渋谷でオリジナルデザイン・ケース作ってきた!

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

7月9日は、ちょうどプルーム・バッテリー限定デザイン発売日ということで、どこのショップに行こうか迷っていたのですが、プルームショップ渋谷店に行くことに

銀座店に行こうか迷ったのですが、プルームショップ渋谷はオープン初日に行ったきりでしたし、何よりオリジナルデザインのケースが作れるとか。

それならばと、蒸し暑い中トコトコ歩いて行ってきましたので、オリジナルデザイン・ケースの話を中心にお届けしたいと思います。

PloomTECHアクセサリーをカスタマイズ「Ploom Custom Bar」

Ploom Custom Bar
どういうものかと言うと、ソフトキャリーケースアクリル・スタンドに好きなデザインと文字をプリントできるサービスです

32種類のデザイン背景と、色やサイズも選べる12種類の文字から、好きなパーツを組み合わせてデザインできます。

アイコスフィア渋谷と同じようなサービスで、こちらもタブレットでパーツを組み合わせて作ります。

実施店舗

どこの店舗でも実施しているワケではなく、以下の5店舗限定のサービスなんです。

  • Ploom Shop 札幌店
  • Ploom Shop 仙台店
  • Ploom Shop 渋谷店
  • Ploom Shop なんば店
  • Ploom Shop 広島店

日本初のPloom Shopでもある福岡と、旗艦店の銀座店ではやってなかったんですね。

これが駅から遠いのに、わざわざ渋谷店に行くことを選んだ理由です。

プリント価格

キャリーケースにプリント
スタンドにプリント

スペース
ちょっと補足があります。

まず、ソフトキャリーケースやスタンドを持参しても、プリントしてくれますので、その場合は本体代金がなくなり、プリント代だけで作ることが出来ます。
*ソフトキャリーケースについては、使い込んで変形などしていると出来ないこともあるそうです。

私は片面しかプリントしませんでしたが両面印刷も可能で、その場合はプリント代が倍になるのでご注意。

作り方の流れ

タブレットでデザイン
スタッフさんにタブレットを渡す
受け取る

スペース
至って簡単ですがご説明します。

まず、カウンターのスタッフさんに「オリジナルケースを作りに来たよ!」と伝える。

簡単な説明ののちタブレットを渡されるので、席についてデザイン開始。

サンプルをいくつも持ってきてくれるので、それを見ながらカチャカチャ作業。

デザインが完成したら、スタッフさんにその旨伝えて、タブレットを渡します。

混んでなければ1時間で完成するそうなので、暫く店内で待つ。

完成したらデザインを確認、お支払いという流れです。

作ってみた!

どんな感じ作っていくのか、参考までに書き留めます。

ちなみに、デザイン完成したのちに撮影し直したので、右のパーツ部分に注目してください。

01:ベースを選択

ベースを選択
まず、ソフトケースが旧型か新型(マウスピースつきで収納できるタイプ)かを選択します。
次にソフトケースが何色かを選びます、私の場合は旧型のソフトケースで色は黒です。

02:デザインを選択

デザインを選択
次に、プリントするデザイン(柄)を選びます。
全部で32種類あり、シンプルなストライプ柄に、カモ柄やドット柄など、好きなデザインを選びましょう。
私はモノクロのドット柄を選択してます。

03:プリント面を選択

プリント面を選択
決めた柄を、プルームテックのロゴがある表面に印刷するか、裏面に印刷するか?
画面を見た感じ、1回の操作では片面しか選べそうにないので、両面に印刷する場合はもう一度同じ操作をすることになりそうです。
私はもちろん表面に印刷しましたよー。

04:文字を入力

文字を入力
先程の写真の下に印字したい文字を入力、3文字までとのことなので、私は「YRE」にしました。
文字を決めたら書体と色を決めましょう、隣の画面で見ながら出来るので、デザインにあった書体を選ぶと良いですよ。

05:文字の場所を決める

文字の場所を決める
枠の中の文字を2本の指で大きくしたり、小さくしたり、横にずらしてみたりと、ここが一番時間が掛かりました。
これも隣の画面で雰囲気を見ながら出来るので、納得行くまでやっていて大丈夫です。
終わったらタブレットをスタッフさんに渡しましょう!

印刷する機械

なんか似てるなーとは思っていましたが、どうやらアイコスフィア渋谷で使われていたのと同じ印刷機のようです。

せっかくだから外に置いておくと面白いと思うんですけどね、カウンターの中なので塗っている工程が見えません。

塗っている工程を見ることで、「やってみようかな!?」と思う人も増えると思いますので、是非外に出して欲しいですね。

スタッフさんにタブレットを渡したあとは、1時間のんびりと店内を散策。

オリジナルデザイン・ケースが完成!

オリジナルデザイン・ケースが完成!
拡大写真

スペース
拡大写真を見て頂ければわかると思うのですが、なかなか素敵な仕上がりでしたよ!

注意事項として説明されますが、最初はベタつきと匂いがあります。

アイコスケースをデザインしたときも、ベタつきはなかなか取れなかったので想定内です。

匂いはそのうち消えると思いますので、暫くは様子見ですかね。

「Ploom Custom Bar」まとめ

記憶によると、札幌店がオープンしたときにも実施されていたような気がしますが、こういうの大好きなんですよーヽ(´ー`)ノ

スタンプにしても、オリジナルデザイン・ケースにしても、アイコスの二番煎じ的な気もしますが、ユーザーにとってはそんなの関係ないですから、どんどん拡充していって欲しいものです。

特に嬉しいのは価格面で、ベースさえ持っていけば1,000円で作れちゃうんですから有り難いですね。

アイコスの例に習うと、今後は限定デザインなんかも増えてくるかもしれませんので、ちょっと楽しみです。

プルームテックのケースは、デバイス同様にちょっとシンプル過ぎるので、自分好みのケースに変身させると楽しくなりますよ!

渋谷店は、原宿と渋谷を結ぶオシャレ通り「Cat Street」の真ん中あたりにあるので、少し駅から遠いですが、近くを寄った際は行ってみてください。

2階がオススメです!

あとがき

ホントは新アクセサリーなんかも購入してきたので、そのレビューもしようかと思いましたが、長くなってしまいましたので今日はこの辺で。

全然話は変わりますが、私のスマホはHTC製なんです。

ずっと好きで使っていたのですが、帰り道に「ギャラクシー・ショーケース」というところに寄ってきました。

そこで思ったこと・・・ギャラクシー凄い!凄すぎる!

おっさんが若者に混ざって「すげー!」を連発してきました。

たばこも随分進化しましたが、スマホの進化は異常ですね、次はギャラクシーかなー。