アイコス互換機の元祖!「KeCig 2.0 Plus」のレビュー

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

iBuddyが売り切れ続出の為、他のアイコス互換品を探しており、同品を購入したのでレビューしたいと思います。

アイコスの上位互換機種「iBuddy(アイバディ)」が遂に本家を抜いてしまった!チェーンスモーカー必見レビュー

基本的にはKamryKeCig2.0Plus」のレビューとなりますが、同機種に似た形状の互換品で、衝撃写真とコメントを頂いたので最後にご紹介致します。

きちんと1つのエントリーとして注意喚起することにしました。

アイコス互換機「KeCig 2.0 Plus」とは?

電子タバコでお馴染みのKamry社X8/クロスエイトなどでご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね)から発売されている、ヒートスティック専用互換品のことです。

まだ互換品という発想がなかった頃に、「Ecig 2.0」という商品が出回ったことがありますが、これはそのバージョンアップ品になります。

今ではアイコスも普通に買えちゃいますからね・・・KeCig 2.0 Plusの実力はいかに?

セット内容とか製品の仕様とか

KeCig2.0Plusのセット内容

セット内容
・KeCig 2.0 Plus本体
・USBケーブル
・爪楊枝みたいな綿棒
・取り扱い説明書
・ゴムパッキン
このゴムパッキンは何に使うのか不明・・・(笑)

KeCig2.0Plusの本体

本体の仕様
大きさ:L:112mm Φ:14mm
重さ:35g
電圧:3.3v-4.2v
容量:650mAh(約10本分)
充電:約2.5h
カラー:黒、白
機能:ヒートスティック専用アイコス互換品
   自動クリーニング機能
   ヒートブレード取り外し可能
   連続使用可30秒インターバル

KeCig2.0Plusの構造

KeCig 2.0 Plusの構造
キャップ部分+ヒートブレード部分+バッテリー部分の3層構造です。
アイコス・ホルダーに類似していますが、特徴的なのはヒートブレード部分が取り外せることです。
旧バージョンのEcigも同様の構造で、ブレードだけの販売もしているので、万が一ブレードが折れてしまっても、その部分だけ交換することが出来ます。

KeCig2.0Plusのバッテリー部分

バッテリー部分
バッテリーとヒートブレードの接続部分です。
中心にある円型の面から通電する仕組みとなっています。
アイコス・ホルダーに比べてバッテリーが大きいので長いです。

KeCig2.0Plusのヒートブレード部分

ヒートブレード部分
旧型ではブレード部分は裸でしたが、2.0 Plusになって囲いが出来ました。
この仕様により、たばこの葉づまりや加熱ムラが解消され、より本家「アイコス」に近い吸い心地を実現しています。
私はブレードを折ったことはないですが、取り外しできるのは掃除の面でも良いですね。

KeCig2.0Plusのキャップ部分

キャップ部分
アイコスのキャップとそっくりな形状のKeCigのキャップ。
余談ですが、KeCigはキャップだけも別売りしています(汗)
カラーが豊富、というワケではないですが、この辺のフォローがあるのはポイント高いですね。

KeCig2.0Plusバッテリーにヒートブレードを装着

ヒートブレード装着
バッテリーにヒートブレードを装着した状態
もはやアイコス・・・というぐらい似通っています。
時計回りに回すだけなので簡単に装着出来ます。

KeCig2.0Plusキャップの付け方

キャップの装着方法
キャップとヒートブレード部分には前後を見分ける術がないので、画像のような「●」を目印に装着します。
ちなみに、なぜか「●」と電源ボタンの位置がキレイに重なりません(汗)
この辺が中華ブランドの作りの甘さ。

KeCig2.0Plusゴムパッキン

キャップを固定する仕組み
ここが一番残念な部分で、キャップを固定する部分が凹凸なのではなく、ゴムパッキンという仕様・・・
なぜゴムパッキンが1つ同梱されていたのかがわかりました。
キレイにハマりません、そう遠くない未来にこのパッキンが切れているのが想像出来ます。

KeCig2.0Plusヒートスティック挿入

ヒートスティックを挿してみる
ブレードがキレイだからなのか、すっと差し込むことが出来ました。
本家アイコスに比べると差し込み口が浅い為、むき出し部分が多いですが、一番肝心のたばこ葉は十分内蔵されたので問題ないでしょう。

KeCig 2.0 Plusでヒートスティックを吸ってみた

KeCig2.0Plus加熱状態

使い方
これは電子タバコ特有ですが、電源のオン/オフは素早く5回ボタンをプッシュ!
初めて電子タバコを使ったときは戸惑いましたが、今では慣れたモノです。
ちなみに加熱は、電源オンの状態で3回プッシュ、加熱中はLEDが白く点滅、10秒位で完了を示す点灯に変わります。

KeCig2.0Plus加熱終了ランプ

特徴
約3分30秒の間吸うことが出来るのですが、ここがミソでして回数ではないんです。
回数が決まっているアイコスやグローって、スパスパ吸ってしまうとすぐに加熱が終わってしまって、もう終わり?と思ったことはないですか?
良くも悪くも時間通り加熱してくれるので、そういう心配はありません。
時間が来ると、写真のようにLEDが赤く点滅して加熱停止します。

KeCig2.0Plus吸い終わり

連続吸いも可能
ヒートスティックの取り外し方は、アイコスと全く同じ要領で取り外すことが出来ます。
一度加熱が終わると30秒間スリープ状態になるのですが、その後すぐに再加熱、吸引出来るので、チェーンスモーカーには嬉しい特徴ですね。
ただし、バッテリー容量が大きいと言っても、約10本分くらいしか内蔵されていないので、一日中KeCig1本というワケにはいかなさそうです。

KeCig 2.0 Plus特徴

この互換バッテリーの最大の特徴は何か?と聞かれれば、サクッとお応えすると「手軽さ」と「コスパ」の2つ。

アイコス2.4Plusは通常だと10,980円ですから、半額以下で手に入れることが出来ます。

何よりも充電不要の内蔵型なので、いちいちチャージャーだしてアレコレ、ホルダーしまってアレコレ・・・という作業が一切なくなります。

この手軽さとコスパの高さは、他の互換機の中でもピカイチだと思いますよ。

グローやプルームテックとの併用を考えている方にはピッタリのデバイスですね。

KeCig 2.0 Plusまとめ

個人的にはかなり使い易いと感じましたね。 特に形状がアイコスとほぼ同じなので、手に持っていても違和感なくしっくりきます。 更にポイントなのは、連続で吸える点と、吸引回数に左右されない点外出中(仕事中)は限られた時間しか「たばこを吸えない」方であれば、本家アイコスよりも良いと思いますよ。 休憩時間が短いと、アイコスだと1本しか吸えないですからね(体験談)

あとがき

いかがでしたでしょうか。

既にアイコスもある程度手に入りやすくなってきているので、それほど需要もないのかも知れませんが、機能面では本家を上回りますからね。

iBuddyが売り切れ続出なのも頷けます。

近々、「アイコス」と「iBuddy」、そしてこの「KeCig 2.0 Plus」の比較記事でも書いてみようと思いますので、興味のある方はまだ覗いて見てください。

どうぞ宜しくお願い致します。