アイコスのイベントに行ってきた!

こんばんは、プルームテックオンライン管理人のげんちゃんです。

プルームテックイベントにハズレ・・・グローのイベントにハズレ・・・今回もまたダメか、と思っていたら数日前に見慣れたフリーダイヤルから電話が!

そうなんです、アイコス・ストア銀座で27日に行われたイベントSadaharu Aoki × IQOS コラボレーションチョコレートのお披露目パーティー」に見事当選したんです!

ちなみに電話が来たのは25日のお昼頃、もともとキャンセル待ちに応募していたのでギリギリになってしまうのは仕方ないですが、さすがに2日前はキツかった。

なんとか時間をつくり、イベントに参加してきたので、今回はイベント・レポートになります!

イベント・レポート

アイコスストア銀座

19時からイベント受付開始ということで、10分前くらいに行ったのですが、既にかなりの人が集まっていました。

当日は一般営業自体は16時に閉店、そこからスタッフさん総出でイベント準備をしていたのでしょう、ありがとうございます。

ストア内外にかなりのスタッフさんがおりました、遅くまでご苦労様です。

ケータリングのチョコなど

会場は主に2階のカフェ・コーナー、聞けば100人程が集まっているとか。

人でごった返しており、なかなか写真が取りづらい・・・人が写り込んじゃうと色々問題があるので(汗)

ぱっと目についたのが壁際や空間中心に並べられた、軽食や洋菓子の数々。

カフェコーナー

カフェコーナーでは、ヒートスティックに併せたコーヒーメニューの提案。

それ以外にもシャンパン?などのアルコール類もあります。

バリスタさんが淹れてくれるので、コーヒーはさすがに美味しいです。

青木定治氏のゴマチョコ・ミルク

カフェコーナーの片隅に気になるものを発見。

聞けば、これはスチームミルクで溶かしながら飲む「ショコラ」ということで、見た目も提供の仕方も、そして味も言うことなしです。

ちょっとづつミルクに溶け出す甘みと、黒ゴマのほのかな香り、これは癒やされましたねー。

青木定治氏インタビュー

並べてある軽食や洋菓子をつまみながら、同伴者との会話を楽しんでいると、程なくして今回のイベントの主役「青木定治」氏が登場です。

インタビュアーのお姉さんと軽快なトーク、やはり世界トップクラスのショコラティエの話は引き込まれるものがありますね。

真ん中の布の下に、アイコスからインスピレーションを受けて作られたという、出来たてホヤホヤのショコラが!楽しみです。

青木定治氏のショコラ・マリアージュ

ついにベールが剥がされます!色とりどりのショコラ(チョコレート)がキレイな化粧箱にキレイに詰められています。

ヒートスティックのフレーバーに併せて開発されたショコラ、ホントにたばことショコラって合うの?

そんなことを思いながらカメラを向けてシャッターを押します。

ヒートスティック・マリアージュ

左から、レギュラー・マリアージュ(青)、スムース・レギュラー・マリアージュ(白)、バランスド・レギュラー・マリアージュ(赤)、パープル・メンソール・マリアージュ(茶)、メンソール・マリアージュ(黄緑)、ミント・マリアージュ(黄緑水玉)の種類。

ヒートスティックの個性にあわす為に、それぞれのショコラに隠し味が施されています。

ヒートスティックとショコラ

シャッターをきっていると、スタッフさんがショコラを運んできてくれました。

ちょっと庶民的な発言で申し訳ないのですが、ショコラ「食べ放題!」ということで全種類持ってきて、ヒートスティックと並べてカシャリ。

隠し味に「七味(白)」や「胡椒(赤)」、「生姜(黄緑)」などが使われており、使うカカオ豆と隠し味で各フレーバーとのマリアージュを表現されています、美味でしたよー。

ヒートスティック各種

私はレギュラーとパープルしか持っていなかったのですが、会場内ではヒートスティックを無料で配布してくれていたので、全種類マリアージュを楽しむことが出来ました。

正直な感想を申し上げますと、アイコスと一緒に食べるのは勿体無いくらい美味しいショコラで、最後はアイコスはチャージャーの中でお休みして、ショコラばかり頂いてしまいましたね(汗)

だって、美味しいんですもん、しょうがないです。

アイコス・コーヒー豆

コーヒーも非常に美味しかったので、お土産に1袋買っていきました。

100グラム980円はかなり高級な豆ですが、たまにはね・・・自宅で楽しませて頂きます。

そんなこんなで、とても素晴らしい体験ができました。

青木定治氏インタビュー

青木貞治は、とても気さくな方で、ちょうど私たちがいたテーブルに顔を出して頂き、アイコス談義。

あっという間にファンになってしまいましたね、気取らず笑顔で、本当に素敵な方です。

インタビューの際に、とても感銘を受けた内容があったのでシェアします、あ・・・アイコスの話じゃないですけど。

レーサーとして一番になるには、一番速い人と走っていないと速くなれない。

料理の世界も同じで、一番美味しいものを作る人と一緒に料理をしていないと、一番美味しいものを作れるようにはならない。

*青木貞治氏はバイクが好きらしく、その話から例えとしてレーサーが出てきました。

どこかで似たような話は聞いたことがありますが、青木さんが言うと、重みがありますよねー。

毎日をほんわか生きている私にとって、とても考えさせられる内容でした。

ショコラが食べられる!?

10月下旬より、アイコスストア銀座に行くと暫くの間、青木定治氏のショコラが食べられます!

ちょっと食べてみたいなー!と思った方、いつまで提供してくれるのかわからないので、早めに行くと良いですよ。

オススメは、スムース・レギュラー・マリアージュ(白)と、バランスド・レギュラー・マリアージュ(赤)ですかね。

隠し味が一層カカオ豆の味わいを引き立ててくれます。

あとがき

いやー、こういうイベントって初参加だったので、とても良い経験が出来ました。

ユーザーの囲い込みという点でも、かなり効果的だと感じましたね。

私のまわりにいた方が皆アイコスLOVEだったからなのかもしれませんが、あの空間と雰囲気にずっといると、アイコス好きになっちゃいますから。

コインズ集めると、ついついケースなどに応募しがちですが、こういうのも良いですよ!

最近は、年齢のせいか物欲とかってなくなってきていて、自分とは違う考えや経験をしてきた人との出会いとか、今回のような「普段」だと出来ない体験(経験)とかが凄く貴重だなーと思います。

余談ですが、今回のアイコス・イベントですが、他にもちょっと変わった経験をさせて頂いておりまして、アイコスなどのタバコ関係の記事ではないのですが、凄く紹介したい衝動にかられているので、次回の記事で書かせて下さい。

コレがまた、凄いんですよー(笑)