こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

先月、なんだか面倒臭くてパックコードの入力をサボったので入力しようと思います。

ぶっちゃけプラチナには届かないのはわかってるんですが、どうせ入力できる枚数が決まっているので、溜めてもしょうがないんですよね。

ホント、この制度だけはなんとかして欲しいと思うばかりです。

そんなアイコスですが、新フレーバーがスタンバイしていたのでご紹介します。

Marlboroブラック・メンソール

力強い刺激が駆け抜ける、マールボロ・ブラック・メンソール。その強烈なミントフレーバーは、特別かつ斬新なブレンドにより誕生。爽やかな口当たりと、スッキリした後味が愉しめる。強靭で雄々しい、黒いパッケージ。マットなブラックを基調としたボディには、メタリックグリーンのトレードマークを配している。さらにロゴとエンブレムに型押しを施し、クオリティを追及。男らしくありながらも、スタイリッシュな印象が、見る者の視線を引き付ける。

2008年と言えば、リーマンショックが起きた年ですが、この頃メンソール人気が再燃し、Marlboroブラックメンソール発売されました。

キャッチコピー「衝撃。あらわる」にも表されているように、景気の悪さを吹き飛ばすような強烈なメンソールが大ヒットを生み出したフレーバーですね。

パッケージのブラック×グリーンも強烈なメンソール感を表現するためのデザインなんだそうです。

この大ヒット・フレーバーがアイコスでも吸えるようになる!というのが今日のお話です。

発売時期は不明だけど・・・早ければ来月?

発売時期
発売時期は不明ですが、情報ソースは毎度お馴染みの「財務省さんなので、発売されるのは間違いないでしょう。

ですが、これまで申請されてから3ヶ月前後での発売がほとんどだったのですが、実は同じ日に「プルームエス2.0」と同時発売される「キャメル(プルームエス専用)」が申請されていたんですよ。

Marlboroブラックメンソールとキャメルが申請されたのが6月1日なんですが、キャメルは1ヶ月後の7月2日には発売予定でしたよね。

となると、今回のMarlboroブラックメンソールは、メンソール特化型と公言するプルームエス2.0にぶつけてくる可能性が高く、7月中には発売されるのでは?と思ってます。

気になるお値段は?

販売価格
値段は従来のMarlboroヒートスティックと同じく520円

景気も悪いので470円のHEETSを拡充して欲しいところでしたが、ブラックメンソールはMarlboroの大ヒット・フレーバーなので仕方ありませんね。

ですが、グローハイパーも470円のKENTシリーズを投入予定ですし、プルームエスもキャメル・ブランドが拡充傾向にあるので、専用タバコの価格差が今後どう影響してくるのか、気になるところです。

ちなみに紙巻きたばこのブラックメンソールは8mgと1mg、あとはスリムサイズもありましたが、ヒートスティックは1種類だけです。

マールボロ・ヒートスティック・ブラック・メンソールまとめ

まとめ
今のところは製品名と値段しかわかってませんが、当然パッケージは紙巻きのブラック×グリーンを採用してくると思うんですよ。

あのパッケージはカッコいいんですよねー、ファンも多いフレーバーなだけに人気が出そうです。

しかも王道メンソールをリリースしてくるところがアイコスらしい。

プルームやグローがフルーツ系などの変化球を織り交ぜて展開しているのに対して、アイコスのフレーバーはほぼスタンダードですからね。

発売されたらレビューするつもりですので、王者らしい王道の味わいに期待したいと思います。

あとがき

今日の新フレーバーとは全然関係ないんですけど、いつもLINEのカメラでアイコスのパックコード入力してるんですけど、あれって精度めちゃくちゃ低くないですか?

10回近く撮り直したこともあって、結構ストレスなんですよ。

PMさん、もう少し高性能なシステム導入してくれませんかね・・・。

それでは面倒ですがパックコードの入力を始めようと思いますので、今日はこの辺で失礼します。

×