STARTER KIT
with CARRY CASE
Ploom TECH
Image is not available
Image is not available

Slider

プルームテックとは

JT日本たばこ産業)から発売されている
火を使わないタバコ
プルームテック(PloomTECH)」です。

アイコス(IQOS)やグロー(glo)などと
同じ加熱式タバコの1つ。
このページではプルームテックの特徴
裏話しなどをまとめています。

プルームテック:関連記事リンク

プルームテック関連の記事をお探しの方は、各情報メニューからお探し下さい。


プルームテック5つの特徴

加熱式たばこの特徴でもある、火を使わないことから「タールが発生しない」「臭いが少ない」のは当たり前。

ここでは、アイコスグローと比べたプルームテックの特徴をご紹介します。

1.最も臭いが少ない加熱式たばこ

アイコスやグローは臭いが少ないと言っても、たばこ葉を直接加熱するため、なんだかんだ臭いがあります。

ところが、プルームテックは「ほぼ無臭なんです。

我が家の嫌煙家(子供達)からお墨付きを貰えたのはコレだけ、よほど臭いがしないのでしょう。

2.圧倒的な利便性

基本的にたばこを吸うという行為は、たばこ1本分を空い終わるまで「喫煙行為」に拘束されます。

プルームテックの良いところは、吸ったときだけバッテリーが反応するため、吸いたい時に吸えて、辞めたいときに辞められることです。

この特徴はプルームテックだけで、慣れてしまうと他のデバイスに戻れなくなります。

3.電子タバコと同じ構造

プルームテックだけ、アイコスやグローと比べて構造が簡易的で、発生させた蒸気をたばこカプセルに通すことで、ニコチンフレーバーを付着させて吸引するスタイルを採用しています。

この独特のスタイルから、以下の3つの副産物が生まれました。

■熱量が少ない為、たばこ葉本来のクリアな味わいを楽しむことが出来ます。
■構造が一昔前の電子タバコそのものであるため、様々な互換品が登場、純正品がなくてもプルームテック・スタイルを楽しむことが出来ます。
■現行のVAPEでも、たばこカプセルが装着できる互換ドリップチップを使えば「爆煙・プルームテック」を楽しむことが出来ます。

4.リーズナブルでカスタマイズの幅も広い

スターターキットの価格は4,000円と最もリーズナブルな価格で、数年使い続けることを前提に考えてもコスパはピカイチ。

しかも、先程も述べた通り、構造が非常にシンプルなので、様々なパーツをカスタマイズ出来るのもプルームテックならではです。

バッテリーを変えたり、カートリッジ(カトマイザー)を変えたり、専用ドリップチップを使ってVAPE✕たばこカプセルにしてみたりと、ここまでカスタマイズ出来るのもプルームテックだけです。

5.プルームテックのデメリット

構造にも起因しますが、たばこ葉を直接加熱するワケではないので、ニコチンの含有量はかなり少ないです。

また、熱量も少ないことから吸った感じは非常に軽く、ちょっと強めの紙巻きたばこを吸ってた人だと物足りなく感じるかもしれません。

辞め時(喫煙行為)がわからない、なんていう声もチラホラ聞こえますね。

プルームテックまとめ

プルームテックは、たばこ感こそ弱めですが味は美味しいですし、何よりも周囲への影響が最も少ないのがポイント。

その意味で、2020年のたばこ問題に立ち向かえる最有力候補だと思っています。

カスタマイズによってはVAPEリキッドも使えるなど、楽しみ方の幅も広いのでオススメですよ!

最新情報

プルームテックについての最新情報カテゴリの記事です
主に、ニュースメディアで取り上げられた内容や、公式サイト内のインフォメーションなどを中心に紹介しています。

同カテゴリへのリンク:プルームテック>最新情報カテゴリ

販売情報

プルームテックについての販売情報カテゴリの記事です
現在では「福岡」と「東京」のみですが、2018年エリア展開情報や、オンライン販売などについて紹介しています。

同カテゴリへのリンク:プルームテック>販売情報カテゴリ

製品情報

プルームテックについての製品情報カテゴリの記事です。
プルームテックの使い方特徴だけでなく、不具合対処法裏技など、マニュアル的な内容をご紹介しています。

同カテゴリへのリンク:プルームテック>製品情報カテゴリ

グッズ情報

プルームテックについてのグッズ情報カテゴリの記事です。
アクセサリーケースの紹介だけではなく、互換バッテリーなどの活用など、プルームテックの楽しみ方をご紹介しています。

同カテゴリへのリンク:プルームテック>グッズ情報カテゴリ