こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

何かモノを買ったとき、皆さんは説明書を隅々まで読める人ですか?

私はですねー、ダメなんですよ・・・。

もうすぐに触りたくて、それが多少知っているモノなら尚更でして、ペラペラっとめくったらとりあえずスイッチを入れちゃうタイプです。

で、箱って嵩張るじゃないですか、ですので少ししたら捨てちゃうことが多々あります。

ですが、説明書も一緒に捨てちゃうので、いざってときに困るんですよねー。

今日は、私みたいな人のために、グローハイパートラブルシューティングについて”まとめ“ておきましたので、いざと言うときにご活用ください。

トラブルの基本

まず最初にお伝えしておきますが、グローはあんなに小さいですが、精密機械ですのでトラブルはフツーに起こるということを認識しておきましょう。

絶対に壊れない電子機器なんてありませんので、購入者する側である私たちも最低限の準備や知識は必要です

もちろん、これはグローハイパーに限った話ではありません。

まずは、重要なことが2つありますので、それからお伝えしていきます。

購入したら必ずすべきこと

まず、購入したら必ずやっておいて頂きたいのがデバイス登録です。

これは、初期不良や自然故障などの際に「新品」と交換してくれる「保証サービス」を受けるために必須なので、これを行わずに”壊れた!買って数ヶ月しか経ってないのにフザケンナ!”と言ってもダメです。

グローストアでは購入時に、グローオンラインストアで買った場合は自動的に登録されるので問題ありませんが、コンビニやタバコ屋さんで買った場合は自分で登録しないといけないのでお忘れなく。

登録しておけば、壊れたときに新品と交換してくれますので、これはしておいたほうがいいですよ。

最終手段はカスタマーセンター

私はこんなブログを書いている手前、かなりの頻度でカスタマーセンターに電話しており、いつも色々と教えて頂いています。

確かに繋がりにくい・・・などありますが、自分で解決できないときはカスタマーセンター電話をするのが一番です。

例えば、これは故障かな?というとき、すぐに交換とはいかない場合でも「これを試してみて下さい」「ここはどうなっていますか?」など、丁寧に教えてくれますので指示に従って操作してみたら直った!なんてこともあります

また、指示通り操作してみてもダメな場合は、その電話で交換受付をしてくれたりするので、電話が一番だと私は思っています。

参考までに各社の電話番号を掲載しておきますので、参考にどうぞ。

glo0120-010-657
IQOS0120-190-517
Ploom0120-108-513
PULZE0120-030-150
*クリックすると電話発信画面が開きますのでご注意を。

ボタンの光方でエラー内容を知ろう

グローの加熱ボタンは、光り方でどんなエラーなのかを教えてくれます

このボタンは4分割されており、その組み合わせでエラーの状態を知ることが出来ます。

覚えておく必要はありませんが、グローハイパーをご利用の方は、このページだけでもブクマしておくといざと言うときに便利ですよ。

1.ボタンが全点滅

ボタンが全点滅
このエラーは、充電されなかったり、電源が入らない状態を意味しています。

■充電されない場合

原因 対策
内蔵バッテリーが許容温度以上に上昇している 本体を涼しい場所へ移動させ、冷めるのを待つ
内蔵バッテリーが許容温度以下に定価している 本体を温かい場所へ移動させ、温まるのを待つ
ACアダプターが作動していない 付属のUSBケーブルでパソコンから充電してみる

■電源が入らない場合

原因 対策
充電が切れている ボタンを押して充電残量を確認、ない場合は再度充電する
内蔵バッテリーが許容温度以上に上昇している 本体を涼しい場所へ移動させ、冷めるのを待つ
内蔵バッテリーが許容温度以下に定価している 本体を温かい場所へ移動させ、温まるのを待つ

2.ボタンが左右に点滅

ボタンが左右に点滅
このエラーは、主に加熱が始まらない状態を意味しています。

原因 対策
前回、加熱の途中で中止した後
すぐに次の加熱が開始された
約90秒操作をやめてから再度加熱してみる
それでも加熱が始まらない場合は
カスタマーセンターに問い合わせ

3.上2つだけが点滅

上2つだけが点滅
このエラーは、内蔵バッテリーの温度が低すぎることを意味しています。

このエラーが出たときは、すぐにカスタマーセンターに問い合わせしましょう。

4.下2つだけが点滅

下2つだけが点滅
このエラーは、内蔵バッテリーの温度が高すぎることを意味しています。

このエラーが出たときは、すぐにカスタマーセンターに問い合わせしましょう。

5.右2つだけが点滅

右2つだけが点滅
このエラーは、内蔵バッテリーの低すぎることを意味しています。

このエラーが出たときは、すぐにカスタマーセンターに問い合わせしましょう。

6.左2つだけが点滅

左2つだけが点滅
このエラーは、内蔵バッテリーの温度が高すぎることを意味しています。

このエラーが出たときは、すぐにカスタマーセンターに問い合わせしましょう。

7.斜めに2回づつ点滅

斜めに2回づつ点滅
このエラーは、スティックが加熱出来ないことを意味しています。

このエラーが出たときは、すぐにカスタマーセンターに問い合わせしましょう。

8.斜めに2回づつ点滅+振動2回

斜めに2回づつ点滅+振動2回
このエラーは、充電出来ないことを意味しています。

このエラーが出たときは、USBケーブルを本体から外して、すぐにカスタマーセンターに問い合わせしましょう。

エラーモードまとめ

見るとお解りいただけると思いますが、対策が書かれていないエラーが表示されたときは、即カスタマーセンターに連絡が必要な状態です。

公式でも詳しい内容については書かれていませんが、バッテリーを内蔵するデバイスなだけに、かなり危険な状態である可能性があります。

3~8までのエラーのときは、すぐに使用を中断して連絡するようにしてくださいね。

あとがき

世界クラスの企業が製造しているデバイスなので、安全面には十分配慮されているとは思いますが、書いていてなんだか怖くなりましたよ(汗)

最近あまり聞かないので忘れていましたが、リチウムイオンバッテリーは便利ですが危険も伴います。

日本でもモバイルバッテリーが火を噴いたとかってニュースが昔ありましたが、そういう危険もあることを忘れてはいけませんね。