こんばんは、ついに10月も終わり、今年も残すトコロ60日余りとなりました。

もう風邪はひきたくないと願うげんちゃんです。

ホントは10月30日中に書きたかったのですが、おそらくこの記事を書き終わる頃には11月になっているので、もう10月は終わったことにします。

さて、10月も色々なニュースがありましたが、今回は地味に気になっていたアイテムをご紹介したいと思います。

アイコス3デュオにグロー・プロ、グロー・センス、そしてパルズと各社年末に向けて一気に動き出しましたが、そんな中唯一静かだったのがプルーム・シリーズ唯一の加熱式デバイス「プルーム・エス」。

そんなプルーム・エスにハイ・クオリティなアクセサリーが仲間入りしましたのでご紹介します。

Ploom S レザーカバー

Ploom S レザーカバー
発売日:10月21日
場 所:公式ショップ、公式オンラインショップ、JT公式楽天市場店
価 格:7,500円
その他:限定品
種 類:ナチュラル、ブルー、レッド
新宿三丁目店、中目黒店、麹町店、成田空港店は取扱なし。

いやいや・・・ちょっとお高くないですか?と突っ込みたい。

イタリアンレザーを使用しているのはわかりますが、7,500円とは恐れ入りました(汗)

JTさんって、素材とか品質とかにめちゃくちゃコダワル会社さんなので、本気出すとすっげー高級品になっちゃうのが玉にキズ。

10月はじめに届いたリリースを見る限り定番かと思ってましたが、公式サイトには「限定品」の三文字が。

どうやら売り切れ御免のプレミアムケースのようです。

Ploom S レザーカバーをレビュー!

販売価格は本体価格並の7,500円ですからねー、ちょっと辛口レビューになるかも知れませんがご愛嬌。

10月はなかなか東京に出れなかったのですが、ついに先日ゲットしましたのでレビューさせて頂きます。

最近では比較的リーズナブルなアクセサリーが多かっただけに、久々の高級アクセサリーとあって気合だけは入ってます(笑)

御開帳から細部に渡るまで、写真多めでご紹介していきますので暇な方はお付き合い願います。

パッケージはなかなか

パッケージその1
パッケージその2
これまでのアクセサリーが入ったケースとは違って、黒字に「Ploom S COLLECTION」の文字が印字されているだけのシックなパッケージです。

サイドから開けるタイプは高級感があっていいですよねー、こういう細かい演出が好きなんです。

パカッと開けるとパラフィンに包まれたレザーカバーが・・・うん、イイ感じ。

ただのイタリアンレザーではなかった

レザーカバー本体その1
レザーカバー本体その2
あー、質感サイコーだわ・・・コレ。

このレザーカバーですが、ただのイタリアンレザーではなく、イタリアのトップタンナーの1つ「WALPIER社」が製造した”Tuscany belly”というレザーなんだとか。

イタリアの革職人さんが1つ1つ手作業で染色しているそうで、色合いや質感からクオリティの高さが伺えます。

細部までしっかり作り込まれている

ロゴ部分
接続部分
挿入部分
充電部分
表面にはロゴがしっかりと刻印されており、シンプルイズベストなデザイン。

作りもかなりしっかりしており、ちょっとやそっとじゃ壊れそうにないですし、丸いエスがスッポリ入るようにキレイにクセがつけられています。

カバーを付けたままでも装着できるように工夫もされており、なんだかカバーにしちゃうのが勿体ないくらいの出来映えです。

レザーカバーがかなり格好イイ!

デバイスに装着
ハンチェしてみた
カバーを見ているだけじゃツマラナイので、早速デバイスにカバーを装着してみることに。

どうっすか、めちゃくちゃ格好いいじゃないですか!

手に持ったときのオシャレ小物感がハンパない一品です。

Ploom S レザーカバーまとめ

いやー、やっぱりホンモノの職人さんがつくる革小物って格が違いますねー。

実は嫁がレザークラフトにハマってまして、ちょこちょこ作ってもらってるんですが、クオリティが段違い(汗)

革そのものの違いはもちろんですが、作りや縫い付けなど全てにおいて凄いと思いました。

あとはもう少し安ければなー・・・コレ、本音です。

ですが、物欲を満たしてくれるクオリティは間違いないので、たばこをニコチンを得るだけのものではなくライフスタイルの表現の1つだと思える方には超オススメですよ

あとがき

思いのほか良かったので、結果べた褒めになってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

そこそこ高い買い物なので、もし買おうと思った人がいるなら、ポイント好きの私としてはJT公式楽天市場店で買うことをオススメします。

ついでにエスのサードパーティ製のカバーやケースと比べてみるのもいいかもしれません。

確かに激高なアクセサリーですが、高いだけあって品質はかなり良いことがわかると思いますよ。