このページでは、プルームテックプラスの最新情報からスペック、各フレーバーや使い方などについてまとめています。

ページ下部にプルームテックプラス関連の新着記事が随時更新されていきますので、プルームテックプラスについて調べている方はブクマしておくと便利ですよ。

プルームテックプラスとは

プルームテックの強化モデルのことで、プルームテックに比べて約2倍の蒸気量を実現しており、更に「たばこカプセル」にも改良が加えられたことで、吸いごたえが大幅に”プラス”されています。

低温加熱式タバコ・ジャンルでは圧倒的な人気を誇るトップブランドで、外見は少し太くなってVAPEよりなデザインになりましたが、その分バッテリー容量も増えスペック面も充実。

豊富なフレーバーとアクセサリーで、男女問わず高い評価を得ています。

定番スペックなどの他に、あまり知られていない裏技や小ネタもご紹介していきますよ。

プルームテックプラスの販売価格

発売は2019年1月、当時は4,980円とそこそこの値段で発売されましたが、度重なるグローの値下げプロモーションを受けて、現在は2,980円で販売されています。

プルームテックプラスは、アイコスのような夏割などの季節割はありませんが、楽天に公式ショップを展開していることもあって、楽天スーパーセールのタイミングがオススメ。

ただでさえリーズナブルなのに、送料無料+楽天ポイント20倍など、コンビニなどで買うよりもかなりお得に買うことが出来ます。

また、特典が山程ついた定額プランというものもあり、月々300円ちょっとで買うことも出来ます。

プルームテックプラスのスペック

サイズH:140.9mm
Φ:15.0mm
重さ40g
喫煙本数たばこカプセル5個分
(たばこ25本相当)
喫煙回数50パフ×5個
充電時間90分
バッテリー容量リチウムイオン電池
610mAh
充電タイプmicro USB
本体:5V/1.5A
その他機能50パフお知らせ機能
電子タバコを応用した構造であることから、抵抗値と電圧がわかれば電流や電力を計算することが出来ます。

JTさんからは公表されておらず、あくまでも実測値になりますが、以下をご覧になってみてください。

プルームテック・・・抵抗値3.0Ω / 電圧3.1V
プルームテックプラス・・・抵抗値2.5Ω / 3.9V

これらの数値をオームの法則に当てはめると、プルームテックの電流(A)は1.03Aなので、電力は3.19Wとなります。

これに対して、プルームテックプラスの電流(A)は1.56Aと計算できますので電力は6.08W、プルームテックの倍近いパワーがあることがお解り頂けると思います。

VAPEを嗜む方なら説明不要ですが、単純にW数をあげると蒸気量って増えますよね。

プルームテックプラスの吸いごたえの秘密の1つは、このデバイス自体のパワーアップにあります。

オームの法則
電圧(V)=電流(A)×抵抗値(Ω)
電流(A)=電圧(V)÷抵抗値(Ω)
抵抗値(Ω)=電圧(V)÷電流(A)
電力(W)=電圧(V)×電流(A)

プルームテックプラスのカラーバリエーション

ブラックPloomtech+
ブラック
定番カラー
ホワイトPloomtech+
ホワイト
定番カラー
ディープバイオレットPloomtech+
ディープバイオレット
URBAN CHIC COLORS
*限定カラー
オリーブグリーンPloomtech+
オリーブグリーン
URBAN CHIC COLORS
*限定カラー
チャコールグレーPloomtech+
チャコールグレー
URBAN CHIC COLORS
*限定カラー
アイアングリーンPloomtech+
アイアングリーン(売り切れ)
URBAN CHIC COLORS
*限定カラー
ライムイエローPloomtech+
ライムイエロー
RELAX MODE COLORS
*限定カラー
スカイブルーPloomtech+
スカイブルー
RELAX MODE COLORS
*限定カラー
ワインレッドPloomtech+
ワインレッド
RELAX MODE COLORS
*限定カラー
ネイビーブルーPloomtech+
ネイビーブルー
RELAX MODE COLORS
*限定カラー
ロゼピンクPloomtech+
ロゼピンク
売り切れ次第終了
*限定カラー
プルームテックプラスはブラックとホワイトの定番2色で販売が始まりましたが、その1ヶ月後には限定カラーモデルを投入されます。

