こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

最近アイコス3クオリティの高さから、アイコス使用比率がダントツに上がっています

さて、今回レビューするのが、アイコスの唯一の弱点とも言える「連続吸い」を克服した一体型デバイスアイコス3マルチ(IQOS 3 MULTI)」です

インターネット上での評判はうなぎのぼりですが、そのオススメポイントを余すことなくご紹介しようと思います。

アイコス3かマルチか?悩んでいる方は是非参考にしてください!

アイコス3マルチ最強説

そもそもアイコスといえば、紙巻きタバコに最も近い吸い心地で、日本で一番ユーザーが多い加熱式タバコの1つ。

もちろん、当時はアイコスしか選択肢がなかったこともありますが、グローやプルームテックにはない”ホンモノ”のたばこ感が支持されています。

ところが、味は好きなんだけどアイコスはちょっと・・・と他のデバイスに切り替える人もいたんですよね。

理由は簡単です、味には定評があったアイコスも、致命的な欠点があったからなんです。

アイコス3マルチが最強と言われるのは、まさにこの欠点を解消したデバイスだからに他なりません。

1.たばこを挿したらスグ吸える!

たばこを挿したらスグ吸える!
従来のアイコスだと、かならずチャージャーからホルダーを出して・・・と、いざタバコを吸おうにも一連の手順が必要でした。

ですが、マルチはヒートスティックを挿したらボタンを押すだけ、このように簡単に喫煙を開始することが出来ます。

無駄を一切省いたシンプル操作は、アイコス発売当初の理念(紙巻たばこの所作をイメージ)を覆すものですが、逆に欠点にもなっていただけに、この進化は大きな意味があります。

時代にあわせて、ユーザー目線で開発されたことが良くわかりますね。

2.10分の休憩でも2本吸える連続吸い!

10分の休憩でも2本吸える連続吸い!
アイコス離れを加速された理由の1つがコレ、セパレートタイプのアイコスは吸い終わったら必ずホルダーを再充電しないといけなかったので、連続で吸うことが出来なかったんですね。

10分間の休憩があったとして、これまでのアイコスだと1本吸うのに5分使うと、その後のチャージに4分くらい掛かってしまう為、2本目を吸うことが出来ませんでした。

マルチはなんと10本連続で吸えます(汗)

この機能はアイコス・ユーザー待望と言っても過言ではないくらいで、この欠点を克服できたことが最強の所以です。

3.連続で吸っても美味しく吸える!

連続で吸っても美味しく吸える!
この連続で吸うという機能ですが、実は互換機では既に実用化されていました。

ですが特筆すべきなのはそのクオリティの高さ、いくつかの互換機は連続で吸うとバッテリーが異様に熱くなったり、うまく加熱できなかったりと、実用レベルにはちょっと届かないかな・・・という感じ。

こういった点はさすが本家!

2本くらいなら全然変わらずに、いつものクオリティで吸うことが出来ます

さすがに3本連続はクラクラしてきたので試してませんが、数々の互換機を試してきた私の感想は、凄い!の一言。

4.急速充電でラクラク充電!

急速充電でラクラク充電!
さすがにコンパクト&バッテリー一体型なだけに15本弱吸うとバッテリーがなくなってしまいます

2.4Plusだと約30本くらい吸えただけに、ここはマルチの欠点でもありますが、それを補うような充電性能を装備してます。

なんと75分で充電可能!

ですので、ちょっとバッテリーの残量が減ってきたなー、と思ったらスグに充電しておけば、次の休憩で吸えないということはまずないでしょう。

互換機の多くは急速充電出来ないため、1時間30分前後掛かるモノが多いのですが、しっかりとリカバリー策を講じてますね。

5.コンパクト&スリムボディでかさばらない!

コンパクト&スリムボディでかさばらない!
アイコスって結構かさばるイメージありませんでした?

楽天やAmazonでケースを買った人ならわかると思うのですが、ヒートスティックとセットで収納するタイプなんかだとメチャクチャでかい。

以前、同僚に見せたら「CDケース」と間違えられるくらいでしたからね(汗)

ですが、マルチは見ての通りのコンパクト&スリムボディ。

しかも50gと軽量なので、ポケットに入れても気にならないんです。

チャージャーではこうもいきませんからね、地味にオススメなポイントです。

おまけ:マルチのこだわり構造

フラップ部分のこだわり
キャップ部分のこだわり
これは構造に関しての工夫についてですが、実はこのマルチ・・・色々と工夫が凝らされているんです。

例えば、ヒートスティックを挿入する部分のフラップ、挿し込むときは手でスライドさせるんですが、抜くとオートで閉じます!

ハッキリ言ってどうでもいいコトなんですが、衛生面的にも閉め忘れがなく気に入ってます。

更に、キャップと本体部分にマグネットが仕込まれており、半分くらいキャップを持ち上げた状態で手を離すと、カチッという軽快な音を立てて自動的にキャップが装着されるんです。

どうでもいいですよねー、でもこういう工夫がガジェット好きな心をくすぐるんですよ。

アイコス3マルチのまとめ

アイコス3マルチのまとめ
これまでのアイコス(2.4plus)と言えば、吸うまでに手間がかかる、連続で吸えない、デカイ、掃除が大変と、味こそ定評はありましたが、不満を持つユーザーも少なからずいました。

そんな人達がグローや互換機に乗り換えていったのだと思いますが、それらを克服したマルチの登場でまたシェアが大きく変わりそうな予感がしますね。

特に、既存ユーザーからも「最強」との呼び声も高く、その注目度はかなりのもの

掃除については相変わらずですが、グローに流れたユーザーを取り返すには十分な実力を持つデバイスだと思いますよ。

アイコス特有のカスタマイズ性も健在なので、味以外に不満があった方は、是非このマルチを試して頂きたいです。

あとがき

アイコス3をレビューしたときは、もうコレ1択だな!と思ったんですが、どうしてナカナカ、マルチもいいんですよね。

正直どっちがいいとは言い切れなくなってしまいましたが、やはりセパレート好きならアイコス3、色々不満を持っている人ならマルチが良いんですかね。

残念なのは、供給が間に合っていないこと・・・そして転売に出されてしまっていることでしょうか。

12月、遅くとも来年にはだいぶ手に入りやすくなると思いますので、くれぐれも転売品には手を出さないようにしてくださいね。

では、今日はこの辺で、長文お付き合い頂きありがとうございました。