グロー ポーラー・エディションとご対面

こんにちは、モクログ管理人のげんちゃんです。

金曜日の夜、ガリガリ仕事をしている最中、プライベートのスマホが鳴り出したので何かと思ったら嫁。

イヤな予感はしましたが、出ないわけにもいかないので「もしもし?」と言ったら・・・

「あんた、何買ってんの!!」

怒られました(汗)代引きの為18,000円近くしたそうで、だいぶご立腹気味です。

そんなプチ事件を起こしてくれたのが、今回レビューする「glo Winter Polar Edition

せめて満足度「大」であることを願って、御開帳です。

一応プレミアムコレクション枠

一応プレミアムコレクション枠
どんな化粧箱で届くのかと思っていましたが、なんと、これまでのカーボンクロムオーラムと同じくプレミアム・コレクション専用の箱に入って届きました。

値段も変わらないので予想はしていましたが、一応プレミアム・コレクションの仲間のようです。

しかしながら、相変わらず箱にベターっと送り状を貼り付けてくるセンスのなさ。

PREMIUM COLLECTION」と印字された格好いい箱なのに、この送り状で台無しです。

真っ白い箱に純白ボディのグロー

真っ白い箱に純白ボディのグロー
化粧箱の中のキットが梱包されている箱は、大きさこそ流通しているものと同様ですが、フタがポーラー・エディションしてます。

フタも真っ白なのですが、gloのロゴまで白いので、ぱっと見黒丸しか見えません。

グロー本体は、いつものフィルムに巻かれて収納されています。

ポーラー・エディションのセット内容

ポーラー・エディションのセット内容
真新しいものはありませんが、強いて言うなら、プレミアムコレクションのアクセサリーって黒地に2色カラーでロゴが印字されているのですが、ポーラー・エディションは通常版と同じようです。

ボディに光沢があるワケではないので、クロスも同梱されていません

グロー ポーラー・エディション本体:表

グロー ポーラー・エディション本体:表
公式ではシルクのような手触りと言われていましたが、質感はマッド仕上げのような手触りで、指紋もつきません。

逆に汚れが付くと落ちにくそうなので、やはりクリアケースは必須になりそうです。

デザインは見ての通りですが、電源ボタンとロゴ、底面だけにブラックを織り交ぜてあり、シックな大人のグローって感じ。

グロー ポーラー・エディション本体:裏

グロー ポーラー・エディション本体:裏
POLAR EDITION刻印がシンプルで良いです。

ただ、全体的にこれまでのプレミアムコレクションに比べると、プレミアム感が薄い気が・・・

せめてシリアルナンバーでついていれば良かったんですけどね、残念です。

グロー ポーラー・エディション本体:天面

グロー ポーラー・エディション本体:天面
ポーラー・エディションのこだわりポイントと言えば、天面が白ベースなことでしょうか。

限定カラーは定番と同じですし、プレミアムコレクションはブラックで統一でしたから、恐らく天面が白地なのはポーラー・エディションだけではないでしょうか。

スライドはプレミアムコレクションのような素材感はなくフツー。

グロー ポーラー・エディション本体:底面

グロー ポーラー・エディション本体:底面
これまでのプレミアム・コレクション同様にブラックで統一されています。

ただ、1点気になることを発見・・・Nから始まる9桁の英数字が印字されてます、なんですかね?

たぶん製品コードだと思うのですが、箱の裏に書かれたものとも一致せず、意味不明です。

箱の裏面のコードも確認

箱の裏面のコードも確認
QRコード付近にかかれている製品コードはJから始まる8桁。

カスタマーセンターに問い合わせてみたら、それも製品コードだそうで、故障などで保証を受ける時に聞かれるかも知れないとのこと

話してみた印象ですが、カスタマーセンターの人も余りよくわかってなさそうでした。

gloオンラインストアで購入すると強制デバイス登録

gloオンラインストアで購入すると強制デバイス登録
2月7日より、gloオンラインストアで購入すると、自分で登録しなくても出荷時に製品登録された状態で送られてくるんです。

たぶん、プレミアムコレクションが大量に転売に流れたから?と勝手に予測しています。

私個人として登録の手間が省けるので良かったと思いましたが、賛否両論ありそうです。

glo Winter Polar Editionまとめ

glo Winter Polar Editionまとめ
ぶっちゃけ、過去のレビュー記事を読んでいただければわかると思うのですが、今回のポーラー・エディションについては、プレミアムコレクション程のこだわりやクオリティは感じませんでした

ただですね、ワンランク上の普段使いにはピッタリなんです。

白黒のモノトーン・デザインは落ち着いた大人を演出してくれそうで、裏面のワンポイントも控えめでオシャレじゃないですかヽ(´ー`)ノ

何より有り難いのは、ツルピカでないこと、あれだけピカピカだと庶民の私には使いづらいんです。

少し割高(12,000円くらいが妥当?)な気はしますが、個人的にはかなり気に入りましたね。

あとがき

twitterで仲良くして頂いている女性の方から、ポーラー・エディションは女性受けが良いのでは?とのアドバイスを頂きました。

地獄の2月を乗り越えたら、ご褒美にお姉様のいるお店にでも繰り出そうと思っているので、ちょっと期待してます(笑)

あと2週間、頑張るぞー!

PICKUP POSTS
【まとめ】今話題のグロー(glo)の豆知識から裏技、裏話まで、いくつ知ってる?