こんばんは、休みの日に書き溜め中のげんちゃんです。

グローに限った話ではありませんが、各社のデバイスが山のようにあり、グローはこれで8個目になりました。

嫁にはまた買ったの?と言われましたが、現物ナシでレビューは書けないので、ちょっとした経費みたいなものですね(汗)

ということで、今回はBATグローから新発売の「グローナノ(glo nano)」についてレビューします

OR+バナー
vaponaire

グロー・シリーズ

高温加熱式たばこデバイスのグローは、日本でリリースされて3年弱が経ちますが、今はなき初代も含めると全部で5種類のモデルが発売されました

ツートンカラーでお馴染みの「シリーズ2」と「初代グロー」は、サイズ、性能などスペックが全く同じデバイスなので、その意味では4種類とも言えます。

その後、アイコス3マルチの人気ぶりから「シリーズ2ミニ」をリリース、バッテリーを小型にしてサイズダウン、喫煙可能本数を15本に減らしたモデルのことですね。

これに先日発売が始まったプロとナノを合わせて4種類というのが既存ラインナップになります。

プロについては先日レビューしましたので、今日はもう1つの新型「ナノ」について紹介していきます。

グローナノと他デバイスのスペック比較

グローナノと他デバイスのスペック比較

 glo proglo nanoglo series2 miniglo series2
(初代glo)
サイズH82mm
W43mm
D21mm
H95mm
W32mm
D21mm
H82mm
W41mm
D20mm
H85mm
W44mm
D22mm
重さ98g61g86g100g
型番G200G300G101~G001~
バッテリーリチウムイオン
3,000mAh
リチウムイオン
720mAh
リチウムイオン
1,200mAh
リチウムイオン
3,000mAh
充電時間1.5時間1時間2時間~2時間~
充電方式C-TypemicroUSBmicroUSBmicroUSB
喫煙本数約20本約10本約15本約30本
連続吸い
加熱方式Induction
Heating
Technology
(IH加熱)
Advanced
Heat
Technology
(360度加熱)
Advanced
Heat
Technology
(360度加熱)
Advanced
Heat
Technology
(360度加熱)
加熱時間通常:20秒
ブースト:10秒
通常:40秒通常:40秒通常:40秒
喫煙時間通常:4分
ブースト:3分
通常:3分30秒通常:3分30秒通常:3分30秒
見ての通りですが、少し長くなったものの幅がぐっと減ってスティック型に近い形状に。

更に重さも60gと最軽量になりました。

喫煙可能本数は10本に減りましたが、充電時間も1時間と短くなったのはポイントですね。

その他のスペックは既存デバイス変わらないのですが、デザインがはじめて大幅に変更されたデバイスなだけに要チェックです。

グローナノ詳細

セット内容



箱のサイズは従来品と全く同じ、アクセサリーはプロと同じもので白地にロゴが入ったシンプルなデザイン。
パッケージ・デザインが昔と変わってスタイリッシュになった気がする・・・だけ。
スペース
本体


アイコス3マルチほど長くはないけど、スリムになってシュッとしてます。
個人的には、ここまで形状を変えてきただけで評価大です。
スペース
細部



天板はプロともseries2とも違うデザインで丸っこい感じに、底は共通ですね。
充電用のUSBポートはプロ同様に側面に設置されています。

アイコス3マルチとの比較

アイコス3マルチとの比較
完全にアイコス3マルチを意識しているのは間違いないでしょう。

見た目的にもだいぶ似せてきているので、せっかくなのスペック比較もしてみました。

 glo nanoIQOS 3 multi
サイズH95mm
W32mm
D21mm
H119.25mm
W25.42mm
D15.1mm
重さ61g50g
バッテリーリチウムイオン
720mAh
リチウムイオン
830mAh
充電時間60分75分
充電方式microUSBType-C
喫煙本数約10本約10本
連続吸い
加熱時間通常:40秒通常:20秒
喫煙時間3分30秒6分
販売価格3,980円6,980円

グローナノまとめ

グローナノまとめ
グローはデバイス、専用たばこ共にリーズナブルなので、このあたりも評価対象にいれるとイイ勝負な気もします。

強いていうなら、せっかくIH加熱という新方式で吸いごたえをアップさせたんですから、ナノにも採用してほしかったところです

そもそもグローを選ばれないのは、吸いごたえの弱さも理由の1つですからね。

せっかくデザインも大幅に変更しただけに、ちょっと勿体ないなー、というのが本音です。

あとがき

個人的にはシリーズ2のときに比べれば、ちゃんとした新型がリリースされたのは間違いないんですけどね。

プロが良かっただけに、ナノにもIH加熱を導入してほしかったところです。

来月にはグローセンスも全国展開されると思いますので、今年のグローは一味違いますよ!?