プルームテック・スタイルの楽しみ方

こんばんは、プルームテックオンライン管理人のげんちゃんです。

当ブログで過去に何回か提唱していたのですが、プルームテック特有のボールペンみたいな形状、そして、たばこカプセルによるクリアな味わいを楽しめる喫煙スタイルのことを「プルームテック・スタイル」と勝手に呼んでいました。

要は、純正バッテリーを持っていなくても、カートリッジとたばこカプセルは純正なのですから、互換バッテリーでも全然イイじゃん!っていうコト。

で、その考えを更に突き詰めて、同じ仕組みで「たばこカプセル」を楽しめれば、ある意味それでOKじゃない?という結論に至ります。

もしかしたら、私が既に純正のプルームテック・バッテリーを持っているからそう思えるのかも知れませんが、バッテリーなんて、たばこカプセルを吸うための電源でしかないですからね。

ちょっと邪道なテーマですが、たばこカプセルを楽しむ為のデバイスは、純正のプルームテック・バッテリー以外にも選択肢はたくさんあります

前置きが長くなってしまいましたが、今回は、特徴の違う3つのデバイスを紹介します!という内容で書こうと思います。

やっぱり欲しい!純正プルームテック・スターターキット

プルームテック・スターターキット
言わずと知れたプルームテックのスターターキットです。

この純正バッテリー+純正カートリッジ+たばこカプセルの組み合わせを基準に、他のデバイスと比較していくので、純正プルームテックについては、アイコスとグローと比較して書きます。

まずは、たばこの喫味についてですが、この点についてはアイコスグローには劣るというのが私の感想です。

これは、構造上どうにもならないことですが、たばこ葉を直接加熱しない為、どことなく喫味に欠けるんですよね。

また、温度もアイコスで350度、グローだと240度で加熱するのですが、プルームテックについてはわずか40度くらいだそうです。

この温度の低さが、キックの弱さと蒸気の少なさに直結しているのでしょう。

ただ、味わいは非常にクリアで、「たばこ葉ってこんな味なんだー」と気付く方も多いのではないでしょうか。

蒸気を通すだけで、この味わいを実現した「たばこカプセル」はホントに秀逸で、プルームテック・スタイルのキモ。

そしてもう1つ忘れてはいけないのが「臭い」。

確かにたばこ感には欠けますが、無臭と言ってもいいぐらい臭いが気になりません。

このクリアな味わいと、臭いが気にならないという2つの点が、プルームテックが支持される最大の理由なワケです。

Ploom TECH(バッテリー)

バッテリータイプ内蔵リチウムイオン充電池
電池容量210mAh
製品許容温度使用時: 0℃~40℃
充電時:10℃~40℃
重量約10.5g
寸法L : 69.2mm
Φ : 9.2mm
価格4,000円
スペース

まだ互換バッテリーしか持っていないという方にとっては、ホンモノも持っている・・・この事実が重要だとは思いますが、性能的には他の互換バッテリーの方が良い部分が多いです。

転売品はリスクも大きいので、少なくともプレミアム価格を払ってまで購入する必要はないと思いますよ。

もう偽物とは言わせない!互換バッテリーの完全体がコレ!

互換バッテリーOcean-C
昨年末くらいからでしょうか、プルームテック難民を救ったのは間違いなく、この「互換バッテリー」です。

JTの供給力不足から、プルームテックを試したい!けどプレミアム価格の転売品は高すぎる・・・そんな全国のユーザーを、リーズナブルな価格と圧倒的な供給量で、純正プルームテック・バッテリーの代替品として定着しましたね。

基本的な性能はほぼ同等だったこともあり、たばこカプセルを試せれるならコレで十分!と一気に広がります。

ただ、発売当初は、見た目が明らかに偽物とわかる粗雑な作りのものが多く、50パフお知らせ機能がついていないなど、フェイク・プルームと呼ばれていたのが実際です。

しかし、ついに純正バッテリーに並ぶような、細部まで作り込まれた互換バッテリーが登場しました!

これまで課題だった50パフお知らせ機能はもちろん、純正顔負けの側面発光LEDを搭載、むしろ充電システムという点では、急速充電を採用したことで、トータルで純正品を抜いてしまったと言ってもいいくらいです。

ズバリ!その互換バッテリーとは「Ocean-C P3」のこと。

見た目の違いなんて、ロゴが PloomTECH か Ocean-C か?くらいなもので、サイズなどの規格はほぼ一緒。

純正品同様に50パフお知らせ機能も完備されており、互換バッテリーの完成形ってコレなんだ、と思いましたね。

また、喫味の好みにもよりますが、Ocean-C は純正品に比べてドローが重めなんです。

更に、エアフローが調整されていることで蒸気量もアップしており、吸ったときの満足度は純正品よりも高いです。

Ocean-C P3(バッテリー)

バッテリータイプ内蔵リチウムイオン充電池
電池容量210mAh
製品許容温度 -
重量約10.8g
寸法L : 70.0mm
Φ : 9.2mm
価格2,480円
スペース

2台目の予備用や純正品を手に入れるまでのツナギなど、ボールペン型の互換バッテリーを買うなら「Ocean-C P3」以外は考えられません。

コスパに優れた良い互換バッテリーですよ。

邪道系プルームテック・スタイルならディファスモ

互換バッテリーのディファスモ
どこから見てもプルームテックには見えないですよね(汗)でも、これも立派な互換バッテリーなんです。

グローとプルームテックの間の子みたいな互換バッテリーでして、プルームテックのカートリッジがないと使えない、「プルームテック専用」互換バッテリーの「ディファスモDfasmo)」ちゃん。

見た目的にはアレですが、機能は純正を遥かに上回るハイスペック・バッテリーなんです。

圧倒的に優れているところをまとめますと・・・

1.ガジェット感満載のデジタルパネル搭載!
2.3倍の容量でバッテリーが長持ち!
3.電圧可変モデルなので蒸気量がハンパない!

