ピコ・ベビーでたばこカプセルを楽しむ

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

ちょっと前ですが、ベプログさんにピコテックPico × たばこカプセル)だと、目詰まりや底が溶けるなど、イマイチ活用出来ないという話をしていたんです。

そうしたら、同じPicoでもPico Baby」で互換セットを作ったのでレビューしてみない?と誘われましたので、遅くなりましたが今回のレビュー記事を書くことになりました。

ユーザーさんからの評判も上々のようです、今回はピコテック(ベビー)についてご紹介したいと思います。

ピコテックがイマイチな理由

サイズ比較

ベプログさんへの相談内容の回答ですが、やはり出力の高いMODや低抵抗値のアトマイザーだと、熱量が強すぎて底が溶けることがあるようです。

また、目詰まりについては想像できると思うのですが、ミスト量が多すぎると、たばこカプセル内を通り抜けられない蒸気がカプセル内に付着してしまい、結果、蒸気の通り道を塞いでしまい目詰まりが起きるんですよ。

もちろん、出力を下げつつサブオームのアトマイザーを使わなければ問題ないそうですが、そういう気遣いは初心者向けではないし、正直面倒です。

高出力MODをベースにした「たばこカプセル」互換機がないのはこういう理由なんです。

ピコテック(ベビー)互換セット

この互換セットは、プルームテックとしてもVAPEとしても楽しめるようにカスタマイズされたセットなので、ベプログさんでしか買うことが出来ないスペシャルセットになっています。

まずは、セット内容のご紹介です。

ベースMOD「Pico Baby」

ベースMOD「Pico Baby」
Eleaf iStick Pico Baby
サイズ:41×23×58mm
重さ:76g
バッテリー容量:1050mAh
出力範囲:最大25W
対応抵抗値範囲:0.4-3.0Ω

出力もかなり弱めですが、バッテリー容量もコンパクト。

とは言え、Picoのコンパクトバージョンですからね、デザインは安っぽさもなくいい感じです。

たばこカプセルを使うとなると、これくらいのスペックがちょうど良いということなんでしょう。

アトマイザーは高評価のJUSTFOG Q16

アトマイザーは高評価のJUSTFOG Q16
JUSTFOG Q16
サイズ:φ16×60mm
重さ:24g
タンク容量:2ml
コイル:プリメイドコイル
抵抗値:1.6Ω
エアフロー:ボトム(調整可)
リキチャ:ボトムリフィル
スレッド:510

ピコ・ベビーの純正アトマイザー「GS BABY」は良いアトマイザーですが、コイルの抵抗値は0.75Ω=サブオームなので、ちょっと「たばこカプセル」向きではありません。

この互換セットでは「たばこカプセル」が溶けたり目詰まりしにくいギリギリの抵抗値でもある、1.5Ω前後のアトマイザーを探したとのこと。

その答えが「JUSTFOG Q16」というワケです。

この「JUSTFOG Q16」は、このクラスのアトマイザーの中では味に絶大な評価を得ており、抵抗値も1.6Ωと絶妙なラインなので、たばこカプセルを併用するのにピッタリ。

