こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

あと数日で6月が終わり7月がスタートするワケですが、この次世代タバコ界で7月のビッグニュースと言えば「プルームエス2.0」の発売ですよね。

最近プルームエス2.0のネタが多めですが、従来の出力強化ではなく、フレーバー強化に着目した新型とあって、かなり注目を集めています。

ですが、そういうビッグニュースが流れると決まって競合各社からも何かが仕掛けられるのがこの業界。

話題を独占させやしないぞ!と各社から相応のニュースが飛び込んでくるんですよ。

グローも新デザイン・モデルの噂があり、アイコスは何を仕掛けるのかなー・・・と思っていたらやはり来ました。

ズバリ、数量限定モデル×コラボ企画ですよ!

今日はこの限定モデルとコラボ企画についてご紹介していきます。

アイコス3デュオ”涼”モデル

アイコス3デュオ
モデル名涼モデル
タイプアイコス3デュオ
カラーアクア・ブルー
価格9,980円
発売日6月30日
その他数量限定販売

青だけど青ではない・・・どこか涼しげで神秘的なカラーのアイコスです。
限定数はわかりませんが、これは欲しいかもって思いました。

キモノデザイナーとのコラボグッズも

キモノデザイナーとのコラボ
今回の”涼”モデルの世界観にあわせて斎藤上太郎氏とコラボレーション。
「伝統の進化」や「涼しげ」をキーワードに新しい夏の”涼”を感じるグッズが作られました。
限定モデル購入で抽選に参加できるそうで、購入できなかった人もコインズで応募することができるそうです。
コインズ応募か・・・くっそー!使っちまった(汗)
むしろ、こっちが欲しい!!

JOTARO SAITO / 斎藤上太郎氏って?

京都出身。祖父に染色作家の故斉藤才三郎、父に現代キモノ作家・斉藤三才を持ち、近代染色作家の礎を築いてきた家系に生まれる。27歳の最年少でキモノ作家としてデビュー以来、現代空間にマッチするファッションとしてのキモノを追求。TVや雑誌などメディアにも頻繁に紹介され、日本を代表するキモノデザイナー、テキスタイルアーティストとして活躍中。「伝統の進化」「和を楽しむライフスタイル」を提唱し、プロダクトやインテリアの制作まで多方面に才能を発揮している。東京ファッションデザイナー協議会正会員。
引用元: JOTARO SAITO OFFICIAL SITE

毎年「東京コレクション」を開催しており、最近ではイギリスの国立博物館でもある「ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館」の「Kimono: Kyoto to Catwalk」出展、パーマネント・コレクションとして収蔵したそうです。

GINZA SIXにもショップを構えており、デザインも素敵なんですが、色々な素材のキモノを作っているようで、次世代キモノって感じです。

デニムやジャージのキモノだけでなく、逆に通常のアパレルにキモノの要素を混ぜ合わせたものなんかもあって、どれもめちゃくちゃカッコいいです。

ただお値段もなかなかで、キモノだとどれも10万円前後・・・いつか買ってみたいけどもう少し出世しないとダメかなー(汗)

あとがき

キモノって考えたことなかったですけど、この記事書いてたら欲しくなっちゃいましたよ。

まだ20代の頃はスリムだったので似合いませんでしたが、お陰様で最近は恰幅も良くなってきたのでイケるかもしれいない!なんて思った次第です(笑)

今年の夏はキモノで過ごすのもいいかもしれませんね!

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

×