シックな色合いで大人の色気が漂う「アーバンチックカラー」と、ポップなカラーが明るい気持ちにさせてくれる「リラックスモードカラー」の2つの限定シリーズから、それぞれ4色づつが展開。

公式サイトを見ると「アーバンチックカラー」のアイアングリーンが売り切れてましたので、ぼちぼち他のカラーも売り切れ始める頃かもしれません。

また、つい最近ではロゼピンクという、これまた淡い桜色の限定カラーが発売されており、定番カラーも含めるとかなりのカラーバリエーションとなります。

ロゼピンク発売前ですが、読者の皆様に好きなカラーをアンケート調査したことがありまして、約1,000人の方から回答を頂いてますので参考にしてください。

プルームテックプラス専用たばこ「たばこカプセル」

プルームテックプラスの専用たばこは「たばこカプセル」というカプセル形状のタバコです。

プルームテックも同様の「たばこカプセル」を用いますが、プルームテックプラス用とは同梱されているカートリッジが違うので、間違って買わないように気をつけてください。

フレーバーの種類も多く、スタンダードな味だけでなく、フルーツ系のフレーバーなども豊富なので、女性ユーザーからの支持も厚いのが特徴でしょう。

展開されるブランドはメビウスのみですが、通常シリーズの他にゴールドシリーズというものがあり、これがめちゃくちゃ美味いのでオススメです。

実はこのゴールドシリーズ、含まれるニコチンの量も通常のシリーズに比べて増えており、これが吸いごたえの秘密の2つめなんですよ。

メビウス通常シリーズ・・・500円
メビウスゴールドシリーズ・・・500円
プルームテックのたばこカプセル・・・ニコチン0.02mg/1パフあたり
プルームテックプラスのたばこカプセル・・・ニコチン0.03mg/1パフあたり
ゴールドシリーズのたばこカプセル・・・ニコチン0.04mg/1パフあたり

MEBIUS TOBACCO CAPSULE / 通常シリーズ

クリア・ミントクリア・ミント
ペパーミント由来の爽快感に、ほのかな甘みのアクセント。
※メンソールは天然メンソール100%
コールド・ミントコールド・ミント
ジャパンミント由来の氷冷感に、キレのある刺激のアクセント。
※メンソールは天然メンソール100%
ローストロースト
香ばしいたばこの味わいに調和する、奥深いコクのアクセント。
マイルドマイルド
マイルドなたばこの味わいに溶け込む、爽やかなうまみのアクセント。
パープル・ミントパープル・ミント
華やかなベリーフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。
※メンソールは天然メンソール100%
レッド・ミントレッド・ミント
爽やかなアップルフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。
※メンソールは天然メンソール100%

MEBIUS TOBACCO CAPSULE GOLD / ゴールドシリーズ

ゴールド・クリア・ミントゴールド・クリア・ミント
特別原料「ゴールドリーフ」使用。ペパーミントの爽快感に、ゴールドリーフの強い刺激でシャープなキレ。
※メンソールは天然メンソール100%
ゴールド・ローストゴールド・ロースト
特別原料「ゴールドリーフ」使用。香ばしいたばこの味わいに、ゴールドリーフの濃厚なコクで広がる余韻。
ゴールド・マスカットグリーン・ミントゴールド・マスカットグリーン・ミント
ゴールドリーフ由来の強い刺激と、芳醇なマスカットの甘味をお愉しみいただけます。
※メンソールは天然メンソール100%
ゴールド・レッド・ミントゴールド・レッド・ミント
ゴールドリーフ由来の強い刺激と、完熟アップルの濃厚な味わいをお愉しみいただけます。
※メンソールは天然メンソール100%
ゴールド・イエロー・ミントゴールド・イエロー・ミント
ゴールドリーフ由来の強い刺激と、完熟レモンの濃厚な味わいをお愉しみいただけます。
※メンソールは天然メンソール100%

