【2022年最新】たばこ値上げ情報!アイコスイルマ据え置きで再申請、2022年10月よりアイコス3銘柄のみ20円値上げ!

IQOSイルマ、2022年10月より専用たばこ全銘柄20円値上げ!テリア600円 / センティア550円に価格改定。 アイコス
アイコス

こんばんは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

毎日の蒸し暑さと忙しさについつい忘れそうになりますが、あと1か月半ほどで私たち加熱式ユーザーにとっては、最後の試練が待っています。

そうです、2018年から毎年続いていた「たばこ税」の増税です

アイコスを販売するフィリップモリスが一番乗りで増税後の価格を発表しましたので、各銘柄ごとの旧価格新価格値上げ額まとめてご紹介しておきます

たばこ税に関する話も併せて紹介していきますので参考にどうぞ。

JTプルーム・シリーズの増税後の値上げ価格はこちら

BATグロー・シリーズの増税後の値上げ価格はこちら

追記:9月1日に再申請!アイコスイルマの値上げなしで据え置き!

そりゃあそうですよね・・・8月31日にはJTさんが、9月1日にはBATさんから増税後の価格を再申請したとのプレスリリースが届きましたが、アイコスも再申請を発表。

シンプルですが、今力を入れている新シリーズ「アイコスイルマ」の専用たばこ銘柄のみ、これまでの価格で据え置きとなりました!

これは嬉しいですねー、さすがに王者アイコスもこのままではマズイと思ったんでしょう。

今回の10月1日の値上げは、イルマへの移行を促す上でも効果的な値付けだと言えそうです。

次項より、再申請分も追加した増税後の価格一覧を掲載していますので参考にしてください。

アイコスイルマ・シリーズの専用たばこ銘柄の値上げ後価格一覧

アイコスイルマ専用「テリア」

TEREAフレーバー一覧
銘柄現行
価格
改定後
価格
再申請
価格
テリア・リッチ・レギュラー580円600円580円
テリア・レギュラー580円600円580円
テリア・スムース・レギュラー580円600円580円
テリア・バランスド・レギュラー580円600円580円
テリア・ブラック・メンソール580円600円580円
テリア・メンソール580円600円580円
テリア・ミント580円600円580円
テリア・パープル・メンソール580円600円580円
テリア・イエロー・メンソール580円600円580円
テリア・トロピカル・メンソール580円600円580円
テリア・ブライト・メンソール580円600円580円
テリア・フュージョン・メンソール580円600円580円
テリア・ブラック・パープル・メンソール580円600円580円
テリア・ブラック・イエロ―・メンソ―ル580円600円580円
テリア・ルビ―・レギュラー580円600円580円

アイコスイルマ専用「センティア」

SENTIAフレーバー一覧
銘柄現行
価格
改定後
価格
再申請
価格
センティア・ディープ・ブロンズ530円550円530円
センティア・バランスド・イエロー530円550円530円
センティア・クリア・シルバー530円550円530円
センティア・フレッシュ・エメラルド530円550円530円
センティア・フロスト・グリーン530円550円530円
センティア・クール・ジェイド530円550円530円
センティア・シトラス・グリーン530円550円530円
センティア・フレッシュ・パープル530円550円530円
センティア・ピュア・ティーク530円550円530円
センティア・アイシー・ブラック530円550円530円
センティア・トロピカル・イエロー530円550円530円

アイコスイルマ専用のたばこ銘柄は、テリアセンティアともに20円値上げ

9月1日の再申請により、アイコスイルマの専用たばこ銘柄はすべて据え置きとなりました!

PMとしては値上げしたかったんでしょうけど、他社がほぼ据え置きと言う状況では、さすがに追従せざるを得ませんからね。

とはいえ、アイコス3ユーザーをイルマに移行させるには良いタイミングですので、10月移行は特に移行が進みそうです。

なお、センティアは未だ発売されていないフレーバーも掲載されていますが、そろそろ発売との噂もありますので、エリア限定になるかもしれませんが全種類出揃いそうです。

アイコス3・シリーズの専用たばこ銘柄の値上げ後価格一覧

アイコス3専用銘柄「マールボロ」

marlboroフレーバー一覧
銘柄現行
価格
改定後
価格
値上げ額
マールボロ・ヒートスティック・レギュラー580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・メンソール580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・バランスド・レギュラー580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・ミント580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・スムース・レギュラー580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・パープル・メンソール580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・イエロー・メンソール580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・トロピカル・メンソール580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソール580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・リッチ・レギュラー580円600円20円
マールボロ・ヒートスティック・フュージョン・メンソール580円600円20円

