こんばんは、やっぱり限定に目がないげんちゃんです。

今日はこれから飲み会が控えているので、急いで書き始めました。

あと1時間しかないんだよなー、ちょっと子供とゲームで遊びすぎてしまった(汗)

今回ご紹介するのは、今話題のグローセンス限定モデルについてです。

私みたいな「限定」フレーズに弱い方は閲覧注意ですよ!

OR+バナー
vaponaire

グローセンス限定モデル

2019年夏にリリースされたばかりのグローセンスですが、まだ3ヶ月くらいしか経ってないのに全国展開もはじまり、既に限定モデルの第一弾も発売済みとハイペースな展開です。

第一弾は、BATF1チームマクラーレンスポンサーに復帰したことを祝ってか「マクラーレン・モデル」が発売されています。

黒ベースにマクラーレン・カラーでもある「パパイヤ・オレンジ」を、F1のスピード感あふれるデザインになっており、なかなか格好良いデバイスでした。

もう以前のような加熱式ブームは去ってしまっており、即完売のような勢いこそありませんが、これまでの乱発コンビニ・カラーに比べればちゃんとした限定モノです。

この第二弾が先日発売になったので、そのご紹介というのが今回のメインテーマです。

スペース

ブランド・コラボ

ブランド・コラボ
皆さんはフューチュラ ラボラトリーズ(FUTURA LABORATORIES)ってご存知ですか?

1998年ニューヨーク・ブルックリン発祥の、フューチュラが手掛けるブランドのことですね。

フューチュラはもともとはストリートで活動をはじめ、ギャラリー、個展へと幅を広げていき、グラフティ界から”SPRAY CAN WIZARD”(スプレー缶の魔術師)と呼ばれたくらいの方なんだとか。

ストリートシーンに与える影響は今でも大きく、NIKEやDESCENTE、TREK、COLNAGO、MEDICOMTOY、CLARKSなど数多くのブランドとコラボレーションしているアーティストさんだそうです。

このフューチュラ ラボラトリーズ」とコラボしたのが、グローセンス第二弾の「glo sens FL MODEL 1なんです。

デザインはまさにスプレーアート

デザインはまさにスプレーアート
第二弾のデザインはまさに・・・という感じのスプレーアートなデザインが特徴的

白をベースに黒い線が幾重にも重なっている様は、なぜかオシャレに見えてしまうから不思議です。

これ、普通の白いグローセンスに同じような感じでスプレーとかしてみたら、どうなるんだろ。

やっぱり格好よくは見えないんだろうなー。

グローの新コンテンツ「Co:Labs」でコラボ

グローの新コンテンツ「Co:Labs」でコラボ
なんでフューチュラ ラボラトリーズなのかな、と思って調べていたら、グローの新コンテンツ「Co:Labs」で既にコラボ済みでした。

9月29日、30日にはを原宿駅前の商業施設「ジング(jing)」でコラボレーション・イベントを開催していました。

そう言えばインスタでよく見かける「Co:Labs」って一体なんなんだろう。

クリエイティブプラットフォームって書かれているけど、そもそもそこから良くわからないんですよね。

限定モデルの購入方法

限定モデルの購入方法
価格:4,980円
期間:未定
場所:gloオンラインストア、glo青山店、仙台店、梅田店、広島店、福岡天神店

ちなみに、先日ご紹介した“お得セット販売”では買えません

限定モデルなのに価格が据え置きってのは嬉しいですよね、好きなデザインなので、ついポチッとしちゃいましたよ。

期間は特に記載されていませんでしたが、まだ第一弾のマクラーレン・モデルも販売されているくらいなので、焦らなくても大丈夫だと思います。

届いたらレビューしますので、それを見てからでも検討してみてください。

あとがき

そろそろ家を出る時間なのでこの辺で失礼しようと思います。

この飲み会は前回飲みすぎちゃったんですよね・・・帰ってきてから続きできるかな(汗)

酒は飲んでも呑まれるな、これを忘れずに行ってきます!

それでは。