アイコス互換機「Ocean-C Q1」

こんにちは、モクログ管理人のげんちゃんです。

今回は、ちょっとした電子タバコメーカーみたいになってきたOcean-Cさんから、アイコス互換機上位版を提供頂きました

当ブログの読者様の中ではお馴染みのOcean-Cさんかと思いますが、非常に開発意欲が高く、いつも素晴らしい製品を作っています。

そんなOcean-Cさんから販売される上位互換機ということで、どんな機能が搭載されているのか非常に楽しみです。

まずは、アイコス上位互換機Ocean-C Q1」の特徴からご紹介します。

アイコス上位互換機「Ocean-C Q1」特徴

Ocean-C Q1特徴
1.チェーンスモーク可能
2.温度調整可能
3.LEDディスプレイ
4.最大10本
5.360度加熱

最近の互換機はこのタイプが主流ですが、特筆すべきはLEDディスプレイ温度調整機能でしょう。

なんと、この「Ocean-C Q1」は、加熱を開始すると、LEDディスプレイに温度が表示されるので、後どれくらいで設定した温度に到達するのかがわかります。

また、温度調整がとても簡単で、LEDディスプレイの下にプラス、マイナスボタンを押すことで1度単位の調整が可能になっています。

ぶっちゃけどうでもいい機能ではありますが、メカ好きとしては大好物な機能であります!

加熱時のLEDディスプレイ動画
*デジタル表示が動くだけのシュールな動画なのでバックミュージックだけ入れました(汗)

アイコス上位互換機「Ocean-C Q1」外観

Ocean-C Q1外観
パッと見た感じは、アイコス・ホルダーを一回り大きくしたようなデザインで、とにかく軽いんです。

各方向から撮影してみましたので、イメージの参考にしてください。

化粧箱、セット内容

Ocean-C Q1箱
Ocean-C Q1付属品

白い箱に入っており、開けると「どーん」と本体が収納されています。
本体の下部分に説明書などのアクセサリーが収納されており、付属品は以下の通り。

1.説明書(日本語)
2.USBケーブル
3.掃除用ブラシ&ピン
4.替えのキャップ

ヒートスティック挿入口

Ocean-C Q1キャップ
Ocean-C Q1チャンバー

本体上部のキャップを外すと穴があるので、そこにヒートスティックを入れる仕組みです。
穴の中はたぶんセラミックではないかと思うのですが、構造はヴェポライザーのチャンバーと同じようです。

エアホール&USB挿入口

Ocean-C Q1左側面
Ocean-C Q1右側面

側面にメッシュを取り付けた穴が空いていますが、ここから空気を取り込む仕組みとなっています。
右側面にはUEBの挿し込み口があり、充電はここから行うようですね。

LEDパネル

Ocean-C Q1ヒートスティック
Ocean-C Q1ヒートスティック加熱

使い方は簡単で、キャップを外してヒートスティックを挿します。
電源ボタンを5回連続で押すと加熱が開始(青いライトは点滅)され、LEDに表示される温度が設定の温度に到達すると、青いライトが点灯に変わるので、後は吸うだけ、吸い終わったらそのまま抜いて捨てるだけ、の超簡単仕様。

アイコス上位互換機「Ocean-C Q1」吸い心地

Ocean-C Q1吸い心地
アイコスで物足りない人には是非試して頂きたいのが「280度」の高温モード

かなりパンチが効いておりヤニクラ必至、アイコスでは味わえない圧倒的な「たばこ感です。

エアホールがたくさんあるからなのか、発生する蒸気量もアイコスよりも断然多く、満足度はかなり高いですね。

参考までに、どれくらいヒートスティック内のたばこ葉が加熱されているのか、比較してみました。
*比較したアイコスは9ヶ月くらい使用しているもの、Q1は280度の高温モードで使用。
スペース

Ocean-C Q1ヒートスティック加熱後
IQOSヒートスティック加熱後

スペース
私のアイコスは後数ヶ月で寿命を迎えそうなので、パワー不足なのかもしれませんが、断面の色は天と地くらいの差があります。
中はどうなっているのでしょう?
スペース

Ocean-C Q1ヒートスティック加熱後中身
IQOSヒートスティック加熱後中身

スペース
アイコスはどちらかと言うと中の方がちゃんと加熱されていますが、やはりブレード周辺だけでたばこ葉が勿体無い・・・。
対してQ1ですが「真っ黒」です、上の部分が少し加熱できていないところもありますが、これだけキレイに加熱できるんですね。

アイコス上位互換機「Ocean-C Q1」スペック

Ocean-C Q1スペック

Ocean-C Q1 本体142mm x 68mm x 49mm
141g
バッテリー容量850mAh
出力45W
加熱温度230℃~280℃
1℃づつ調整可能
充電時間5V1A(60-90分)
各種機能連続吸い
使用本数(10本)
LEDディスプレイ搭載
温度調整機能搭載

アイコス上位互換機「Ocean-C Q1」デメリット

Ocean-C Q1デメリット
残念なのは、搭載されているバッテリーの容量が小さいこと。

1回の充電で10本しか吸えないので、ヘビースモーカーだとアイコスなどと併用しないと1日持たないんです。

互換機で20本前後使えるのはアイバディくらいでして、ほとんどの互換機と同様のスペック(10本)と言えばそれまでですが、ここまで良いものなので惜しい!と思ってしまいました(汗)

アイコス上位互換機「Ocean-C Q1」まとめ

Ocean-C Q1まとめ
色々と書きましたが、「Ocean-C Q1」は10本しか吸えないというデメリットはありますが、今発売されている互換機の中ではなかなかの上位モデルだと思います。

特に、たばこっぽさガジェット感では群を抜いており、非常に満足度の高い互換機です。

ヒートスティックは好きなんだけど、アイコスは使いづらい・・・そういう方にはピッタリのアイテムですよ。

使い方が簡単なだけではなく、ヒートブレードもないので掃除まで簡単ですからね、普段使いするにはこの「簡単」が重要なんです。

アイコスの寿命がきた方、検討してみる価値は大ありですよー!

余談ですが、紹介するのが遅くなってしまったのですが、今バレンタインセール中の価格だそうです。

見た時に値上がりしていたら申し訳ありません(汗)

あとがき

先日、PinkVapeClub「PVC」の@PVC_Kotaroさんの開催するオフ会に参加してきました。

そこでお知り合いになった諸先輩から、遂にビルドVAPEコイルをまきまきするヤツ)を教えて頂きました!

近々ビルド・デビュー系の記事を書きますので、私と同じようにビルドしてみたいけど・・・という方の参考になればと思います。

まだ自宅ではビルド試してないので、かなり楽しみです。

2月もあと少し!頑張るぞーヽ(´ー`)ノ