アイコス3専用銘柄「ヒーツ」

HEETSフレーバー一覧
銘柄現行価格改定後価格値上げ額
ヒーツ・ディープ・ブロンズ530円550円20円
ヒーツ・バランスド・イエロー530円550円20円
ヒーツ・クリア・シルバー530円550円20円
ヒーツ・フレッシュ・エメラルド530円550円20円
ヒーツ・フロスト・グリーン530円550円20円
ヒーツ・クール・ジェイド530円550円20円
ヒーツ・シトラス・グリーン530円550円20円
ヒーツ・フレッシュ・パープル530円550円20円
ヒーツ・ピュア・ティーク530円550円20円
ヒーツ・アイシー・ブラック530円550円20円
ヒーツ・トロピカル・イエロー530円550円20円

既にデバイスは終売となっていますが、未だユーザーを多く抱えるアイコス3シリーズの銘柄も、一律20円の値上げで落ち着きました

残念ながら9月1日の再申請の内容に含まれておらず、10月からは上記の価格になる予定。

これでデバイスも専用たばこもイルマのほうが安くなりましたので、移行しない理由はほぼ無くなりましたね。

IQOS ILUMA デバイスの値下げと IQOS ILUMA ONE の登場で、旧 IQOS3シリーズからの移行する人が増えてはいるものの、コンビニ店長の話によると旧シリーズのマールボロなどは売れているそうですよ。

たばこ税の増税について

2018年10月からかれこれ5年連続の値上げで、気づけば600円まで値上がりするアイコスの専用たばこ

値上げ前の2018年の増税前は幾らだったか覚えてますか?なんと460円だったんですよ

随分と高くなりましたよね・・・140円の値上げということは缶ジュース1本分ですから、相当な値上げです。

さて、次項より「たばこ税」に関する小ネタ【5選】を紹介していきますので、興味のある方は是非ご覧になっていってください。

2018年10月時のたばこ税増税一覧

1.大連続”増税”は2022年10月で終わり!

段階的な増税の図

本当に長かったですよね・・・なんてったって2018年10月から毎年増税ですから、喫煙者にとっては大打撃ですよ。

既に600円の大台に乗ったので今更ですが、ひとまず「たばこ税」の段階的な増税は今回の2022年10月で終わります

2018年10月・・・たばこ税の増税により値上げ
2019年10月・・・消費税の増税により値上げ
2020年10月・・・たばこ税の増税により値上げ
2021年10月・・・たばこ税の増税により値上げ
2022年10月・・・たばこ税の増税により値上げ(加熱式のみ)

2019年は消費税の増税があったため、たばこ税の増税は行われませんでしたが、私たち消費者からすれば5年連続の値上げです。

世界的に見れば日本のタバコは安い!とか言われますが、そういう問題じゃありませんよね。

これだけ増税したんだから、当分は増税しないで頂きたいと願うばかりです。

2.なぜ段階的な増税されることになったのか?

なんで?と疑問を感じている図

加熱式たばこは当初、新ジャンルだったこともあり、なぜか税区分がパイプたばこと同じ扱いだったんです。

その時の税率がとんでもなく安かったんですが、加熱式たばこが広がるにつれて、税金のとりっぱぐれを恐れた国が、紙巻たばこ並みの税金をかけよう!と言い出したのが始まり

とはいえ、税率が低すぎた為、いきなり紙巻たばこ並みに増税しちゃうとタバコ自体を辞めちゃう人が増えちゃうから、辞めにくいように段階的に増税していこう!とまあ、こんな感じです。

種類2018年までの税額2018年時の課税割増税後のたばこ税額
紙巻たばこ244.88円55.7%約300円
アイコス192.20円41.8%約270円
グロー119.98円28.6%約220円
プルームテック34.28円7.5%約210円
2018年時にはプルームエックスなどは未発売でテックのみだった為

こんなに税率の低い商品が、半分以上税金の塊である紙巻たばこにとって代わろうとしてたんですから、そりゃあ国も焦りますよ。

あとは単純に、グローやプルームテックの税率が低すぎた為、不公平が出ないようにっていう建前もあります。

2022年10月の増税が加熱式だけな理由も、紙巻たばこに比べて、増税幅が大きく1回あたりの増税幅を緩やかにするためです

3.値上げの内容は各社に委ねられている事実

納得の図

アイコスは一律20円の値上げを発表しましたが、実はこの増税による値上げの内訳は、たばこ会社各社に委ねられているのをご存じでしょうか

その証拠に、昨年10月の値上げでは、JTさんはプルームテック、プルームテックプラス、プルームエックスのメビウスをそれぞれ30円づつ値上げしましたが、ワンコインで買えるキャメルは500円のまま据え置きにしてます

