話も絡めてご紹介致します。

限定商品「プルームテック ハードキャリーケース プレミアム・コンパクト」とは

限定商品「プルームテック ハードキャリーケース プレミアム・コンパクト」とは
この限定商品は、2月、3月、4月と月替りで発売される限定ケースでして、昨年の11月から12月、1月と行われた限定ケースの第二弾になります。

第一弾も同様のハードキャリーケースでしたが、当時発売されたばかりのフレーバーラインの発売を記念して実施されました。

新しく追加された「レッド・クーラー」「ブラウン・アロマ」、モデルチェンジした「パープル・クーラー」のテーマカラーである、「赤」「茶」「紫」のラインが入った限定ケースでして、当時は通常モデルのハードキャリーケース自体も売り切れ続出だった為、それなりに売り切れていたと記憶しています。

第二弾は、第一弾のデザインを更にブラッシュアップして、内外装にこだわったワンランク上のプレミアムケースというフレコミで、間髪入れずに告知されたんですよね。

つまり、昨年11月から、毎月限定ケースが発売されていることになります。

第二弾の3月は「カッパーゴールド」ケース

「カッパーゴールド」ケース
「カッパーゴールド」ケース
スペース
通常のコンパクトケース
通常のコンパクトケース

スペース
3月の「プルームテック ハードキャリーケース プレミアム・コンパクト」限定カラーは、カッパーゴールド。

本日3月20日10:00より発売が開始されており、販売価格は9,000円、通常モデルが5,000円ですから倍近い価格設定です。

素材や機能面は通常モデルと全く同じで、唯一の違いは、ケースの外装と、中の仕切り素材の色くらいでしょうか。

銀座店限定アイテムの1つ「オリジナルスタンド」のときもそうでしたが、プルームテックの限定品は似たようなフレーズが使われます。

「真鍮を磨き上げ、メッキ、グロスクリアコート加工を施した特別仕上げ」

この作業にプラス4,000円の付加価値があるのかは私にはわかりません。

既に発売から12時間が経過・・・未だに買える限定品

既に発売から12時間が経過・・・未だに買える限定品
売り切れ次第終了と書かれていますが、現時点でもまだ買えちゃいます

なんか先日も似たような記事を書いた気がしますが、もはや限定品も即日完売とはいかないようです。

そもそも値段が高過ぎるんですよね、それに毎回同じケースのカラバリを販売されても、ケースは1つあれば十分と考える人の方が多いと思うのですが・・・。

更に付け加えると、ケースばかりを販売しますが、そんなにプルームテックって出回っているんでしょうか?

つい先日、取引先との飲み会で1人プルームテッカーを発見しましたが、これが初というくらい見かけませんけど。

既存プルームテッカーを相手に商売するなら、他のアクセサリーで限定品を出してくれた方がまだ飛びつきやすいというものです。

プルームテックだけが売れ残っているワケではない

ウィンターコレクション
覚えてますでしょうか、今年2月くらいにグローから発売された「プレミアムコレクションもどき」を。

はい、私のメイン機として活躍してます「ポーラー・エディション」です。

桜が咲き始めた今も売れ残っており、3,500台の数量限定販売でした。

THE CAMO COLLECTION
そして昨日から始まった「THE CAMO COLLECTION」ですが、こちらも1日経った今でも買えてしまうんですよ。

1月に発売されたアイコス・ダークレッドに至っては、売れなさすぎてコンビニに山積みにされる始末。

年明けの第1四半期は、アイコスグロープルームテックと3タコと言っても良いでしょう。

ブームの終焉と限定品疲れ

ブームの終焉と限定品疲れ
2017年のグロー全国展開あたりからでしょうか、アイコスが余りはじめたのをキッカケに、加熱式たばこブームは一気に衰退し始めました。

焦った各社は、話題作りの為に「限定品」を乱発、代わり映えのない限定品がこれだけ毎月続くと、さすがに私達も疲れちゃいますよ。

下記にまとめましたが、10月頃から毎月限定品が発売されており、見るだけでお腹いっぱいになれちゃいます。

アイコス

10月・・・NIGOコラボ第一弾「THE CRAFTED COLLECTION」
12月・・・クリスマス限定ギフト
1月・・・IQOSダークレッド
2月・・・バレンタイン限定ギフト
2月・・・IQOS2.4Plus限定ホルダー5色
3月・・・NIGOコラボ第二弾「THE CAMO COLLECTION」
未定・・・NIGOコラボ第三弾「THE GOLD COLLECTION」(仮称)

グロー

10月・・・プレミアムコレクション「カーボン(CARBON)」
11月・・・プレミアムコレクション「クロム(Chrome)」
12月・・・プレミアムコレクション「オーラム(Arumn)」
2月・・・ウィンター・ポーラー・エディション

プルームテック

11月・・・ハードキャリーケース・プレミアム・コンパクト(レッド)
12月・・・ハードキャリーケース・プレミアム・コンパクト(ブラウン)
1月・・・ハードキャリーケース・プレミアム・コンパクト(パープル)
2月・・・ハードキャリーケース・プレミアム・コンパクト(ストーンブラック)
3月・・・ハードキャリーケース・プレミアム・コンパクト(カッパーゴールド)
4月・・・ハードキャリーケース・プレミアム・コンパクト(シルバーアッシュ)

モノ消費からコト消費にシフトした中国人に学ぶ

モノ消費からコト消費にシフトした中国人に学ぶ
数年前はちょっとした社会問題のように取り上げられていた中国人の爆買いですが、今はかなり静かになって体験型にシフトしているそうです。

それが当てはまるかどうかはわかりませんが、加熱式たばこ界もモノ消費では通用しなくなってきているのかもしれませんね。

今後、加熱式たばこが市場を作っていくには、紙巻きたばこユーザーをいかに取り込むかがキーとなるのは言うまでもありません。

紙巻きたばこユーザーが、「加熱式たばこに切り替えたい!」と思うような環境作りと仕掛けが必要なんです。

そういう何かがあれば、限定品なんてモノで吊らなくても、加熱式たばこ離れなんて起きないと思うんですけどね。

あとがき

今年に入ってから各社の限定品が軒並み売れ残っているのを見ると、やはりブームの沈静化は間違いないと感じました。

このまま消えてしまうのか、スタンダードとして残るのか、2018年はそれを占う年になりそうです。

プルームテック擁するJTは、年末に大きな話題(高温加熱式たばこ参入)を持っていますので、プルームテックの失敗から学んで、上手く展開していって欲しいですね。

否定的なことばかり書いてしまいましたが、たばこメーカー各社の方には是非頑張って頂きたいです!

陰ながら応援してますよーヽ(´ー`)ノ