こんばんは、サボっていた分ハイペースで書いているげんちゃんです。

昨日は某団体が主催するセミナーに行っておりまして、久しぶりに勉強してきた次第です。

知っている人がいるわけではないので、誰がどうの・・・ということはありませんが、ブログ書いている人がこれだけいるんだ、と思うとホッとするんですよ。

と同時に、単純なので「頑張らなきゃ!」と刺激を受けちゃうんです。

さて、そんなモチベーション高めの今日レビューするのは、プルームテック専用新アクセサリーでございます。

新たに2つが追加されましたので、プラスやエスの話題ばかりで寂しくなってしまったプルームテッカーさんには朗報です。

プルームテック専用の新アクセサリー

今回追加されたテック専用のアクセサリーは、デバイスケースとカプセルを収納するためのポーチのようなケース。

デバイスケースと言えば、あの舘鼻則孝氏デザインのアレを想像する人もいるかと思いますが、リーズナブルなスタンダード・アクセサリーとしては初

もう1つのカプセルを収納するためのポーチのようなものは、正式名称「カプセル・ケース・スナップ」だそうで、これについては似たようなポーチがいくつかリリースされています。

敢えて今回のデバイスケースと一緒に紹介するのはワケがありまして、このデバイスケースを装着することが出来るんだそうです。

ということで、今回は新アクセサリー2つを一挙ご紹介させて頂きます。

デバイスケース・ツイスト / DEVICE CASE TWIST

写真で見た時は野暮ったいデザインだな・・・と思っていましたが、実際に使ってみると面白い工夫が施されています。

知らないとウッカリ壊しちゃったなんてコトにもなりかねませんので、使い方をご説明します。
*私自身、良くわからなかったので壊しかけました(汗)

箱の裏側、あとは中にも説明書があるので、不安な方は一度読んでから使うと良いですよ。

1.箱から出しましょう

箱からだしましょう
セット内容
あとで気付いたのですが、箱の中に説明書が入ってました。

これを最初に読んでいれば問題なかったのですが、写真撮るときまで気づきませんでした。

2.本体はこんな感じ

デバイスケース本体
先端部分
底部分
一見先端部分がキャップのように見えますが、くるくる回るだけで取り外すことは出来ません。

無理やり引っぱったりすると壊れてしまうので要注意、私は危うくマイナスドライバーで壊すところでした(汗)

3.プルームテックを装着

プルームテックとケース
底から押し込む
グッと押し込む
底に開いていた穴から、プルームテックのLED部分を先頭に入れていきます。
*逆向きで入れると壊れたりするのでご注意ください。

最後までグッと押し込まないとポロッと抜けたりするので気をつけてください。

4.使い方

時計まわりにくるっと回す
にょきっと出る
時計まわりに回すと、先程の穴からプルームテックがニョキッと顔を出します。
スペース
半時計まわりにくるっと回す
スッと収納されます
逆に反時計まわりに回すと、プルームテックがスッとデバイスケースの中に隠れました。

吸いたい時は時計まわりに回して、吸い終わったら反時計まわりに回して収納できるというスグレモノなんです。

5.エクステンションパーツ

エクステンションパーツその1
エクステンションパーツその2
同梱されていた筒ですが、なんだろうと説明書を読んでみたらマウスピース用だということがわかりました。

マウスピースをつけたままデバイスケースを使いたい場合は、穴が空いている部分を外して長い筒に付け替えます。
スペース
マウスピースにょっき
マウスピース隠れる
先程と同じように時計回りでマウスピースがニョキッと出てきて、反時計まわりに回すとキレイに隠れます。

装着するときは、エクステンションパーツをつけた後に、プルームテックにマウスピースをつけてください。
*マウスピースをつけたままだと、エクステンションパーツを通り抜けられません。

6.クリップパーツ

穴が空いている
クリップパーツの突起
装着済み
もう1つ、同梱されていたクリップパーツをつけるときは、写真の部分の穴にクリップパーツの突起を合わせるようにつけます。

別の場所だとキレイにハマりませんのでご注意ください。

7.50パフお知らせ

ハーフミラー
これじゃあLEDの点灯や点滅がわからないや・・・と思っていましたが、なんと写真の部分がうっすらと光ります(汗)

この芸の細かさは凄い!完璧な仕上がりです。

カプセルケース・スナップ / CAPSULE CASE SNAP

特別説明は必要ないと思いますが、かなり絶妙なサイズ感の袋です。

口の部分は携帯灰皿なんかにも使われている「バネ口」を採用しているので、かなり使いやすい印象です。

同様に写真を数点撮りましたので参考にしてください。

1.袋から取り出します

袋
取り出します
特別説明書などは入っていませんでした、好きなものを入れてねってことなんでしょう。

コンパクト&シンプルで結構いい感じです。

2.ケース本体をチェック

表
裏
デバイスケース・ツイストをセット
袋は見たまんまですが、裏を見るとゴムが縫い付けられています。

ここに先程のデバイスケース・ツイストをセットする・・・これが正しい使い方なんだそうです。
収納
入るもの
使い方はともかく、なかなかの収納力で、最低限必要なものは全部入れることが出来ます。

袋自体も見ての通りコンパクトなのでまったくかさ張らない、コレはいいですねー。

新アクセサリーまとめ

個人的に、デバイスケース・ツイストはかなり気に入りました。

ギミック的なものが面白いですし、しっかりとLED対策もされている・・・これはオススメですよー。

お値段もそこそこリーズナブルで、通常版が1,900円スペシャルカラーというシリーズだと2,100円で販売されています。

カプセルケースはブラック、ホワイトともに1,300円だそうで、特別必要なワケではないですが、ミニマル志向の方には良いかもしれません。

既に発売されている「タブポーチ」あたりでも同じ用途で使えますので、ご自身の生活スタイルにあわせて選ぶと良いですね。

余談ですが、別のデバイスケースもレビューしてますので参考にどうぞ。

スペース

あとがき

そろそろGWが近づいてきましたね、初の10連休(私は飛び石4連休)ということですが、楽しみな反面、心配もあります。

そんなに仕事休んじゃって5月働く気になれるのかな・・・ということです。

私は家内の実家(新潟)に行くのですが、せめてブログの更新だけは頑張ろうと思っています。

ただですねー、あっちは毎晩お酒が入るんですよ、そんな状態で書けるのかなー(汗)