こんばんは、またもヤッチマッタげんちゃんです。

何をしでかしたのかって?

スマホ無くしました・・・。

愛用しているGalaxy S9+がなくなり、かなりソワソワな一日でした。

つい先日、飲んだときは「無くさない」「壊さない」「迷惑をかけない」と誓ったばかりなのに、ちょっと自己嫌悪です。

無事発見されることを願うばかりですが、気を取り直してセンス限定モデルレビューしたいと思います!

これまで常にスマホで写真撮っていたので、初のデジカメ撮影スタートです。

OR+バナー
vaponaire

グローセンスの限定モデル「FL モデル・1」

既に一度このニュースは取り上げているので詳細は書きませんが、簡単に言うとアーティストコラボデザイングローセンスのことです。

一応「限定販売」だそうですが、そもそも第一弾のマクラーレン・モデルも売れ残っているので、焦って買う必要はないのかな?

私自身、コラボしたアーティスト「フューチュラ」氏のことは知りませんでしたが、単純にデザインがオシャレだなーと思い購入しました。

販売価格もプレミアム価格などではないので、この辺も購入の決めてになりましたね。

どうせ買うなら「限定もの」にしてみるか?こんなノリです。

スペース

パッケージからフューチュラ感全開

パッケージ
フューチュラ氏はグラフィティ界では「スプレー缶の魔術師」と異名を持つほどの方でレジェンド的存在なんだとか。

パッケージも通常モデルとは違って、めちゃくちゃスプレーされてます(笑)
*もちろん印刷です

正直このスプレーが一体何を表現しているのかはサッパリわかりませんが、「なんかカッコいい!」と思わせるんだから凄いですよね。

箱の裏にはお決まりの製品番号が記載されていますが、私のようにオンラインで購入した場合は発送時に自身のアカウントに登録されるので、特別何かする必要はないそうです。

セット内容はフツーかな

セット内容
開封すると、真っ白なボディに黒いラインが無数に伸びているglo sens FL model 1とご対面。

うん・・・思ったとおりカッコいい。

いいじゃん!FLモデル。

通常モデルと比べてセット内容に特別違いはありませんが、フタの裏側には「FL」とコラボした限定モデルであることが印字されていました。

スタイリッシュで格好いい本体

本体
側面
カスタマイズシールみたいに、つなぎ目があったらイヤだなー・・・と思いましたが、表裏、左右がすべて繋がっているデザイン。

グローはこういうところ、なんとなく手抜きしそうな印象がありましたが、素晴らしい出来です。

限定モデルに相応しいスタイリッシュなデザインに、満足度大ですよ。

型番はスタンダードモデルもFLモデルも「H100」、まあリリースされたばかりですからね、問題ありません。

気になる「1」の意味

気になる「1」の意味
ずっと気になっていたのがモデル名の「FL Model 1」の末尾にくっついている「1」。

カスタマーセンターの方に問い合わせたところ、以下のような回答を頂けました。

「シリーズ化しようという案があり、第一弾という意味で1」なんだそうです。

ただし、シリーズ2が出るかどうかは全くの未定で、このまま1で終わることも十分にあり得るんだとか。

グローは「co-lab」コンテンツで色々なアーティストとコラボしてるので、別アーティストで2が出ると面白そうですね。

グローセンス FL モデル 1 まとめ

グローセンス FL モデル 1 まとめ
パッケージもしっかりデザインされており、所有欲を満たしてくれる限定モノでした。

まだ普通に売ってますので、フューチュラ・デザインに「おっ!?」と思った方は買ってみると良いですよ。

グローの限定モデルとしては、久々に満足感の高いモノでした。

あとがき

Galaxyがなくなり、いつもどれだけスマホを触っていたか思い知りましたよ。

確かに、暇さえあればスマホを開いてましたので、ないとめちゃくちゃ不便だし心配です。

位置情報が確認出来た場所は、昨日の深夜2時くらいですが、飲んでいた場所あたりだったんです。

でも今日見に行ったらなかったんですよねー、交番に届いてるといいんだけど・・・。