こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。

ジムに通い初めて2日目なんですが、何故か足の指が攣りそうという不思議な現象に見舞われております。

おそらく踏ん張るときに指に力が入っているからなんだと思いますが、マシンを使った箇所よりも指が攣りそうってどゆこと?って感じです。

ですが、ドMな性格もあって身体の至るところがギシギシしているのが心地よい今日このごろ。

高校時代のシュッとした身体・・・とまでは言いませんが、せめて大学生の頃くらいには戻りたいんですよねー。

どこまでやれるかわかりませんが、さりげなく応援頂けると幸いです。

さて、本題ですが、今日はグローハイパーオンライン限定フレーバーネオ・タバコ・オーク・スティック」のレビューです

はじめに・・・御礼申し上げます。

前回の同製品についての記事でも書きましたが、オンライン限定で、しかもカートンでしか買えない「ネオ・タバコ・オーク・スティック」ですが、正直カートンか・・・と思ってたんですよ。

だいぶ渋っていたら、心優しい読者様(ゆい様)より数箱譲って頂けまして、今回のレビューをすることが出来ました。

この場を借りてゆい様には御礼申し上げます。

また、記事を読んで見かねた数名の読者様からも同じような温かいご提案を頂き、ブロガー冥利に尽きるというか、本当に感謝しかありません。

最近は悪いニュースばかりが目についてしまうんで、私としては凄く嬉しい出来事でした。

そんな読者様の優しさを裏切らないためにも、マジメに?書いていきますので、今後とも宜しくお願いいたします。

本題:ネオ・タバコ・オーク・スティック

ネオ・オーク・スティック
価格:500円(10月1日からも据え置き)
チャネル:オンラインストア限定
ロット:カートンのみ
その他:最大4カートンまで

深いウッディの香りと濃厚で香ばしいたばこのブレンドに、岐阜県で加工された国産蜂蜜のほのかな風味が絶妙に調和する。加熱するために作られ、味わうために生み出された。

珍しくレギュラー系の新フレーバーということで非常に興味はあったんですが、なにせ買うのにハードルが高すぎるんですよね。

だって、コンビニでは買えずオンライン限定だし、バラ売りなしのカートンのみ・・・どんだけ味に自信あんのよ!?って感じ。

私たちの判断材料は説明文として書かれた一行しかなく、ウッディとか蜂蜜とかだけじゃ、カートン買いに踏み切る決断って出来なくないですか?

冒頭書いた通り、幸い読者様に助けて頂いたので甘えてしまいましたが、お話をいただく前まではぶっちゃけ相当悩みました。

オンライン限定なのは仕方ないですが、せめてカートン縛りだけでも辞めてもらえれば試す人も増えると思うんですけど、グローさん検討してもらえませんかね。

ですが、今回のレビューは買おうかどうか迷っている方にとっては非常に重要だと思いますので、可能な限り文字で表現しますので参考になれば幸いです。

ネオ・タバコ・オーク・スティックのレビュー

パッケージ
ウッディというだけあって、木目っぽいデザインのパッケージ。

フィルムには「日本産原材料を使用」という文字が赤丸で囲ってありますが、背景と近い色なのであんまり目立たない・・・。

裏面には「国産蜂蜜」を使用している旨がサラリと書かれています。
スペース
開封
開封すると中に一枚の紙が入ってまして、説明文に書かれている「岐阜県で加工された国産蜂蜜」を使ってるよ!っていうのをアピール。

フルーツ系のメンソールなんかだと、パッケージを開封したときに香りが漂ってくるものが多いですが、オーク・スティックについては漂うほど香りは強くないです。
スペース
スティック本体
スティックがまた凝ってまして、neoのロゴが印字されている面には「designed for glo」と書かれており、その裏面には「origins」の文字が。

この「origins」ですが、パッケージや開封したときの紙にも書かれており、国産原材料を使用したシリーズのことだそうです。

ちなみに、同梱されていた紙の裏面にQRコードを読み込むと「ページが見つかりません」と表示されます、早急に対処したほうが良いですよ、グローさん。

ネオ・タバコ・オーク・スティックの感想

ネオ・タバコ・オーク・スティック吸ってみた
余談ですが、このネオ・タバコ・オーク・スティックは、公式サイトでは香り★7、たばこ感★9、吸いごたえ★8となってます。

そして、既存レギュラーのテラコッタは香り★5、たばこ感★8、吸いごたえ★9なので、味の違いはともかく、香りの強いレギュラーってことになります。

では早速吸ってみます・・・。

げんちゃん
本音で書きますが、美味いか不味いかで言ったらフツー、吸えなくないけど常用するかと言われたらノーですね(汗)
何ていうか、ガツンっとしたタバコ感はあるんですが、イメージはキツくて臭いタバコって感じの印象でした。
※8本吸ってみての感想です。

ちょっと補足ですが、たしかにウッディというか木を焦がしたような味わいと、ほんのりと上品な甘さが広がるので、2、3吸いなら美味しく吸えました。

ただ、結構キツイのでずっと吸ってると重たいんです・・・。

しかも香りがかなりキツくて、これはタバコ嫌いな人だったら一発でアウトな気がする。

そういう意味では“紙巻たばこっぽい”とも言えますが、紙巻たばこを卒業して2年が経った私にはちとキツかったです。

ネオ・タバコ・オーク・スティックまとめ

いやー、正直開封して臭いを嗅いだ時には、まさかこれほどキツイとは思いもしませんでした。

味もですが、この木を焦がしたような臭いもタバコっぽいし、なんか昔吸ったことがあるような気もするんですよね。

10月に控えている値上げって紙巻たばこのほうが全体的に高い印象なので、もしかすると紙巻タバコ・ユーザーをターゲットにしているのかな?

最近のフレーバーって、フルーツ系なんかが豊富でニューウェーブなものばかりでしたから、こういう「THE TOBACCO」な感じは新鮮でしたよ。

ただまあ、ホントゆい様には感謝です・・・頂いておいてなんですが、これワンカートンだったらキツかったっす。

あとがき

だいぶ涼しくなってきて過ごしやすくなりましたよねー。

これからあっという間に冬が来て、気付いたら1年が終わってしまうんだろうな・・・と。

今本業が大変なことになってまして、年末をどんなカタチで迎えられるかもわかりませんが、やれることをやるしかないんですもんね。

どうなってもいいように準備だけは進めてますが、あと数ヶ月笑って過ごせることを祈るばかりです。

冬はコロナに加えてインフルエンザも怖い季節ですので、皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

それでは今日はこの辺で、最後までお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m

×