グローもneoシリーズは40円の大幅値上げでしたが、KENTをワンコインで買えるように20円の値上げに留めるなど、戦略的に値上げを行っているんです。

例に出したプルーム、グローはまだ未発表のため詳細は不明ですが、アイコスイルマワン発売から劣勢を強いられている2社なだけに、どんな値付けをするのか楽しみです。

4.世界とは真逆の規制をする日本

腑に落ちてない図

イギリスが有名ですが、世界では電子タバコや加熱式タバコが、紙巻たばこを吸うよりも、「本人はもちろん周囲にもプラス」として切り替えを推奨する動きがあります。
※たばこに寛容な国

こういうのを「タバコ・ハームリダクション」と言いますが、あのアメリカではアイコスが米国FDAのお墨付きで「リスク低減たばこ製品」として認可されるなど、世界では紙巻たばこから次世代タバコへの移行を推進しているんです

ですが日本はどうでしょう?加熱式は2022年10月の値上げで軒並み600円前後まで値上げとなりますが、紙巻たばこには未だ450円前後の商品があります。

加熱式ユーザーはデバイス代としてタバコ以外にもお金が掛かっているのに、タバコまで紙巻たばこのほうが安いとなると、せっかく加熱式タバコに移行した人も、これじゃあ紙巻たばこに戻っちゃいますよね。

5.フィリップモリス&ブリティッシュ・アメリカンタバコの動き

フィリップモリスとブリティッシュアメリカンタバコの図

世界のタバコ企業トップ1と2のフィリップ・モリスブリティッシュ・アメリカンタバコの2社は、脱紙巻タバコ依りの活動を始めています

例えばアイコスを販売するフィリップモリスは、英国でこんなことを言い出しました。

たばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナルは27日までに、展開する「マールボロ」ブランドのたばこについて、英国での販売を10年以内にやめる方針を明らかにした。同社は英国政府に対してもたばこ製品の販売を禁止するよう呼び掛けた

https://www.cnn.co.jp/business/35174383.html

煙のない社会をスローガンに掲げるフィリップ・モリスなので、凄いことを言い出したようにも見えますが、ここで言うタバコに電子タバコや加熱式タバコは含まれていません。

これには裏もありそうで、続きが気になる方は「フィリップ・モリスの英国でのパフォーマンスの裏を読む!」をご覧になってみてください。

なお、ブリティッシュ・アメリカン・タバコは脱紙巻とまではいきませんが、少し前に驚きの行動に出ました。

英国たばこ大手の日本法人が、自民党の議員連盟に対し、来年度税制改正で紙巻きたばこの増税を要望していることが4日、分かった。

JIJI.com – 紙たばこ、異例の増税要望 加熱式への逆風警戒―英系大手

この来年度というのは、今年の10月の増税のことで、せっかく加熱式タバコが広がってきているのに加熱式だけを値上げしたら、加熱式たばこのほうが高くなって売れなくなるじゃん!だから紙巻たばこを増税しようぜ!ってことです。

詳しくは「BAT、自民党の議員連盟に紙巻たばこ増税を申し出。」にまとめてありますが、フィリップモリスにしてもブリティッシュ・アメリカン・タバコにしても、ずるいのは自社の紙巻たばこのシェアが高いところではこういうことは言わないんですよね。

特に日本では、JTの紙巻たばこが圧倒的なシェアを誇るだけに、紙巻たばこが減って加熱式たばこにユーザーが流れると、それだけでシェアが拡大する図式なんです。

みんなビジネスなので、自社に利益のあることをするのは当然ですが、世界のトップ企業はやることが大胆ですよね。

フィリップモリス たばこ価格改定まとめ

アイコスのスタンダードなラインナップでもあるテリアとマールボロが600円になったということは、プルームやグローは590円とか580円あたりになる見通しです。

結局JTさんの再申請の動きから各社ほぼ値上げをしない、という流れに落ち着きました。

アイコスとグローに関しては、この値上げをうまく使って、イルマやグロー・ハイパーに移行してもらいたい、そんな思いもありそうです。

各社の値上げ内容については、下記にまとめてありますので参考にどうぞ。

あとがき

そう言えば私が紙巻たばこを辞めたのは2018年10月の増税がキッカケで、当時吸っていた赤マルが520円になったんですよ。

ワンコインで買えない、じゃらじゃらお釣りが出るのが嫌で辞めたんですが、今じゃそんなのは当たり前。

結果として、加熱式たばこに変えたことで、喉の調子も良くなったし、自室で吸えるようになって良かったんですが、くだらないことで辞めたな・・・とふと思いました。

またタバコ辞めてやるー!って話が話題になったりするのかな、そんなことを思った今日この頃でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました