アイコスの種類って今いくつあるの?各バージョンごとに特徴を解説!”買ってはいけない”バージョンも紹介します。

アイコスの種類って今いくつあるの?各バージョンごとに特徴を解説!"買ってはいけない"バージョンも紹介します。 アイコス
アイコス

こんにちは、加熱式たばこブロガーのゲンキ(@MOQLOG_JPです。

新しく加熱式たばこを始めた方が全体の2割ほどいるそうで、どんどん厳しくなる喫煙環境の悪化から「紙巻たばこ」を辞める人が増えている・・・ということでしょうか。

そんな、新たに加熱式たばこデビューする人の多くは、やはりナンバーワン・ブランドのアイコスを選ぶ人が多いようです。

そんなわけで、これからアイコスを始める方に向けて、アイコス種類特徴をご紹介したいと思います

ちなみに、中には”買ってはいけない”バージョンというのもありますので、気になる方はチェックしておいてくださいね。

アイコスの種類

イメージ製品名発売
IQOS名古屋モデルIQOS
(プロトタイプ)
2014年11月
販売終了
IQOS2.4IQOS 2.42016年6月
販売終了
IQOS2.4PLUSIQOS 2.4 PLUS2017年3月
2,990円
IQOS3MULTIIQOS 3 MULTI2019年1月
4,980円
IQOS3IQOS 32019年1月
販売終了
IQOS3DUOIQOS 3 DUO2019年11月
6,980円

アイコスが日本で発売されたのは2014年、当時は名古屋でのみ販売されていたことから、プロトモデルは別名「名古屋モデル」とも言われていました。

その後、IQOS2.4が発売、それと同時にTV番組で「アイコス芸人」の特集があり、一気にブームを作り上げました。

約1年後、細かい部分をバージョンアップさせた IQOS2.4PLUSが登場、IQOS3シリーズが発売されましたが、最安値で買えるアイコスとして今も販売されています。

今日は、2021年4月現在で購入できるアイコスについて、その特徴をご紹介していきます。

IQOS 2.4 PLUS(アイコス2.4プラス)

アイコス2.4プラス
サイズW51.2x D21.86 x H112.5
Φ15.04 x H93.6
重さ100g
20g
充電時間120分
4分10秒
連続使用不可
Bluetooth®
カラーホワイト
ネイビー
販売価格2,990円
上チャージャー、下ホルダー

おそらく最も販売されたアイコスで、プロトタイプの形状を踏襲したチャージャーとホルダーが別々の、いわゆるセパレートタイプのデバイス

ホルダーは1本吸うごとにチャージャーで充電しなければならず、連続で吸うことが出来ません。

ヘビースモーカー達は、充電による待ち時間を短縮するため、ホルダーだけを2本持つなどして対応、連続で吸えない」というのが欠点でした

限定モデルも数多く発売され、アイコス・ブーム全盛期には1台5万円で取引されることもあったくらい、人気のモデルでした。

メリット・デメリット

アイコス・シリーズの中ではもっとも安いのが最大のメリット。
ただし、連続で吸えなかったり、充電時間が長いなど、スペック面でのデメリットが多い。

IQOS 3 MULTI(アイコス3マルチ)

アイコス3マルチ
サイズW25.42 x D15.1 x H119.25
重さ50g
充電時間75分
連続使用10本
Bluetooth®
カラーウォームホワイト
ブリリアントゴールド
ステラーブルー
ベルベットグレー
販売価格4,980円
補足バッテリー容量が
たばこ10本分しかない

2019年に発売となったモデルで、アイコス初の連続吸い対応したことで同時期に発売されたアイコス3以上の人気に

更に、セパレート型ではなく一体型だったことも好評だったが、残念ながらバッテリー容量が少なく、1箱分吸えないというのが欠点

一時期、アイコスはセパレートをやめてマルチのような一体型を主力にするのでは?との噂も流れましが、後に発売されたアイコス3デュオに人気を奪われ、今ではほとんどプロモーションもされていません。

それでも、安価な価格帯と連続で吸えるという強みで、今尚売れているモデルです。

メリット・デメリット

価格も5,000円以下とリーズナブルで、且つ連続吸いもできるのがメリット。
デメリットは1箱分吸えないこと、メイン機として使うにはちょっとスペック不足です。

IQOS 3 DUO(アイコス3デュオ)

アイコス3デュオ
サイズW46.3 x D22.88 x H114.7
Φ14.42 x H92.27
重さ108g
22g
充電時間120分
約1分50秒
連続使用2本
Bluetooth®
カラーウォームホワイト
ブリリアントゴールド
ステラーブルー
ベルベットグレー
販売価格6,980円
上チャージャー、下ホルダー

アイコスの完成形とも言えるのがアイコス3デュオで、アイコスならではのセパレート型で、且つ連続吸いも可能にしたモデル

発売から既に1年以上経ちますが、未だにこれ以上のモデルはないだろうと言えるくらいの完成度

カスタマイズ性にも優れており、ホルダーのキャップだけでなく、チャージャーのドアカバーもカスタマイズできることから、機能性だけでなくオシャレも楽しめます。

ホルダーの充電時間も早くなったことで、ヘビースモーカーも満足できる一台と言えます。

メリット・デメリット

スペック、機能面、デザインと三拍子揃ったモデルで、従来の2.4プラス、マルチの長所を活かしつつ欠点を克服した完成版。
唯一のデメリットは、値下げされたとは言え、他社製品と比べると販売価格が高いことです。

今、買ってはいけないデバイス

ある情報筋によると、近々アイコス2.4プラス終売となるそうです

そうなると、初期不良などで交換を申し出た際にモノがない・・・などのリスクもありますし、メンテナンス面でもちょっと不安が残ります。

公式はもちろん、終売となるとサードパーティ製のグッズもなくなっていきますので、このタイミングでアイコス2.4プラスを購入するのはオススメできません。

安い!というのは魅力ですが、そもそも発売から4年が経過した型落ちなのは間違いありませんので、よほどの理由がなければ2.4プラスはやめたほうが良いでしょう。

アイコス4がそろそろ出るとの噂も

これも加熱式ブロガー界隈では「そろそろ」と言われていますが、アイコス4は夏頃にリリースされるとの噂があります

現時点でオススメなのはアイコス3デュオですが、もう少し待てるなら「新型」が発売されたときが買い時かと。

価格はこれまでの流れから9,980円が濃厚、ちょっと高いと思われるかもしれませんが、2021年1月まではデュオは9,980円だったことを踏まえると妥当だと思ってます。

過去アイコス2.4プラスも、アイコス3も発売時は9,980円でしたので、新型もこのあたりの値段設定になるのでは、と予想しているわけです。

決して安くはありませんが、最新モデルって響きがいいじゃないですか。

せっかくアイコス・デビューするなら新型でいかがですか?

アイコスの種類まとめ

現状では、2.4プラス、マルチ、デュオの3種類ですが、以下の2つの点から新型「アイコス4」の発売も近いと思われます。

・アイコス2.4プラスの終売
・既存商品の定価の大幅値下げ

アイコス4がどんなデバイスかは想像もつきませんが、最近主流の「液晶パネル搭載」や「2つの加熱モード搭載」など、何かしらパワーアップしてくれると思いますので、個人的にはもうちょっと待つのが吉かなー。

もちろん、何を重要視するかは人それぞれなので、金額と性能などを比べた上で検討してみてくださいね。

あとがき

来週は珍しく予定がいくつか入っているので、充実した一週間になるといいなー。

実は学校入学のテストと面談があるんですよ。

朝早いのでとにかく寝坊だけはしないようにしないと(汗)

てなわけで、今日はそろそろ寝させて頂きます。

今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました!

×

コメント

タイトルとURLをコピーしました