ハイテク・アイコス互換機「Ocean-C Q2」

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

なんだかんだと、紙巻きたばこを辞めてからアイコス様にお世話になることが増えておりますが、今回は、アイバディで火がついた「アイコス互換機」のご紹介です。

既にアイコス自体が非常に手に入りやすくなったこともあり、品薄だった当時と比べれば互換機市場は縮小していると思われますが、それでもアイコスに不満を持つユーザーからの需要を満たす為、常に進化を続けています。

今回ご紹介する互換機は、Ocean-Cさんから発売されている「Q2モデルハイテク互換機の魅力に迫ります!

グローの良さを取り入れたハイブリッド互換機

たばこ部分の味や喫味はともかくとして、グローがその地位を獲得できたのは、アイコスデメリットを解消したデバイス構造にあります

この「Ocean-C Q2」は、アイコス互換機にグローの良さをミックスしており、現行アイコスになんらかの不満を持っている人には、是非オススメしたい互換機となっています。

グローの良さを取り入れた、3つの特徴をご紹介します。

1.連続吸引

アイコスにおける不満のベスト1は、チェーンスモーク(連続吸い)が出来ないことにありましたが、Ocean-C Q2」は連続吸いに対応しています。
今では互換機の定番機能とも言えますが、グロー同様に、バッテリー一体型ならではのメリットですね。

2.360度加熱

どこかで見かけたキャッチコピー、そうです、グローと同じ加熱方式を採用しており、加熱ブレードがありません。
アイコスだと、吸い終わったヒートスティックを見ると、加熱されていない部分が目立ち、ちょっと損した気分になってしまうのですが、360度加熱方式はキレイにヒートスティック全体を加熱するので、加熱ムラが少なく一層たばこ感が強まります

3.簡単手入れ

アイコス・ユーザーの不満ベスト2と言えば「掃除」・・・専用の綿棒を使って、ブレードを折らないように慎重に拭いていく、大変ですよね。
手間だけでなく故障の危険もある「掃除」ですが、「Ocean-C Q2」は加熱ブレードなどがない為、掃除がとても簡単です。
2日に1回くらいは行う作業なので、掃除に手間がかからないのは嬉しいですね。

ガジェットという言葉がぴったりなハイテク機能

ここからは「Ocean-C Q2」ならではの、ハイテク機能などのご紹介です。

他の互換機にはない、ちょっと男子ウケしそうな特徴を3つご紹介します。

LEDディスプレイ搭載

メカっぽさの象徴とも言えるLEDディスプレイを搭載、これ何を表示してくれるのかと言うと、ズバリ「加熱温度」です。
ぶっちゃけなくても良い機能ですが、30度から勢いよく増えていく数字を見ていると、なぜかワクワクしてしまいます。

1度単位で温度調整可能

そんなに細かくなくても(汗)と思いますが、なんと1度単位で加熱温度調整することが出来ます
調整範囲は230度から280度まで、加熱する温度で味わいがかなり変わるので、自分好みのセッティングが出来るって凄くないですか?

金属パーツが織りなす高級感

この「Ocean-C Q2」は、要所要所に金属製パーツを採用したことで、見た目の高級感と、耐久度を大幅に改善しています。
前バージョンの「Q1」モデルはオールプラスティックで「おもちゃ」っぽかったのですが、60%ものパーツを金属製に変えたことで雰囲気がガラリと変わりました。

「Ocean-C Q2」スペック

サイズ111mm
23mm
20mm
重量58g
バッテリー
容量
内蔵リチウムイオン充電池
1000mAh
出力45W
使用本数
時間
最大15本
約3分で自動電源OFF
充電1時間~1.5時間
DC5V-5.5V 1A
温度調整230度~280度
1度単位で調整可能
同梱物・Q2 IQOS互換機
・USBケーブル
・掃除用ブラシ
・ゴムカバー(予備)
・取扱説明書

「Ocean-C Q2」外観

本体

Ocean-C Q2本体
Ocean-C Q2付属品
Ocean-C Q2差し込み口
Ocean-C Q2底部
側面(USB差し込み口)

チャンバー(差し込み口)

チャンバー(差し込み口)
ヒートスティック挿入

操作パネル(LED、ボタン)

LEDディスプレイ
ボタン

「Ocean-C Q2」使い方

電源ON/OFF(加熱開始/強制終了)

電源ボタンを素早く5回クリックすると、LEDディスプレイに温度が表示され、もの凄い速さで上昇していきます。
設定の温度に到達すると、マイナスボタンの下の青いランプの点滅が点灯に変わり加熱完了、デフォルトでは280度に設定されています。

連続吸い(チェーンスモーク)

1本目が吸い終わってすぐに2本目、加熱開始をすると180度くらいから加熱が始まる為、すぐに加熱が完了します。
ただし、最初の2吸いくらいがめちゃくちゃ熱い(汗)
おそらく急激に熱せられた為だと思いますので、最初の2吸いくらいは注意して吸ってください。

設定温度変更

加熱中にプラス、マイナスボタンで調整が出来ます。
1度設定するとその温度がセットされるので、毎回温度調整をする必要はありません。

その他ディスプレイ表示

  1. LOWvoltage・・・充電が少ないことを意味しており、マイナスボタン下のLEDが赤く10回点滅すると自動的に電源がオフになります。
  2. CHEEK FPC・・・加熱システムに故障が発生したことを意味します、保証期間内(3ヶ月)であれば交換対応してくれるそうです。
  3. CHEEK NTC・・・温度検知システムに故障が発生したことを意味します、保証期間内(3ヶ月)であれば交換対応してくれるそうです。
  4. 加熱中にマイナスボタン下のLEDが赤く5回点滅・・・何らかの故障が生じた可能性があり、自動で電源がオフになります。
故障時の連絡先
Ocean-Cさんはキチンと連絡の取れる会社さんなので、まずは連絡してみましょう。
メールaboatjp@163.com
Twitter@aboatjapan

「Ocean-C Q2」吸ってみた感じまとめ

この記事を書くために何回も吸いましたが、マジでヤニクラが凄いです(汗)

特に、280度で加熱したすると、吸いごたえがハンパない。

ミスト量も十分ですが、アイコスで吸うよりもキツイっす・・・よって、私は260度くらいがベストだと思います。

「Ocean-C Q2」の抜群に良いところは、やはり加熱温度を調整できる点ですね、230度だとミスト量も少なく、私は物足りないと感じましたが、軽めが良い人にはちょうど良さそうですし、ガツンとくるのが好きな人には280度という選択肢もありますからねー。

試してみて感じたことですが、高温で加熱すればするほどニコチンも強くなっている気がするので、この自由度は魅力の1つではないでしょうか。

しかも、これだけ高性能なデバイスなのに5,000円切ってますからね、相変わらずリーズナブルで助かります。

Amazon:Ocean-C Q2アイコス互換機 / 4,599円
*只今、新品セール中とのことでしたヽ(´ー`)ノ

あとがき

今年の6月は、四半期の締め月というだけでなく、ワールドカップまで行われていたので、いつになく忙しかったです。

我らが日本代表もなんとか予選突破してくれましたが、お陰様で寝不足・・・風邪まで引いてしまいましたよ。

まだまだ寝不足な日は続きそうですが、今後の試合も楽しみですね。

皆さまも体調管理にはくれぐれもお気をつけくださいm(_ _)m