最強のアイコス互換機「EFOS(イーフォス)」

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

本来であれば先日レビューした「Aspire Revvo Tank」のエントリーと行きたいところでしたが、もう1つ、最近購入した凄いヤツが本日届きましたので、そちらを先にレビューすることにしました。

ズバリ、最強のアイコス互換機EFOSです!

これまで、様々なアイコス互換機をレビューしてきましたが、断言します、最強です(笑)

今回は、この「EFOS(イーフォス)」がどれくらい最強なのか、特徴や外観、使い方まで一気にご紹介します!

EFOS(イーフォス)が最強な6つの理由

最強の理由
ちょっとネタバレ気味のタイトルですが、EFOSの凄いところは連続吸いと20回吸引だけではありません。

ご紹介する上で比較対象としたのは、もちろんアイコスアイバディの2つ。

この定番2機種と比べてどれだけ凄いのか?ご説明しましょう。

1.連続吸いが5連続イケる!

連続吸い
連続吸いと言えば、爆発的にヒットしたiBuddy(アイバディ)の特徴ですよね。

アイバディは連続吸いが出来ることで一気に話題になりましたが、私の感覚だと2本連続が限界・・・本体がめっちゃ熱くなります。

しかし、この「EFOS」は連続吸いという機能を格段にパワーアップして、なんと5本も連続で吸えるという恐ろしいスペックの持ち主です。

それもそのはず、iBuddyが1800mAhなのに対して、EFOSは2000mAhのバッテリーを内蔵していますからね。

さすがに連続で5本吸うことはないと思いますが、凄いことはお分かり頂けたかと思います。

2.吸引回数は大満足の20回!

20回吸い
アイコスを吸っていて、「アレ、もう終わり?」と思ったことはないですか?

アイバディも同様ですが、アイコスは1回の喫煙回数が16回、もしくは6分前後と決められていましたよね。

大抵の人は時間がくる前に16回吸い終えてしまうので、まだ吸えそうなのに勿体無いなー、と思っていたのですが、EFOSはなんと!

20回吸引 / 5分30秒なんです!

ヒートスティックのしけもくに手をだす人が多かったのは、まさに1回の喫煙回数の少なさから「満足感」が今ひとつ足りなかったからではないでしょうか。

20回吸って、抜いたヒートスティックを見れば大満足すること間違いなしです!

3.新感覚のモードチェンジ搭載!

モードチェンジ
EFOSは、これまでの互換バッテリーにはない2段階の出力モードを搭載しています。

「低温モード」と「高温モード」があり、通常のヒートスティックの風味を楽しみたいときは「低温モード」で十分です。

ちなみに「高温モード」はミスト量が多いだけでなくヤニクラ必至の高出力モードなので、連続2本でもクラっとします。

かなり強めのたばこを吸っているような感覚ですね(汗)

ヒートスティックを抜いてみるとわかるのですが、アイコスに比べて無駄なく加熱出来ているため、ニコチンの摂取量も増えているのかもしれません。

ただし、EFOSにもデメリットがあり、バッテリー容量は多めですが、出力が強すぎて10本くらいしか吸えないようです。

4.アイコス同様に急速充電に対応!

急速充電
アイバディは1Aで充電しなければならない為、バッテリー切れの際に手間でしたが、EFOSは急速充電だと70分前後で充電出来ちゃいます。

通常充電も可能ですが、その場合は2時間近くかかりますので、アイコスやアイフォンのACアダプターを使うと良いですよ。

アイコスにしてもグローにしても、ちょっとヘビースモーキングな方にとっては、急速充電って必須の機能なんですよね。

充電時間は短いに限る!これは何でもそうですが、ことタバコに関して言えば尚更なのは言うまでもありません。

5.掃除が簡単過ぎてストレスフリー!

簡単クリーニング
アイコスやアイバディは、構造上どうしてもヒートブレードがあることで、綿棒などで掃除する際も神経を研ぎ澄まさなければなりませんでした。

ところが、EFOSにはヒートブレードがないんです。

折れたりするパーツがないので、とても心穏やかに掃除が出来ます(笑)

EFOSのスタータキットには綿棒などのクリーニングキットは付属していませんが、普通の綿棒でも掃除できるくらい簡単です。

6.赤ランプとさようなら!圧倒的な耐久温度

耐久温度
この点に関しては試したワケではないので公式サイトからの引用になりますが、耐久温度は-15度から50度だそうです。

アイコス・ユーザーの最大の悩みでもある「赤ランプ点灯」とおさらばすることが出来そうです。

アイコスにとって、寒さは天敵です。

吸いたいときに赤ランプがついてイライラした経験、あるんじゃないでしょうか。

EFOSなら、寒空の下でも関係なく稼働してくれますよ!

