アイバディが臭う・・・掃除しなければ!

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

アイコス上位互換機として大人気アイバディiBuddyですが、最近なんだか気になることがあります。

アイバディを購入してからは、ちょこちょこ使う程度だったので一度も掃除はしませんでしたが、ヒートスティックの差込口が空いたままということもあり、かなりキツイ臭いがします(汗)

しかも、味も口の中がちょっとピリピリするような感じ・・・この状態は暫く「掃除をしなかったアイコス」と同じですね。

そこで、今回はアイバディをキレイ掃除した方法をご紹介しますので、アイバディ使いで同じような悩みや違和感を感じている方は是非参考にしてください。

ただし、この掃除の方法はマニュアルに記載されていない方法ですので、ご自身の責任で行うようにお願いしますね

純正クリーニングキットで掃除!

アイバディの掃除セット

アイバディを購入すると、クリーニングブラシクリーニングスティック綿棒)が付属してます。
まずは、これを使って掃除してみたいと思います。

ちなみにアイバディで掃除する部分は2つありまして、取り外せる黒い筒の部分と、本体の加熱部分

アイコスで言うなら、黒い部分がキャップで、本体部分がホルダーという関係性ですね。

早速やってみましょう!

まずはブラッシングから

アイバディの説明書
説明書を読むとブラッシング以外の記載がなかったので、とりあえずブラシでゴシゴシしました。

アイコスのクリーニングブラシに比べるとフィット感がなくゴワゴワしてるので、感触的にはイマイチです。

取り外せる黒い筒の部分
取り外せる黒い筒部分の汚れ

最初は画像のような感じ・・・内側にカスが少し溜まっていますが、これくらいなら直ぐに終わりそうです。
底の目の部分にもカスが詰まっているので、ゴシゴシとブラッシング!

取り外せる黒い筒部分とブラシと汚れ

ある程度カスは取れましたので、あとは綿棒などを使って拭き上げればキレイになりそうな感じです。
ただ、ブラシが安物なのか、やり方が悪いのか、ブラシの毛もパラパラ落ちてました

本体の加熱部分
本体の汚れ具合

かなり頑張って撮ったつもりですが、わかりますでしょうか?かなり汚れています
臭いもキツイので、掃除の本命は本体部分になりそうです。

本体にブラシが入らない

ビックリしたのですが、ブラシが太すぎるのか、奥までブラシを入れられないので全く掃除出来ません
無理に入れると加熱棒が折れたりしそうなので、本体のブラッシングは断念しました。

クリーニングスティックで掃除

綿棒のサイズ比較

まず、気になるのが綿棒の大きさではないでしょうか?
比べてみると普通の綿棒と同じ大きさなんです・・・これはダメかも知れないという予感とともに、とりあえずトライしてみました。

取り外せる黒い筒の部分
綿棒で黒い筒部分を掃除

この部分に関しては全く問題なく出来ました。
ブラシで取れなかった汚れを、綿棒で拭くような感じでこすると、細かいカスなども取れてキレイになったので、この部分はこれで完了です。

本体の加熱部分
綿棒が本体の奥まで入らない

イヤな予感が的中!ブラシに続き、付属の綿棒すら奥まで掃除することが出来ません
一番汚れるハズの本体部分を、同梱品では一切掃除出来ないことが判明してしまいました(汗)

ベビー綿棒と無水エタノールで掃除!

ベビー綿棒で掃除

さすがに「掃除出来ませんでした」では意味がないので、アイコスの掃除と同様に「ベビー綿棒無水エタノール」を使ってみました
黒い筒部分については満足行く状態まで出来ているので、ここからは本体部分もキレイにすることが目標です。

黒ずみやカスが取り切れない・・・

なんとかベビー綿棒(アイコス綿棒)は奥まで挿し込むことが出来たので、中心の加熱棒に圧力をかけないよう、グリグリ掃除していきます。
2本使い終えた時点で状態を確認、多少はキレイになりますが、こびり付いた汚れがどうしても落ちない

コットンパフとピンセットで掃除!

コットンパフとピンセット

こびり付いたカスを取るためピンセットを使うことにしたのですが、直接ガリガリすると底面にキズがつきそうだったので、コットンをかませることにしました。
100円ショップで売っているコットンパフです。

コットンパフをちぎって無水エタノールに浸す

拭き掃除も兼ねたかったので、千切ったコットンを無水エタノールにつけて、本体の加熱部分に入れます
蒸発するとは言え、ヒタヒタだと壊れてしまうかも知れないのでご注意ください。

コットン&ピンセットによる掃除

ピンセットで押し込んだ後、加熱棒のまわりに沿って円を描くように拭いていきます
この作業を4回ほど実施、だんだん汚れがつかなくなってきたので、一度確認してみました。

加熱部分がキレイになった

頑張った甲斐がありました、ずっと気になっていた黒いカスが見事に取れて、かなりキレイになりました
新品とはいきませんが、最初の状態から比べればピカピカの合格ラインです!

クリーニングの結果

イヤな臭いの元となっていた、黒ずみやカスを取り除いたことで、臭いが完全になくなりましたよ。

この為にやっていたので、当初のミッションはこれでコンプリートと言っても良いでしょう、体感ですが味わいも少し良くなった気がします。

アイコス以上に手間がかかりましたが、カスが残った状態で吸い続けると味も悪くなりますし身体にも悪そうなので、キチンと掃除はした方が良いですね。

クリーニングの注意点

まず、アイバディの掃除における注意点ですが、付属のブラシとクリーニングスティックは「黒い筒部分」以外は使わないほうが良いです。

無理やり押し込むと、心臓部でもある「加熱棒」が折れたり破損したりする可能性が高いので要注意です。

また、綿棒やコットンを使った掃除も同様に、中心にある加熱棒には細心の注意を払って行ってくださいね。

板状のアイコス・ヒートブレードよりも耐久性はありそうですが、折れたら使えなくなるのは同じですので。
*販売店は保証範囲外と言う可能性が高く、当方も保証しかねますので、ご自身の判断で実施ください。

あとがき

まさか純正のクリーニングセットが全く使えないとは思いもしませんでした(汗)

加熱式タバコの掃除には、もはやベビー綿棒と無水エタノールは必須アイテムと言えそうですので、まだ持っていない方はとりあえず買っておいても良いと思いますよ。

肩身も狭いし、掃除もしないといけない・・・タバコを吸うには大変な時代になったと改めて実感しました。

今日、私たち喫煙者には色々な選択肢があります。

何を優先するかで付き合うものも変わってくると思いますので、当ブログが参考になれば幸いです。