限定フレーバー

エナジー・スパーク・ミントエナジー・スパーク・ミント
炭酸飲料をイメージした、ハジけるうまさの爽快感が特徴のフレーバーメンソールタイプ。
※6月29日発売予定
これまでプルームテックでしか発売されなかった限定フレーバーですが、2020年6月末にプルームテックプラスでは”初”となる限定フレーバーが投入されます。

その名もズバリ「メビウス・エナジー・スパーク・ミントプルームテック・プラス専用」だそうで、真っ赤なパッケージが目を引く数量限定フレーバー。

こちらはレビュー次第、文末の新着記事から確認出来ますので、もう暫くお待ち下さいませ。

プルームテック・シリーズの有害性について

加熱式たばこのウリといえば、紙巻きたばこに比べて有害物質を大幅にカットしました!って話ですが、プルームテック・シリーズはそんなレベルではありません。

北里大学の研究チームが行った調査では、プルームテックに切り替えると、禁煙した人と同等の数値が得られたそうです。

また、厚労省が依頼して国立がん研究センターが行った調査でも、同様の結果が出ており、有害物質99.9%削減というのは伊達ではありませんね。

アイコスなどのような高温加熱式たばこに比べると喫味は及びませんが、匂いは無臭と言っても良いくらいなので、今後ますますシェアを広げていくのではないでしょうか。

プルームテックプラスの裏技

裏技というキーワードだけでもワクワクしてきますが、定番の裏技からちょっとマニアックな裏技まで、全部ご紹介します。

基本的にJTさん非公認のものばかりですので推奨するわけではありませんが、知っていると役に立つこともありますので参考にどうぞ。

最後に決り文句で申し訳ありませんが、当方では責任を持てませんので、実践される場合はご自身の判断でお願いしますね。

「裏技」初級編:カウントリセット

プルームテックプラスしか使わない人でしたら出番はあまりないのですが、他のデバイスと併用して使っている人なんかだと役に立ちます。

初級編でご紹介する裏技は、50パフをリセットしてくれるというもの。

プルームテックプラスの50パフカウントは、途中で吸うのを辞めて放置してもリセットされない仕組みなんです。

ですので、何回吸ったかわからなくなってしまい、新しいカプセルに取り替えて吸うときなどに重宝しますよ。

「裏技」初級編:カートリッジ再生

プルームテックから定番の裏技で、たばこカプセルに同梱されているカートリッジの中身(リキッド)を自分で補充して再度使えるようにするという裏技です。

プルームテックプラスを吸っている方ならわかると思いますが、たまーにカートリッジからリキッドが漏れていることがありますよね。

また、吸い方によってカートリッジ内のリキッドの減りが早くなったりして、たばこカプセルを吸い切る前にカートリッジ内のリキッドがなくなってしまうことがあるんです。

そんなとき、リキッドを自分で補充できれば、最後までたばこカプセルを吸い切ることが出来るので、知っていても損はありませんよ。

「裏技」中級編:スヌースでプルーム

これは誰でも出来る裏技ですが、なかなかこの発想はありません・・・スヌースという「かぎたばこ」をたばこカプセルの代わりに使うという裏技です。

カートリッジ再生が出来ることが前提になりますが、これで満足できるのであればかなりの節約になります。

なぜなら、たばこカプセルは1箱につき5カプセルしか入ってませんが、スヌースはほぼ同じ値段で20個ものパウチが入っているからです。

ちなみにBATさんから発売されているVELOでも出来ます。

「裏技」上級編:ニコチン強化

こちらもカートリッジ再生が出来ることが条件になりますが、要はカートリッジの中に入れるリキッドをニコチン入りのものにするという裏技です。

入れるニコリキによってキックは変わりますが、キッツイのを入れるとニコチン量だけで言ったらアイコス以上にすることも簡単に出来ます。

ただし、ニコリキは国内では手に入らないので、海外からの個人輸入というカタチでしか手に入らないので、その意味で上級編としました。

とは言え、個人輸入といっても楽天で買い物をするのとなんら変わらないんですけどね・・・ただ今の時期はコロナで配送が遅延しているので、届くまでにかなり時間が掛かると思った方が良いです。