EFOS(イーフォス)の凄さをまとめてみた!

まとめ
このEFOSですが、まだ日本では発売されたばかりですので、カスタマイズアイテムなどは一切ありません。

ですが、アイコス超えと言われたアイバディを更に上回るハイスペックさはお分かりいただけかと思います。

連続吸い20回吸引モードチェンジ急速充電簡単クリーニング、そして寒さ対策と、まさに最強のアイコス互換機と言っても過言ではないでしょう。

これは後述しますが、バイブレーション機能も備わっており、加熱はじめ、加熱完了、吸い終わりをしっかりと教えてくれるので、この辺のユーザビリティも良く考えられてますよね。

EFOSの出現によってアイバディの時代は終わってしまうかもしれません。

EFOS(イーフォス)の構造

イーフォス構造
昔、アイバディのレビューをしたときに、アイコスグローの間の子という書き方をしましたが、EFOSはグローとヴェポライザーの間の子と言えそうです。

アイバディは、ヒートスティックをグローのような本体で吸うスタイルですが、アイコスと同じようにヒートブレードによって加熱する仕組みでした。

それに対して、EFOSはヒートスティックをグローのように吸うまでは同じですが、グローやヴェポライザーのように周りから加熱する仕組みなんですね。

グローが360度加熱によって加熱ムラがなくなることをウリにしていますが、まさにその特徴のままヒートスティックを吸えるようにしたのがEFOSということです。

もともと出力が強いことも起因してますが、吸い終わった後の断面はキレイに真っ黒・・・加熱ムラなんてわからないくらいです。

EFOS(イーフォス)のスペック

イーフォス・スペック
EFOS 本体103mm×47.5mm×24mm
バッテリー容量2000mAh
作動電圧3.7V
耐久温度-15℃~50℃
予熱時間35秒
充電時間5V1A(110-115分)
5V 2A (70-75分)
各種機能連続吸い(5本)
吸引回数(20回)
使用本数(10本)
バイブレーション機能

EFOS(イーフォス)スターターキット

スターターキット
スターターキットのセット内容
セット内容はシンプルです。
EFOSスターターキット
EFOS説明書と保証書
・EFOS本体
・USBケーブル
・専用ポーチ
・取り扱い説明書
・保証書(3ヶ月間)

この手の製品は、よく綿棒などのクリーニングキットが付属していますが、通常の綿棒でも掃除可能ですし、アイバディのように使えないクリーニングセットなら、なくても問題ありません。

EFOS本体(表)
EFOS表面
やや丸みを帯びており、立たせるのが大変なデザインです。
素材はアイバディのようなマッドな質感のプラスチック素材で、かなり控えめに「EFOS」と刻印が入っています。
スペース
EFOS本体(裏)
EFOS裏面
裏面には、これまた薄くひし形の中に「E1」と刻印されています。
この素材、指紋などが目立つのが気になる・・・。
スペース
EFOS本体(底面)
EFOS底面
底面にの平な部分にUSBポートがあります、立たせると非常にバランスが悪いです(汗)
基本的には寝かせておくのが吉ですね。
スペース
EFOS本体(スライド部分)
EFOSスライド部分
スライドをあけると小さい穴が空いています。
この部分にヒートスティックを挿すのですが、垂直ではなく斜めになっているのがポイントです。
スペース
EFOS本体(ボタン部分)
EFOSボタン部分
上部のスライドとは逆の部分に、大きなボタンが1つあります。
加熱やモード切り替えはこのボタンで行います。
スペース
EFOS本体(挿入部分)
EFOS挿入部分
ヴェポライザーとそっくりな挿入部分で、底には無数の穴が空いているだけで、ヒートブレードなどは一切ありません。
挿入口がギザギザになっているのがわかりますでしょうか?細かいですが、この工夫がミスト量アップの秘訣です。
スペース
EFOS本体(ヒートステッィク挿入)
EFOSヒートスティック挿入
ちょうどヒートスティックのたばこ葉が詰まっている部分が、スッポリと入るジャストフィットな深さ。
挿入口のギザギザの隙間からエアーを取り込むことによって、ミスト量が格段にアップ、ドローはアイコスよりも少し軽いです。