デメリットは1つだけ、電圧が強いので純正カートリッジだとすぐにグリセリン切れになります(汗)

再生カートリッジとの相性が抜群でして、現状の互換バッテリーの中では最強のプチ爆煙モデルですね。

Dfasmo(バッテリー)

バッテリータイプ内蔵リチウムイオン充電池
電池容量650mAh
電圧(2.2v 2.6v 3.3v 3.8v)
製品許容温度 -
重量約45.0g
寸法L : 80mm
H : 20mm
W : 10mm
価格3,190円
スペース

どうですかー、ちょっと気になりませんか?

外見は気にしない!という方で、且つカートリッジ再生が出来る方であれば、コレ持ってると重宝しますよー!

VAPE系「爆煙」プルームテック・スタイルの定番!

電子タバコVAPEのEleaf
ここで紹介する「Eleaf iCare140」ですが、見た目通り、基本的な用途は電子タバコVAPE)です。

電子タバコの魅力はなんと言っても「爆煙」、プルームテックの何倍もの蒸気が発生する点と、様々なフレーバーリキッドが使えることが挙げられます。

ただ、残念なのはニコチンが入っていないんですね・・・日本ではニコチン入りリキッドの販売が禁止されているため、個人輸入で海外から仕入れる以外、手に入れる方法がありません。

ところがですね、サードパーティ系の会社さんが作っちゃったんです、たばこカプセル専用の部品を。

このパーツによって、電子タバコ特有の「爆煙」と「フレーバー」に、たばこカプセルを接続することで、「クリアな味わい」と「ニコチン」を組み合わせたのが、「PloomTECH たばこカプセル対応、電子タバコスターターキット」です。

ちなみに、数ある電子タバコの中で、なぜ Eleaf iCare140 なのか?ちゃんと理由があるんです。

更に爆煙タイプの電子タバコもあるのですが、出力が強すぎると「たばこカプセル」が溶けちゃったり、蒸気で詰まってしまい吸えないなんてことも。

もちろん、Eleaf iCare140 が VAPE 初心者向けの使い易いデバイスなのも理由の1つですが、爆煙を楽しみつつ安全に使えるのが、この「Eleaf iCare140」だったということなんですね。

Eleaf iCare140(オールインワン)

バッテリータイプ内蔵リチウムイオン充電池
(オールインワンタイプ)
電池容量650mAh
製品許容温度 -
重量約39.0g
寸法L : 122mm
Φ : 14mm
価格2,980円(スタータキットのみ)
4,980円(PloomTECH互換お得セット)
スペース

蒸気量はピカイチの爆煙で、VAPEの入門編としても使えるなど、当サイト一押しの互換セットです。

ただし、コレに手を出したが最後、VAPE沼という底なし沼にハマってしまうかも知れません(汗)

たばこカプセルの楽しみ方まとめ

たばこカプセルいっぱい
ここまで互換バッテリーが進化していると、純正プルームテックの役割は「ホンモノも持ってるよ!」と言う為のモノになってきましたね。

どれも私は良く使っているので、全部オススメなのは間違いないのですが、それじゃ何も参考にならない。

ということで、皆様が何を重要に思っているかで、オススメのデバイスも多少変わってきますので、タイプ別にオススメをまとめてみました。

見た目重視派のアナタにオススメなのは・・・

ランキング1位Ocean-C P3

ランキング2位Eleaf iCare140互換セット

ランキング3位Dfasmo

純正プルームテックのスタイルを守り抜きたい方には、やはりOcean-C P3が一番です。

性能も純正以上なので、満足できる互換バッテリーですよ!

Dfasmoはもう別物ですからね、好みはわかれると思いますが、一応ここでは3位ということで。

味が一番!のアナタにオススメなのは・・・

ランキング1位Dfasmo

ランキング2位Ocean-C P3

ランキング3位Eleaf iCare140互換セット

味という点は、DfasmoもOcean-C P3も甲乙つけ難いのですが、味に関わる蒸気量がDfasmoの方が圧倒的なので1位です。

Eleaf iCare140は爆煙過ぎて、使うリキッドによってはたばこカプセルの味が吹き飛んじゃうんですよね。

まぁ、それくらいモクモクすると言ういことです。

たばこ感を追求したいアナタにオススメなのは・・・

ランキング1位Eleaf iCare140互換セット

ランキング2位Dfasmo

ランキング3位Ocean-C P3

ドローの重さ、キックに蒸気量、どれをとっても Eleaf が最強です。

次点で Dfasmo 、Eleaf ほどではないですが、満足度は高いですね。

Ocean-C P3 はこの2つと比べたら物足りなくなっちゃいますかね。

あとがき

いかがでしたでしょうか。

今回は「プルームテックと愉快の仲間たち!たばこカプセルの楽しみ方は人それぞれ、2017年保存版としてアナタにピッタリのデバイスを紹介します!」と題して、互換バッテリーを中心に書いてみました。

もし、これからプルームテックを購入しようと思っていたり、2台目の予備バッテリーをお探しでしたら、タイプ別オススメを参考にしてみてください。

きっと、アナタのプルームテック・ライフがバージョンアップされるハズです!

リンク記事が多かったので、あっち読んだり、こっち読んだりと大変だったかも知れませんが、最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

余談ですが、今月中にURLごとブログを引越しようと考えております。

ブログやtwitterでも告知させて頂きますが、変わらず支えて頂けると幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。