プルームテック関連の小ネタ

ここで紹介する小ネタを知っている方は、かなりのプルームテックマニア。

知っていると役に立つネタもご紹介しますので、興味のある方は是非チェックしていってください。

いくかあるのですが、中でもお気に入りの4つをご紹介します。

「小ネタ」初級編:喫煙所MAPが無料で使える!

これはプルームテックプラスに限った話ではありませんが、プルーム公式サイト自体は他のたばこブランドサイトと統合して「CLUB JT」というサイトの一部となっています。

この「CLUB JT」のアプリ版というものがあるのですが、どんなアプリなのかと言うと「喫煙所MAP」なんです。

何が凄いって喫煙所登録数の多さもさることながら、その場所がただの喫煙所なのか、カフェなのか、レストランなのかがひと目でわかる仕様になっているんです。

吸える場所がどんどん減っている昨今、かなり便利なアプリですよ。

「小ネタ」初級編:オリジナルケースが作れる!

プルームテックのキャリーケースやスタンド限定ですが、シンプルだったケースに好きなデザインの柄や文字を入れることが出来るんです。

「Ploom CUSTOM BAR」と言って、実施店舗は「渋谷店」「なんば店」「天神店」「仙台店」「広島店」「札幌店」の6店舗のみ。

お住まいによっては利用するのは少し難しいかもしれませんが、イニシャルなんかも入れらるので楽しいですよ。

プルームテックプラスのアクセサリーに対応していないのが残念ですが、プルームテックのキャリーケースを持っている方は是非やってみてください。

「小ネタ」中級編:プルームは4兄弟だった!

完全なネタでして、知っていても何の約にも立たない話です。

ご存知のとおり、プルーム・シリーズは「プルームテック」「プルームテックプラス」「プルームエス」の3種類のデバイスで展開されていますが、実はプルームテックの前に「プルーム」というデバイスが発売されていたんです。

2013年に発売されたんですが、当時はアイコスもブームになる前だったので、まったく知られない存在でした。

そして、プルームテックが発売される前に出荷停止となっており、日の目を見ることなく消えていった幻のプルームがあったんですねー。

「小ネタ」上級編:プルームテックプラスはオリジナルではなかった!

あんまり大きな声では言えませんが、このプルームテックプラスって新しく開発されたデバイスっていうワケじゃないんです。

実はベースとなった電子タバコがありまして、その名も「Logic pro」と言います。

これはイギリスのLogic社という電子タバコを手掛ける会社の主力商品なんですが、この会社をJTさんが買収していたんですね。

記事を読んでいただければわかると思いますが、先端にたばこカプセルを差し込めるようにしたくらいで、他は「Logic pro」そのものなんですよ。

プルームテックプラスについての最新記事

プルームテックプラスのタグがついた記事を下記に掲載してあります。
*随時更新されます。

STANDARD COLORSPloomtech+
STANDARD COLORS
スペース
CLUB JT公式サイト
URBAN CHIC COLORSPloomtech+
URBAN CHIC COLORS
スペース
CLUB JT公式サイト
RELAX MODE COLORSPloomtech+
RELAX MODE COLORS
スペース
CLUB JT公式サイト
LIMITED COLOR ROSE-PINKPloomtech+
LIMITED COLOR ROSE-PINK
スペース
CLUB JT公式サイト
LIMITED COLOR GOLDPloomtech+
LIMITED COLOR GOLD
スペース
CLUB JT公式サイト

×