怒りを通り越して呆れましたよ、グロー?BAT?

こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。

今日は取引先との飲みでしたが、一次会でさっと帰ってきましてパソコンに向かっております。

なぜって?

このニュースを見たときに「またかよ・・・!」と思ったからです。

申し訳ないですが、以前の記事でも宣言した通り、今回はめったクソに書いてしまいそうです。

グローLOVEな方は読まないでくださいね。

突然のキャンペーン中止のお知らせ

突然のキャンペーン中止のお知らせ
メルマガに登録してる人には届いたんじゃないかと思います。

突然のキャンペーン中止のお知らせ

ご好評いただいている「glo™ 現金3,000円キャッシュバックキャンペーン」は、2018年6月30日(土)をもちまして終了いたします。

え!?ニュースが流れたのって25日なんですけど・・・あと5日しかないじゃん。

どんだけ行き当たりバッタリなんですか、グローは。

前科あり、なんで前回の失敗を活かさない?

グローは販売価格については、前科ありなんですよ。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今年に入って4,980円だったキャンペーン価格が、2018年2月に突如値上げされました。

その時の値上げの内容は、スタンダードモデルであるプレミアムシルバーが1,000円アップの5,980円、ストア限定カラー4色が8,000円とテ定価まで値上げされました。

ところが、全然売れなくなったからなのか、翌月の4月にはストア限定カラーが、8,000円からプレミアムシルバーと同じく5,980円に値下げされます。

カスタマーセンターの人が悪いワケではないのですが、3月中に8,000円で購入したから、かなりの数のクレームが入ったそうです。

そりゃそうですよね、値上げします!と言った翌月には値下げします!ですから、うっかり買ってしまった人が「ふざけんな!」と思うのは当然だと思います。

今回のキャンペーンだって問題あり

2018年2月中頃から4月にかけて5,980円で販売されていたグローですが、5月には今回の2,980円キャンペーンが始まりました

一番かわいそうなのは3月に定価8,000円でストア限定カラーを買ってしまった方ですが、4月に5,980円に値下がりして、安心して購入した方も見事に裏切られます

だって、その翌月の5月に購入すれば、2,980円で買えたんですから・・・バカバカしくなりますよ。

何回こういうコトを繰り返せば気が済むのか、キャンペーン適用前に購入した人が少数だから、切り捨てたということなんですかね。

アイコスも何かと批判の対象になりますが、グローのこの価格については、アイコスの比ではないくらいヒドイと思います。

キャンペーンって12月20日までじゃないの?

今でも公式サイト上に堂々と記載されていますが、キャッシュバック・キャンペーンの応募期間は「2018年5月1日(火)00:00 – 12月20日(木)23:59」って書いてありますけど。

「キャンペーン終了に伴いご迷惑をおかけいたしますがご理解賜りますようお願い申し上げます。」

案の定、勝手にキャンペーン辞めてしまいました(笑)

何を理解するれば良いのかわかりませんが、注意事項には以下のように書かれています。

本キャンペーンは予告なく終了または変更する場合がございます。(天災地変などの影響により実施が困難となった場合も含む)

なるほどー、BATさんだけ天変地異が起きたんですね、そりゃしょうがない。

2,980円価格は9月30日まで

おそらく前回のクレームから少しだけ学んだんでしょう、キャッシュバック・キャンペーンは6月30日で終了しますが、7月以降はコンビニやたばこ販売店さんなど、グロー公式ストア以外の販売拠点でも2,980円で販売されるようになるそうです。

た・だ・し、9月30日までですけどね。

この話、ちゃんとコンビニさんやたばこ販売店さんには伝わってるんですよね、7月に買おうとコンビニに行って、5,980円を請求されたりしたらマジで信用に関わりますよ!?

最低限その辺はしっかりと伝達しておいてくださいね。

グローに起きた天変地異を考えてみた

さて、ここからは得意の妄想を膨らませてみますが、批判が来るのを承知でなぜキャンペーンを”わずか”2ヶ月で辞めることにしたのか。

私が思うに3つの要因があると思っています。

1.ど定番ですが、売れ過ぎちゃった説

2,980円って破格ですからね、定価8,000円のものが半額以下ですから、ユーザーをぐっと増やすことに成功したのは間違いないでしょう。
ですが、売れ過ぎちゃった・・・このままで製造が間に合わなくなるかもしれない(汗)
ということで、12月20日までとは告知したものの、9月30日までに変更したという話。

2.システム利用料がヤバイ説

全国展開後のメインの販売店はおそらくコンビニだと思うんです、すると、期間中に売れたものは全てキャッシュバック・キャンペーンが適用されるんですよね。
ポイントはキャッシュバックの方法で、指定口座に「CASH POST(キャッシュポスト)」というサービスを使って振込むというもの。
つまり、振込みの際にシステム利用料が発生するはずですから、実際は3,000円以上の費用が掛かっており、採算ベースを下回ってしまったという話。
キャッシュバックは中止されたのに、2,980円が継続することから、この線は濃厚だと思います。

3.キャッシュバック・ミスでクレーム多発説

これは読者様からの問い合わせで知ったのですが、キャッシュバックまでの作業に何らかの問題が発生し、不備があったそうです。

キャッシュバックメールがとどかない可能性があるので、注意してください。
登録完了メールに「2~3週間を目処にキャッシュバック手続きメールする」と記載されているので、多くの人間は、メールがこなくても、3週間程度様子を見ると思いますが、3週間過ぎた後に問い合わせをしても、「メールは送信履歴済であり、受信できてないのは、あなたのメール受信設定の問題」と言われて終わりです。わたしの場合は、製品登録の6日後にメール送信の履歴があると言われました。ちょっとした詐欺にあった気分です。
2週間すぎても、メールがない場合、すぐ事務局に確認の電話をしてください。

このようにキャッシュバックしてもらえなかった方の怒りのクレームが多発したという話。

グローの今後って大丈夫なの?

勝手にキャンペーンを辞めた理由を考えてみましたが、仮にどれかが原因だったとしても、擁護する気にはなれないですねー。

1の理由ではないことを祈りますが、仮にそうだとしたら身勝手過ぎる・・・というか計画性がなさすぎますし、2の場合も同様です。

3はキャッシュバックという仕組みそのものがリスクだったことから、2,980円にしたことは理解できますが、期間がなぜ短くなったのかはわかりません。

そもそも、これだけ数ヶ月の間に価格を変えるくらいですから、グローに計画性なんてものはないんでしょう。

せっかくいいデバイスなのに、価格によって何もかもが”ぶち壊し”です。

あとがき

今回の記事は、読む人によっては気分を害される可能性もあると思いますので、その点についてはここでお詫び申し上げます。

遡ること2016年12月から仙台で発売され、あの手この手で手に入れたグロー、仕事中にPCに張り付いてようやく手に入れたプレミアム・コレクションなど、グローというデバイス自体は完成度の高いものだと思っていますので、今回のニュースは非常に残念です。

ギブアップ早すぎだろ!というのが本音ですが、グローストアで働いている方や、カスタマーセンターの方が悪いワケではないんですよね。

戦略を組み立てているチームがあると思いますので、ユーザーや現場の人が悲しい想いをしないで済むように、しっかりと販売計画を立てて頂きたいものです。

PICKUP POST