まさに、ピコ・ベビーをプルームテック互換機として使うためにチョイスされたアトマイザーなんです。

嬉しいリキッド2本付き

嬉しいリキッド2本付き

VAPEとして使うにしても、プルームテックの互換機として使うにしても、必ず必要になるのがリキッド。

本来は別で購入しないといけないものですが、このセットは「はじめて」VAPEを互換機として使う方を想定しているので、2本のリキッドが付属します。

付属するリキッドも「たばこカプセル」の味を邪魔しない、たばこ味とメンソール味の2つ、ちなみにどちらもビタミンB12を配合したベプログさんオリジナルリキッドです。

ただのグリセリンだとVAPEとして運用が出来ない為、プルームテック互換機としても、VAPEとしても楽しめるようにベースリキッドが付属するのは有り難いですね。

あると便利なアクセサリー

あると便利なアクセサリー

買ったばかりのときは、ケースはもちろん、ユニコーンボトルのようなアクセサリー類は基本的にはありません。

ところがこの互換セットは、収納や持ち運びに便利なケースだけでなく、リキッド・チャージ(補充)を行うのに役立つユニコーンボトルまで付属しちゃいます。

ぶっちゃけベイプのケース選びはなかなか大変なので、まずは付属のケースを使いながらゆっくり探すと良いです。

探すコツは、専用のものではなく丁度良いもの、以外なところで売っているポーチがピッタリだったりするので、探し出すと面白いですよー。

Pico Baby & JUSTFOG Q16

要となるMOD「Pico Baby」とアトマイザー「JUSTFOG Q16」について詳しくご紹介します。

使い方からリキッドチャージのやり方まで、参考にどうぞ。

Eleaf iStick Pico Baby / ピコ・ベビー

Pico Baby
Pico Babyその2

スペース

やっぱりベースがピコだけあって、カッコいいですよね。
各面の「Eleaf」と「iStick pico baby」のロゴがいい感じです。

パフボタン
パフボタン・ロック

スペース

パフボタンのまわりに円盤みたいなものがくっついているのですが、この部分を回転させると円盤だけが下に下がりロックが掛かる仕組みです。
斬新・・・この仕組が結構お気に入りです。

電源OFF
電源ON

スペース

電源のON / OFFは、お馴染みの「パフボタン」を5回クリックですが、電源が入ったのかどうかがわかりにくいんです。
底面のロゴの横に小さいポチがありますので、電源がONになると白く点滅しますので、それが合図になります。

JUSTFOG Q16 / クリアロマイザー

JUSTFOG Q16

スペース

コイルはすでに取り付けてありましたが、バラすと写真のように分解できます。
リキッドチャージも定番ですが、中心には入れないようタンクの隙間に入れるようにしましょう。

マグネットリング
マグネットリング装着

スペース

ピコ・ベビーの特徴の1つですが、アトマイザーの510スレッドに専用リングを装着しないと使うことが出来ません。
マグネット式なので、パチンという軽快な音と一緒にセット出来るので、取り外しも簡単です。

ドリップチップ
たばこカプセルIN

スペース

このセットには「たばこカプセル」専用のドリップチップ付属します。
510規格なので、eGoAIOでもEleaf iCare140でも、なんでも使えますので、1つ持っていると重宝します。

ピコテック(ベビー)吸ってみた!

吸ってみた

うん、ミスト量は決して爆煙ではありませんが、純正プルームテックの倍以上は出ます。

なんと言ってもクリアロの割には味が良く出るので、たばこ味リキッド×たばこカプセル「レギュラー」の組み合わせがかなりイケる。(好みはありますが)

このセットなら、今後リキッドを買い足して、グリーンアップル味とか紅茶味とか、色々楽しめそうですね。

メンソール系のたばこカプセル(レッド・クーラー、パープル・クーラーなど)を吸うときも、メンソールを強く味わいたいときはメンソールリキッド、ちょっとたばこっぽい「えぐみ」を加えたいときは「たばこ味リキッド」と使い分けても面白いです。

ピコテック(ベビー)互換セットまとめ

低出力MODは、どうしても安っぽくなってしまう傾向がありますが、その点「Pico Baby」は優秀で、安っぽさを感じさせません。

セットのJUSTFOG Q16プルームテック互換セットとしての評判も良く、わざわざGS Babyではないチョイスをしたのは、さすがVAPE専門店のベプログさんならではだと思います。

他にもアクセサリーやリキッドまでついてくるので、届いたその日からすぐに始められるというのは嬉しい点ですね。

個人的な意見ですが、これまで色々なVAPE×プルームテック互換セットを見てきましたが、ピコテックはかなりオススメのセットだと思いますよ。

あとがき

ちょっと上級者の嗜み的な「VAPE×プルームテック」の組み合わせですが、そんなに難しいものではないので、すんなりと使いこなすことが出来ると思います。

この組み合わせの最大のメリットは、なんと言っても楽しみ方の幅が広がること。

プルームテックだけでは味わえないミスト量や味わい、カスタマイズなどは互換セットならではですので、純正プルームテックにちょっと物足りなさを感じている方にはオススメですよ。

唯一心配なのは、ハマり過ぎちゃうことですかね(汗)

凝りだすとキリがない世界なので、その点だけご注意ください。