EFOS(イーフォス)の使い方

イーフォス使い方
STEP:1

EFOSの使い方その1
まずはヒートスティックを挿し込むため、スライドを開けましょう。

スペース
STEP:2

EFOSの使い方その2
ヒートスティックを挿し込みます。
アイコスだとロゴの下の線あたりまで入りますが、深さがないので写真くらいでOKです。

スペース
STEP:3

EFOSの使い方その3
スライドと逆にある加熱ボタンを素早く3回押します。
初期設定だとバイブレーションの後、ゆっくりとランプが赤く点滅し始めます。
余談ですが、赤ランプ点滅は「高温モード」を表します。

スペース
STEP:4

EFOSの使い方その4
約30秒の予熱が完了するとバイブレーションが作動、それと同時に加熱ボタンの周りのランプが点灯に変わります。
これが吸引可能のサインです。
ずっと見てなくて良いのはイイですね!

スペース
STEP:5

EFOSの使い方その5
誤差はありますが、18回目を吸い終えると、またバイブレーションでお知らせしてくれます。
その後2回吸うとパワーダウンしますので、ヒートスティックを抜いて吸引終了です。

スペース
モード切り替え

EFOSのモード切替
加熱中が一番良いと思うのですが、途中で加熱ボタンを3秒間長押しすると、ランプが緑色に変わります。
この緑色が「低温モード」でして、アイコスに近い味わいを楽しみたいときは低温モードに切り替えましょう。

スペース
充電

EFOS充電中
充電は底にあるUSBポートにケーブルを差し込んで行います。
側面にある充電ゲージ(4つ)が容量に応じて1つづつ点灯していき、4つ全部が点灯したら充電完了です。
公式サイトには5V1A(110-115分) 5V 2A (70-75分)と記載されていましたので、急速充電で問題ないでしょう。

EFOS(イーフォス)の喫味

イーフォス喫味
さて、ここも重要な点ですね、吸った感じはどうなのか?喫味についてお伝えします。

まず、ミスト量はアイコスよりもかなり多く出ます

その分ドローは軽めですが、いかんせん加熱方法が良いのか、もの凄くクラっときます。

ヒートスティック
*左からアイコス、アイバディ、イーフォス

むしろ、たばこ葉を均一に加熱できているからこそ、味わいもアイコスよりもしっかりしている印象です。

モードによって味も多少違いますが、どちらかと言うと、味というよりはキツさが変わります。

高温モードはハンパないっす。

EFOS(イーフォス)の注意点

イーフォス注意点
アイバディのときがそうでしたが、あまりのブームに海外の並行輸入品などまで販売されるようになり、結果、保証が受けられないなどのトラブルが多発しました。

発売当時、まだ正規代理店が少なかったころに、当時の正規代理店だったVAPE STUDIOさんが注意喚起をしていました。

iBuddyのときの注意喚起

イーフォスも間違いなさそうなのは、2店舗だけです。

余談ですが、公式サイトから購入するとQUOカードがもらえます(笑)

粗品
クオカード

ポイントがつかない分の気遣いだと思いますが、有難く頂戴しました。

VAPEをはじめとした電子タバコにおいて、もっとも重要なのは保証です

決して安いものではないので、初期不良で泣き寝入りするリスクを考えると、ちゃんとした正規代理店で購入するのが良いですよ。

あとがき

先日のプルームテック互換バッテリー「Ocean-C NX」もそうでしたが、互換品がどんどん正規品を上回るスペックを実現しています。

これからの時代、ヒートスティックはアイコスで、たばこカプセルはプルームテックで吸う、というのはあくまで最初の選択肢でしかなく、生活スタイルや用途に応じて選べる時代なんだな・・・と改めて思いました。

グローの互換品が未だに出てこないのが気になりますが、もしかしたらどこかで開発されているのかも知れませんね。

今後の互換品市場が楽しみです。