IQOSイルマでスティックが折れた!外出時でも安心の対処方法まとめ。

IQOSイルマでスティックが折れた!外出時でも安心の対処方法まとめ。 アイコス
アイコス

こんにちは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

今日は実体験をもとに、IQOSイルマのホルダー内でスティック折れたときの対処方法についてご紹介します

構造、というか取り方を知っていれば、外出時でも応用を効かせられます。

ちなみに私も折れて焦った1人でして、仲良くして頂いているブロガーさん「アイセツさん」の記事を読んでいたので危機を脱しましたが、最初は結構焦りました。

スティック折れ対策の為にモノを用意するのは馬鹿らしいので、いざというときに対処できるように、やり方だけでも知っておいて頂ければ幸いです。

IQOSイルマでスティックが折れるまで

楽天で買った電動ロードバイク
コンビニに寄ってのタバコ休憩が日課です。
吸おうと思ったらフィルターが折れてた(汗)

私事ですが、学校に通うようになってからジムにも行けなくなったので、少しでも運動を・・・と思いまして、往復40キロを自転車で通うようにしています。

と言っても、電動なので軽く汗をかく程度で、道中でタバコ休憩などをしながらプチ・サイクリングを楽しんでいる毎日です。

そんな時、コンビニでタバコ休憩しながら学校に向かい、着いたので一服しようとタバコを取り出したら、ホルダーの中にスティックが入ったまま根本からポッキリ折れてるじゃないですか(汗)

まだ1日は始まったばかり、このままでは大変なことになる!と焦りました。

スティックが折れた原因

適当にポイッとポーチに入れちゃったのが原因

こういう事態を予防するには、その原因を取り除くのが一番。

で、私の場合なぜ折れてしまったのかと言うと、スティックを抜かずに自転車のポーチにしまったのが原因でした。

普段ならちゃんとスティックを抜いて、チャージャーに閉まってからポーチに入れるんですが、その日はのんびりし過ぎて時間がなかったんですよ。

このポーチにはIQOSイルマとたばこスティック、あとは小銭入れに六角レンチ。

走行中に中のものがぶつかってフィルター部分が折れちゃったみたい。

これはアイコス3シリーズでも同じことが言えますが、吸い終わったら必ず抜いて捨ててからしまう、これをやっていれば、フィルターが折れて困ることはかなり減ります

折れたときにやったこと

ドライブレコーダー代わりに使っているカメラ用のマウントにネジが!
このネジの部分に折れたスティックごとホルダーをぶっ挿して回します。
見事取ることができました!一安心したので一服です。

IQOSイルマのたばこスティック「TEREA」は、折れると筒みたいになっているんです。

この穴に何かを挿せば取れるのはわかっていたので、そのときは自転車のカメラ用マウントのネジを使いました

マウントのネジの径が大きかったので心配でしたが、勢いよく挿して回転させたので、ネジの溝がうまい具合に絡まってくれてコトなきを得ました。

ちなみに、スティックが折れた状態のホルダーを逆さまにして振ったりもしたんですが、まったく抜けてくれませんでした。

やはりスティックに何かを挿して抜く、というのが鉄板ですね。

ホルダー内でスティックが折れて取れなくなったときの対処方法

スティックが折れるとこんな穴が空いている

イルマ専用スティックのテリアは面白い構造をしていて、根本から折れると写真のような穴が空いています

ざっと3mm幅くらいで深さはそんなにありません。

これを踏まえた上で、ホルダー内でスティックが折れてしまったときの対処方法には大きく2つあります。

1つは私が自転車で通学中に実践した方法ですが、改めて2つの方法をご紹介しておきます。

この抜き方だけでも知っておけば、もし折れてしまったときでも、モノを代用して抜くことが出来るようになりますので、ご存知ない方は是非ご覧になっておいてください。

IQOSイルマでスティックが折れたときの対処方法その1

先端がとんがっている木ネジがオススメです。
数回ネジをまわしてから引っこ抜くと超簡単!

もっとも簡単な抜き方になりますが、先端の穴より少し太いネジを用意します

これを折れたスティックの穴に挿して数回回します。(回しすぎ注意)

これだけで超簡単に引っこ抜くことが可能です。

ただし、ネジを持ち歩いている人は少ないと思いますので、これは自宅で折れちゃったとき用・・・ですかね。

私の場合もたまたまマウントのネジがあったので代用できましたが、使えるシチュエーションは限られてそうです。

IQOSイルマでスティックが折れたときの対処方法その2

3mmの六角レンチ
グッと挿したら少し斜めに力を入れながら引き出していきます。

長くて細い棒なら何でも代用できるのがこっちの方法で、折れたスティックに棒を挿すところまでは同じです。

ただし、ただの棒だとスティックに引っかからないので、少し斜めに力を入れることで、棒とホルダーの側面で挟むようにして、折れたスティックを少しづつ抜いていきます

ちなみにボールペンだと長さが足りず失敗・・・ピンセットなんかは楽でしたね。

尚、先端が尖った針などで代用するときは、穴の側面に挿して持ち上げるようにとると思いますが、あまり挿しすぎるとホルダーの内側にキズが付くのでご注意を。

折れたスティックを抜くときの注意点

1点だけ注意点がありますので、一応目を通しておいて頂けると幸いです。

その注意点というのは、ネジや棒などを差し込むときに、あまり奥に入れすぎないように!ということです

奥に入れすぎると、先端のフィルターが取れてしまい、中のタバコ葉まで詰まる可能性もあります。

先端の小さいフィルターが詰まると取るのは至難のワザなので、「挿しすぎない」ということもお忘れなく。

IQOSイルマの専用スティック「TEREA」の構造は画像の通りなので、先端のフィルターが取れないように気をつけてくださいね。

首の皮がつながっているときは大丈夫!

ちなみに写真のように、首の皮一枚がつながっているときは、かなりの確率でキレイに取り出せます

言うまでもありませんが、この繋がっている部分が切れないように、ゆっくり引っ張りだしてあげてください。

途中まで引き出せれば、あとは指でスティックごと摘んで抜くことも可能ですよ。

この状態のときは、とにかく残っている部分を取らないこと。

途中で切れちゃったときは、今日紹介している方法で抜くしかありませんが、モノも必要としませんので、こういう状況のときはラッキーだと思って、慎重に引き抜くことをオススメします。

折れたときは焦らず対処しましょう

こういうときはとにかく焦らないことが大事です。

ぶんぶん振り回したりすると、ホルダーがすっぽ抜けて壊れちゃった・・・なんて悲しいですからね。

また、焦ってスティックの穴を潰しちゃうと、取り出すのに代用品では対応できなくなり、それこそピンセットなどが必要になってしまいます。

外出時も、慌てず周りや持ち物を思い出して、使えそうなものを思い出して対処すればなんてことはありませんので、慌てず冷静に、ですよ!

あとがき

自転車で通うようになって2週間が経ちましたが、やっぱり気持ちいいです。

電動なのでヤバい坂はアシストしてもらい、平坦な道はアシストを外して走る、結構いい運動になってます。

来年には少し痩せてるといいなー、と思いつつ、暫く自転車通いを頑張ろうと思います。

ちなみに、参考にさせてもらったアイセツさんの記事は下記にリンクを貼っておきます。

宜しければそちらも併せて参考にしてみてください。

それでは今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました